曲作りに役立つ個性的な機能が満載!

主要DAWソフト おすすめガイド

主要DAWソフト おすすめガイド

2019/04/26

Studio One Primeのように、現在はフリーで使えるDAWソフトも非常に優秀です。しかし、各メーカーから発売されている有料の製品には、曲作りに役立つ、個性的かつ便利な昨日が多数搭載されています。ここでは、人気の高い6モデルをピックアップして、それぞれのポイントを紹介します。

文:内藤 朗
※この記事は、サウンド・デザイナー2019年1月号から、内容を一部抜粋したものです


アップル
Logic Pro X

¥23,800

問:Apple Storeコールセンター
TEL:0120-993-993

/

 

豊富な音素材と、充実したオーディオ/MIDI編集機能を搭載

「Logic Pro X」は、現在のDAWソフトで当たり前になっているオーディオ録音や編集機能を早くから統合して、今日の音楽制作スタイルの礎を築いたとも言える、定番的な製品のひとつです。

まずオーディオ編集機能は、オーディオデータのテンポやピッチの調整ができる「Flex Time」や「Flex Pitch」といった機能を搭載しているなど、非常に充実しています。

また、曲作りの際にキモとなるソフト音源は、複数の音源方式を内蔵した「Alchemy」などの高品質なインストゥルメントを多数搭載。エフェクトは、EQの名機をシミュレートしている「Vintage Graphic EQ」など、豊富に用意されています。

さらに、7000種類以上の「Apple Loops」と呼ばれるループ素材も含まれているので、初心者でもバックトラックの作成を効率良く進められます。

アップル社の純正DAWソフトということもあり、Macユーザーにオススメです。macOSとの親和性の高さや、安定性は特筆ものです。

 

/

↑最新バージョンでは、元のテンポが異なるトラック同士を同じBPMに揃えることができる「スマートテンポ機能」が搭載された。自分が録ったギタートラックのテンポを、サンプル素材のドラムトラックなどと簡単に合わせられる

 

【SPEC】●対応OS:macOS X 10.12以降 ●RAM空き容量:4GB ●ストレージ:最小6GB(サウンドライブラリ全体のインストールには最大63GBの空き容量が必要)

主なプロユーザー

UVERworld、大村孝佳、NAOTO(オレンジレンジ)


イメージライン・ソフトウェア
FL STUDIO 20 Signature

¥34,000(ソフトのみ)、¥35,800(FL Studio 20 Signatureの解説本バンドル付き)

問:㈱フックアップ
TEL:03-6240-1213 https://hookup.co.jp/

/

 

直感的にトラックメイクが行なえる、ダンスミュージックに最適なDAW

「FL STUDIO 20」は、楽曲制作に必要なツールがすべて集約された、「パターンシーケンサー型」の製品です。

パターンシーケンサーとは、まず基本となる1小節の演奏パターンを複数作成し、曲の構成に沿ってパターンを配置するための「プレイリスト」と呼ばれるエリアに貼り付けていくことで1曲を仕上げる方式です。

アナログ系やFM音源系のシンセを中心とした内蔵インストゥルメントと、多彩なエフェクトが豊富に用意されていることから、特にEDM系の曲作りに適しています。もちろん他のDAWソフトと同様に、オーディオ/MIDIの編集も行なえるので、ソフト音源で作成したMIDIトラックに、ギターなどのオーディオトラックを重ねることも可能です。

また、一度購入すれば永続的に最新バージョンを入手できる「ライフタイムフリーアップデート」を採用している他、最新のバージョン20では待望のmacOSへの対応も果たしました。


 

/

↑FL STUDIOでは、曲中で3拍子と4拍子を切り替えるといった、「拍子記号」の追加を自由に行なうことができる。拍子記号は無制限に加えられるので、複雑な変拍子を使った曲も簡単に作成できる

 

/

↑最上位版には、80種類以上のソフト音源や、様々な音源方式を備えたシンセ系音源、コンプやEQ、リバーブをはじめとした各種エフェクトプラグインが付属する。本製品だけで、あらゆるスタイルの曲が作れてしまうのだ

 

【SPEC】●対応OS:Microsoft Windows 7、8、10 以降(64ビット版)、macOS 10.11 以降 ●RAM空き容量:4GB以上 ●ストレージ:4GB以上

 

主なプロユーザー

アヴィーチー、AJURIKA、マーティン・ギャリックス、Avec Avec


プリソーナス
Studio One 4 Professional

オープンプライス(¥42,800前後/DL版、¥43,800前後/BOX版)

問:㈱エムアイセブンジャパン
https://www.mi7.co.jp

/

 

曲作りからマスタリングまでを完結できる高い機能性が魅力

Studio One 4(以下S1)は、曲作りで頻繁に使用する音色やループ素材が一覧表示されるライブラリと、ピアノロールなどの編集画面、ミックスを行なうミキサー画面が1つのディスプレイ上にレイアウトされているDAWソフトです。

この洗練された画面構成のおかげで、複数のウィンドウを重ねて開くことなく、目的の作業が効率良く行なえます。加えて、曲作りに必要となるソフト音源やエフェクト、ループ素材などが数多く用意されているのも特徴です。

