探している1本が見つかるグラフ付き

【宅録用のおすすめマイク徹底レビュー】
有名楽器店で、今、売れてるマイク19本!

【宅録用のおすすめマイク徹底レビュー】有名楽器店で、今、売れてるマイク19本!

2017/04/14


アストン・マイクロフォン
Aston Origin
オープンプライス(¥33,000前後)

問:ローランド㈱お客様相談センター
TEL:050-3101-2555 http://roland.cm/astonmics

アストン・マイクロフォン Aston Origin
【製品概要】「Aston Origin」はレスポンスを良くするためのトランスレス構造を採用している単一指向性のコンデンサーマイクだ。トランスレスで懸念されるノイズについても、設計レベルで対策済みのため心配はなく、ナチュラルで芯のある音質が特徴となっている。今回はアコギで試したが、エレキのアンプ録音でもぜひ試してみたい1本だ。

 

 

(SPEC)●指向性:単一 ●周波数特性:20Hz〜20kHz(±3dB)●外形寸法:54(直径)×125(長さ)mm ●重量:450g


 

アストン・マイクロフォン
Aston Spirit
オープンプライス(¥50,000前後)

問:ローランド㈱お客様相談センター
TEL:050-3101-2555 http://roland.cm/astonmics

アストン・マイクロフォン Aston Spirit
【製品概要】「Aston Spirit」は、トランス構造を採用しており、指向性も3種類(単一/無指向/双指向)切り替えることができるコンデンサーマイクだ。トランスを採用することで実現した、美しく滑らかな高音が特徴で、ボーカルやアコギはもちろん、ドラムのシンバルやブラス系、ピアノなどの楽器にもオススメだ。繊細な表現力を求めるユーザーにはぜひ試してもらいたいマイクだ。

 

 

(SPEC)●指向性:単一/双/無 ●周波数特性:20Hz~20kHz(±3dB)●外形寸法:54(直径)×175(長さ)mm ●重量:625g

 

パンチのある中域を持つOriginと、上品な高域が魅力的なSpirit

「Aston Origin」と「Aston Spirit」はダイナミックマイクのように扱える構造的な強さと、今までにない美しいデザインを持った新しいマイクです。本機はサスペンションがなくても使用できますが、今回はサスペンションに付けた状態で試奏をしました。

まず両機種に共通する部分から言いますと、音質的には、コンデンサーマイクにしては落ち着いた感じで、高域に特徴がありますが、楽器やボーカルのおいしい帯域がしっかりと出ているので、サウンドメイクはしやすいと思いました。どちらもサウンドへの色付け感が少しある一方で、丸みや暖かみがあるので、オケへの馴染みやすさやヌケ具合はすごくいいですね。

Aston OriginとAston Spiritの2機種を比べた場合、Aston Originは中音域の密度の高さが特徴で、ナチュラルな特性を持っています。一方のAston Spiritはレンジが広く、高音域の暖かみが特徴で、原音に忠実なサウンドメイクが可能です。それはAston Spiritに付けられているトランスによって、高域の耳障りな成分を取り除きながらも、ヌケのいい音を生み出しているからでしょう。

Aston OriginとAston Spiritはいずれも、宅録のようにレコーディング環境に制限がある場合に頼りになる1本です。どちらもルックスといい、サウンドといい、これまでのコンデンサーマイクの常識を破る、意欲的なマイクだと思います。

実は以前にも、小さいドラムセットのレコーディングでAston Originを使う機会があったんですが、キックとかアンビエントを録るのに使ってみたらイメージ通りのサウンドが録れましたし、今回の試奏でのボーカルとアコースティックギターにもバッチリ合いました。エレキギターのアンプ録りにもいけそうですね。ジャンル的には、ロック系やブルース系が特に良さそうですし、渋いジャズピアノを録るのにもいいと思います。
 

★ココに注目!
アストンのマイクには他のマイクにはない
独自の機構が採用されている


アストンのマイクはいずれの製品も、サウンドの良さと扱いやすさを両立させるために、独自の機構とデザインを採用しているのが最大の特徴だと言えます。

まずカプセル部は、30名以上のエンジニアやプロデューサー、ミュージシャンによる監修の下で厳選されたもので、さらにそのカプセルを守るために、波状のメッシュヘッドを採用しています。このヘッド自体が柔軟性を持ち、歪曲することで外部からの衝撃を吸収して、マイクカプセルを守ります。
驚異的な堅牢性を実現した、タンブル加工による胴体にも注目です。その仕上がりは傷に強く、指紋も付きにくいため、安心して使い倒すことができます。

また、コンデンサーマイクと言えば、マイクの前に丸いポップガードを立てて使うのが定番ですが、アストン製品の場合、メッシュを編み込んだポップフィルターが、フカレなどのノイズを軽減してくれます。これは様々な電磁波も防いでくれるため、よりノイズレスな録音環境を実現することができるのです。
 

▲カプセルを守るために開発された独特な形状を持つメッシュヘッド

▲メッシュヘッドは柔軟性があるため、このように歪むことで衝撃を吸収する

▲底面にはマイクスタンドに直付けするためのネジ穴が用意されている

▲マイクスタンドを弾くなどして衝撃を与えても、マイクに振動が伝わらない

この記事の画像一覧

(全77枚) 大きなサイズで見る。

試奏マイク一覧

AKG C314
AKG  P420
オーディオテクニカ AT4040
アストン・マイクロフォン  Aston Origin
アストン・マイクロフォン  Aston Spirit
sEエレクトロニクス sE2200aⅡ
ザイド EC-Me
シュア PGA27
チャンドラー・リミテッド REDD MICROPHONE
ルウィット LCT 640 TS
マイクテック CV3
ペルーソ 22 47SE
sEエレクトロニクス GEMINI Ⅱ
ルウィット MTP840DM
sEエレクトロニクス V7
シュア KSM8
シュア MOTIV MV51
シュア MOTIV MV88
IKマルチメディア iRig Acoustic Stage
編集部イチ押し! iOSマイク & 周辺機器

関連する記事

PAGE TOP