Die(DIR EN GREY)と樫山 圭(MOON CHILD)によるユニット

DECAYS『Baby who wanders』インタビュー

DECAYS『Baby who wanders』インタビュー

2016/12/31

 

──続いて本作についてお聞きしますが、コンセプトはどのように? 

樫山:基本、二人が持っているメロディのイメージが “耳触りの良いもの” だったので。Dieくんが書いているDIR EN GREYの曲も基本はヘヴィなイメージですけど、サビになったら耳触り良いじゃないですか。だから、そういったキャッチーな部分は残そうという話をしましたね。

──二人がDECAYSをやる前から抱いていたものですね。

Die:そう。“暗黒世界には入らない” と。

樫山:そこにまず「 “オシャレなディスコ” を入れてみたいな」と案を出して。いわゆる “クラブ” ではなく、 “オシャレなディスコ” を。

──90年代が感じられるもの、ということですか?

Die:そうそう、踊れる感じですね。

樫山:「手を上げて自由に楽しめ! イェーイ!」みたいな。頭使わんでええよと。

Die:ホンマに悪い意味じゃなく、それぐらいの軽さで良いなと思って。その上で何か感じられるものがあれば。自分がDIR EN GREYでやってきたこととは違うもので出していきたい、という思いがありました。

──個人的に、キャッチーで口ずさみたくなるメロディが特徴の楽曲で構成されている印象を受けました。

樫山:そこはだいぶ意識しました。特にサビにはメッチャこだわっていて、試行錯誤しながら何パターンも考えました。

Die:あと、言葉もね。

樫山:世の中に伝えたいメッセージは特にないんですけど(笑)。とにかく言葉遊びが出来て楽しければ良いかな。

──言葉遊びというお話が出ましたが、タイトルの『Baby who wanders』は直訳すると “さまよう赤ん坊” ですね。

樫山:“さまよう~” がええなと考えていたら、Dieくんが「生まれている感じなんで『Baby who wanders』が良いんじゃないですか?」って。

Die:自分達を “Baby” に例えたんです。 “Baby” って言うたら、誰でも知っている言葉だし。

──これは二人で決められたのですか?

樫山:はい、基本的にタイトルや曲順などは二人で決めました。

──曲順はどのように?

Die:本当ギリギリで。俺が切った紙に曲名を書いて並べて、樫山さんと「いや、これは違うな。これとこれを並べ替えて」みたいにしながら決めました。

樫山:スタジオでメッチャアナログなことやってたな(笑)。

──その時点ではこの13曲で決まっていたのですか?

樫山:楽曲は早い段階からこの13曲にしようと。

Die:そうですね、曲があまり多すぎてもな、という考えがあったので。

──曲順を決める上で一番悩んだ部分は?

Die:1~3曲目はサラッと決まったんですけど、中盤あたりとキャッチーで抜けている11曲目の「Rana」あたりは悩みました。あと13曲目の「綺麗な指」をどこに置くのかも結構考えました。

樫山:あと、中がメインで歌う楽曲が続かないようにもしました。どうしても重くなってしまうというか、このアルバムが急に暗くなっていしまう印象を受けたので。

Die:ホンマに曲順って大事やなと思いました。中の歌って魂があってパンチ力があるから、2曲続くと中村 中のアルバムじゃないか、と錯覚する恐れがあって。それは俺らの表現したいイメージではなかったので、そこをいかにバランス良くするかを心掛けました。それと、音域の持っていき方を最終的な仕上がりを下にせず、上のキラキラした感じを出すことを重視しました。

──音源を聴いて、Dieさんと中さんの声が近いという印象を受けました。

樫山:そうでしょ? ホント近いんですよ。

Die:自分も聴いていて「あれ? どっちやろ?」って(笑)。

樫山:小林君の時もそうで。Dieくんは横にいる人にスッと寄せていける才能があるんです。他のシンガーだったとしても同じことが起きるでしょうね。

──ギタリストとして長年活躍されてきたDieさんの新たな発見でしたね。

Die:僕はボーカルに関する知識がないわけで、逆に考えることがないというか。これはレコーディング最中に気付いたことなんですけど、当然ピッチやリズム、感情を込めて歌うとか歌いまわしとか色々あるんですけど、例えそれをビシッと当てはめたところで、自分自身が鳴っていないと中身が何もない気がして。感情を込めるって言っても、「何の感情なのそれ?」って。なので歌のディレクションは樫山さんやエンジニアに任せっきりで。「二人が良いと思ったものを切り取ってください。」と。何も考えず、意識せず。

樫山:考えすぎると難しなるよな。それに中の場合がすべてを理解した上で歌うタイプやから。だから逆に二人のバランスが上手く取れました。
次のページ »

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

1stアルバム
『Baby who wanders』


 

初回生産限定盤A
【CD+DVD】

¥4,000(税込)
MUCD-8082/3


 

初回生産限定盤B
【CD+Blu-ray】

三方背ケース入り/ 64P フォトブックレット付き
¥6,000(税込)
MUCD-8084/5


 

通常盤
【CD】

¥3,000(税込)
MUCD-1369

[CD]
01.Aesthetics of the transgression
02.Zero Paradise
03.愛と哀を遺さず...
<Baby who wanders Ver.>
04.Drifting litter
05.Where are you going?
06.Vagabond
07.Imprisonment Leaving
08.シークレットモード
09.HELLO!NEW I
10.Eve
11.Rana
12.D/D
13.綺麗な指

[DVD、Blu-ray]
01.愛と哀を遺さず...
<Baby who wanders Ver.> Music Video
02. making of 愛と哀を遺さず...
<Baby who wanders Ver.>

LIVE情報

DECAYS LIVE TOUR 2016-2017
Baby who wanders

2017年1月4日(水)東京・赤坂BLITZ
Open17:00 / Start18:00
チケット料金:¥5,400(tax in)+別途 1drink必要

【メンバー編成】
Vocal & Guitar Die
Drums 樫山 圭
Vocal & Guitar 中村 中
Violin Ayasa
Bass 寺沢 リョータ
☆ チドニー
Vocal & Guitar 小林 祐介(※赤坂BLITZ公演のみ)

DECAYS(ディケイズ)

DIR EN GREYのDie(Guitar)と音楽プロデューサーでありMOON CHILDのメンバーでもある樫山 圭(Drums)を中心としたユニット。(2015年7月に始動)
現在、中村 中(Vocal & Guitar)、Ayasa(Violin)、寺沢 リョータ(Bass)、チドニー(☆)を加えた6人編成。
各メンバーがそれぞれのフィールドで活躍しており、DECAYSに集合する事により化学反応を起こし新たなサウンドが誕生する。
デジタルロックなサウンドと90'sを思わせるキャッチーなメロディーを、Dieと中村 中のツインヴォーカルが妖艶な楽曲に変化させていく。

 

関連する記事

PAGE TOP