またS1は、あらゆるエディットが行なえる「Professional」と、標準的な機能が搭載された「Artist」、無料で使用できる「Prime」という3つのグレードが用意されており、ユーザーのスキルやニーズに合わせて選ぶことができます。

最上位版では、曲作りを行なうプロジェクトと、楽曲の最終的な仕上がりを決める「マスタリング」という作業を行なうプロジェクトを同時に扱うことができ、各作業工程に最適化された2つの画面を行き来して作業できます。

 

/

↑MIDIトラックやオーディオトラックを画面上にドラッグ&ドロップするだけで、自動的に音を解析してコードネームを検出してくれる「コードセレクター機能」を搭載している。また、一度検出したコードの名前を別のコードに変更すると、トラックの和音も自動で変えてくれるなど、コード進行のスケッチを考える際にも非常に便利だ

 

/

↑ステップシーケンサー式の打ち込み機能も用意されており、リズムパターンを視覚的に捉えながらフレーズが作成できる。また、各ノートの発音をランダム化させることも可能で、新しいフレーズが飛び出てくる楽しさも味わえる

 

【SPEC】●対応OS:macOS X 10.11以降、Windows 7(SP1 + プラットフォームアップデート)以上 ●RAM空き容量:4GB(8GB以上推奨) ●CPU:インテルCore 2 Duo以上(Mac/Win共通)、WAMD Athlon™ X2以上(Windows) ●ストレージ:40GB

主なプロユーザー

砂原良徳、Chara、ピノキオピー、田辺恵二、林ゆうき


スタインバーグ
CUBASE PRO 10

オープンプライス(¥55,000前後)

問:㈱ヤマハミュージックジャパン スタインバーグ・コンピューターミュージックインフォメーションセンター
TEL:0570-016-808(ナビダイヤル)

/

 

高精度かつ多彩なオーディオ編集機能と作曲支援機能を装備

「ASIO」や「VST」など、今日のオーディオ編集機能の基礎となる規格を開発した、スタインバーグによるDAWソフトが「CUBASE 10」です。

録音したトラックのピッチ修正などを高精度で行なえる「Variaudio 3」をはじめとして、複数のトラックのタイミングを自動で合わせてくれる「オーディオアライメント機能」や、複数テイクのベストな部分を抜き出して素早くまとめられる「テイクコンピング機能」など、編集機能がとにかく充実しています。

また、コードやフレーズをリアルタイムに切り替えて作曲が行なえる「コードパッド機能」や、終止形や共通音など、和音の細かい設定を指定して、シンプルなものからジャジーで複雑なものまで、様々なコード進行を提案してくれる「コードアシスタント機能」を搭載するなど、作曲支援機能を豊富に備えています。

他にも、ネットを介して異なる場所にいるパートナーと制作が行なえる「VST Connect SE4」など、革新的な機能を装備している点も特徴です。

 

/

↑各トラックには、コンプとEQ、サチュレーター、マキシマイザーなどのエフェクトが1つの画面に統合された「チャンネルストリップ」を搭載している。ミックスを行なう際に、1つの画面で効率良く作業を行なうことができる

 

/

↑バージョン10で新たに追加された「オーディオアライメント機能」を使うと、ボーカルやギターリフなどをダブルで録音する際に、2つのトラックのタイミングを的確に合わせることができる

 

【SPEC】●対応OS: Windows 7以降、macOS 10.12以降 ●RAM空き容量:最低4GB以上(8GB以上推奨) ●CPU:インテル/AMDのマルチコアプロセッサー (インテルCore i5以上推奨) ●ストレージ:30GB以上

主なプロユーザー

みきとP、ゆよゆっぺ、神前 暁、中田ヤスタカ


エイブルトン
Live 10 Suite

オープンプライス(¥84,074前後)

問:エイブルトン㈱
https://www.ableton.com/ja/

/

 

即興演奏と楽曲制作がシームレスに行なえる個性派DAWソフト

「Live 10」は、シンプルかつフレキシブルな操作で音楽制作やパフォーマンスを行なうことができるソフトです。パターンシーケンサー機能とオーディオ録音機能に加えて、エフェクトやインストゥルメント、サウンド素材など、音楽制作に必要な機能を網羅しています。

曲作りを行なうための「アレンジメントビュー」と、リアルタイムの即興演奏ができる「セッションビュー」で構成されており、両者の画面を自由に行き来しながら曲作りが進められます。即興的なパフォーマンス性を活かせる面白さと、緻密な編集能力を兼ね備えた曲作りが行なえるのです。

最新バージョンでは、録音ボタンを押していない状態でもソフト音源などの打ち込みデータを自動で記録して、それらを好きな時にプロジェクト上に反映させられる「Capture機能」を搭載。また、主要なiOS用アプリとの同期に対応しているなど、高い拡張性も備えています。

 

/

↑録音ボタンを押していない状態の演奏までを自動で記録してくれる「Capture機能」を使えば、瞬間的に思いついたフレーズや、偶発的に生まれたアイディアを逃すことなく、ソフト上に記録することができる

 

/

↑ギターや歌声など、録音した音声のフレーズを検出して自動でMIDI化してくれる「MIDIコンバート機能」を搭載。解析されたMIDIデータを元にフレーズを再構築できるので、曲作りはもちろん、歌や楽器の練習にも最適だ

 

【SPEC】●対応OS:macOS X 10.11.6以降、Windows 7以上 ●RAM空き容量:4GB(8GB以上推奨)
●CPU:インテルCore 2 Duo以上(Mac/Win共通)、WAMD Athlon™ X2以上(Windows)

主なプロユーザー

[ALEXANDROS]、トム・ヨーク、サカナクション、スクリレックス


インターネット
ABILITY 2.5 Pro

¥54,000

問:㈱インターネット
TEL:06-6309-1002 https://www.ssw.co.jp/

/

 

曲作りを全方位から強力にサポートしてくれる、“純国産”のDAWソフト

純国産DAWソフトである「ABILITY Pro」は、64ビットエンジンによる高品位なオーディオ編集機能に加えて、打ち込んだMIDIデータのクオリティアップに不可欠な、細かい編集を容易に行なえるピアノロールやステップエディタなど、充実した機能を多数備えています。

約70ジャンル、4,100種類のオーディオフレーズデータと、3,400種類ものMIDIフレーズデータを収録。内蔵のループフレーズも豊富で、曲に合わせてテンポを自動で合わせたり、キーを変えたり、指定したコードに合わせて構成音を自動で変更することも可能です。

加えて、fxパンションのドラム音源「BFD Eco」や、UVIのピアノ音源「Grand Piano Model D」といった14種類の高品質なソフト音源を内蔵しています。また、ネイティブ・インストゥルツメンツのアンプシミュレーター「Guitar Rig 5 Player」など、52種類のエフェクトを備えており、曲作りを強力にサポートしてくれます。

また、打ち込んだMIDIフレーズを画面上にドラッグ&ドロップするだけで簡単にループ化できる「フレーズトラック」も便利。一度録音したオーディオトラックを後から別のテンポやキーに合わせられる「テンポストレッチ/キーチェンジ機能」など、録音や打ち込みに不慣れな初心者を援護する機能を多数有した、まさに至れり尽くせりのDAWソフトと言えます。

 

/

↑ピッチやピッチカーブ、発音の長さ、タイミング、ビブラートの揺れ具合など、ボーカルトラックのクオリティをグッと引き上げてくれる「ピッチエディタ」を搭載。マウスのドラッグ&ドロップだけで操作できるという手軽さも魅力だ

 

/

↑音の立ち上がりを検出して、音符やリズムに合わせて自動的に波形をスライスしてくれる「ビートエディタ」も装備している。切り取った波形同士をドラッグ&ドロップで入れ換えるなどして、フレーズの編集を快適に行なえる

 

/

↑視覚的にフレーズを作れるステップシーケンサーも、もちろん搭載している。打ち込んだMIDIデータをピアノロールから読み込むことも可能で、リズムパートやループフレーズを作成する際に便利だ

 

【SPEC】●対応OS: Windows 7以上(すべて日本語版OSのみ対応64ビットネイティブ対応) ●RAM空き容量:4GB以上 ●CPU:インテル/AMDのマルチコアプロセッサー (インテルCore i5以上推奨) ●ストレージ:24GB以上

この記事の画像一覧

(全18枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

DTM機材の紹介

DTM関連の書籍

Studio Oneクイック・マスターガイド

Studio Oneクイック・マスターガイド(PDF版・電子ブック/¥500)
月刊誌サウンド・デザイナーの人気コーナー「DAW Express|Studio One」連載をアーカイブした電子ブック(¥500)。作・編曲家/エンジニアの堀 豊氏が、制作現場で培ったStudio Oneの実践的な活用法を詳しく解説しています。

CUBASE 10 攻略BOOK

CUBASE 10 攻略BOOK(書籍/¥2,916)
音楽制作ソフトCubaseの最新バージョン10に対応した解説書。Cubaseのセミナーで教壇に立つCUTT氏が制作した楽曲データ「Counting Stars(特別バージョン)」も付いており、実際にプロが行なっているバックトラックやミックスの設定を目と耳で確認することができます。

ミックス&マスタリング音圧アップの鍵は「EQとコンプ」

ミックス&マスタリング音圧アップの鍵は「EQとコンプ」(書籍/¥2,052)
理想的なサウンド・バランスと必要十分な音圧を実現させるためのEQとコンプの基礎から応用までを網羅した、全音楽クリエイター必読の決定版! テクニックをすぐに試せるダウンロード音源も付属します。

FL STUDIO 20 攻略BOOK

FL STUDIO 20 攻略BOOK(書籍/¥3,240)
国内外問わず、ダンスミュージック系のクリエイターに絶大な人気を誇る音楽制作ソフト「FL STUDIO」。本書は、その最新バージョンの20にいち早く対応した解説書です。EDM系トラック特有のフレージング/効果をFL STUDIO 20で作り出すテクニックを数多く紹介しています。

関連する記事

PAGE TOP