アルバムの発売を記念し、自身初となるソロツアー(4大都市)も決定

あれくん、メジャーファーストアルバム『呼吸』の制作エピソードを公開!

あれくん、メジャーファーストアルバム『呼吸』の制作エピソードを公開!

2021/09/29

「好きにさせた癖に」の再生回数が1,085万回、「ばーか。」は800万回再生を突破するなど、YouTubeやSNSを中心に注目を集めるシンガーソングライターあれくんが、ついにあれくん名義でメジャーデビューをはたし、ファーストアルバム『呼吸』をリリースすることとなった(あれくんは、夜韻-Yoin-のボーカル&アコースティックギターとしても活躍)。今作には、恋愛する女の子の切ない気持ちを代弁する歌詞と、優しく包み込むような癒しのサウンドで構成された計10曲が収録され、本人いわくアルバムの曲順にも意味を持たせているという。ここでは、そんな各楽曲に込められた思いや制作時のエピソードを聞いてみた。はたして歌詞は実体験が元になっているのだろうか? それとも全部想像で書いているのだろうか?
 

取材:東 徹夜(編集長)

 

ギター歴/制作環境について


──ギターはいつ頃から弾いているのですか?

あれくん:高校一年生から。

──今回のアルバム作りで主に使用したギターのブランド、型番などについて教えてください。また、ご自身の考えるその楽器の音色の特徴などについても教えてください。

あれくん:今回使用したアコースティックギターはコールクラークのFL3EC-BRです。音の輪郭が綺麗で立ち上がりも早く煌びやかな音を出してくれます。

──日頃デモ作りなどは、どのような環境で行なっているのですか?

あれくん:パソコンのメモを使い、携帯の画面録画機能で録音したりするのが多いです。

 

アルバム全体について


──デビューアルバムをリリースするにあたり、どんなことを一番意識しましたか?

あれくん:自分から直感的に出てきた作品をそのまま昇華するようにしています。

──タイトル『呼吸』にはどのような意図、思いが込められているのですか?

あれくん:呼吸というタイトルに対しても、直感的な物と結び付いていて。息を吸い、息を吐くように自然にできたものという意味合いで「呼吸」になりました。

 

1曲目「Light up」に関して


──この楽曲で表現したかったことはどんなことでしょうか?

あれくん:時には逃げることも大切だけど、一つの失敗や、挫折から期待や未来を奪われないように常に前を向いていようよ。誰にでも陽の目を浴びるチャンスがあるんだ。という意味合いを込めた曲になってます。コロナ禍に繋がる部分もあるのかなと今では思います。

──演奏、歌唱、アレンジ、サウンド面など、特にこだわったポイントを教えてください。

あれくん:僕の作る曲の中では比較的明るい曲なのかなと思っていて、そういった面で歌のノリ感や歌詞を重視して、ネガティブな部分を極力取り除くようなサウンドの作り方を心がけました。

 

2曲目「ホワイトノイズ」(Solo version)に関して


──この楽曲で表現したかったことはどんなことでしょうか?

あれくん:恋愛に限らずだと思うんですが、今の世の中会いたくても会えない方が多くいらっしゃる中で、そういった中々外に吐き出せない思いや寄り添えるような楽曲を何か作れないかな?と考えた時にできたのがこの曲です。

──この楽曲の「ホワイトノイズ」というワードはいつ頃思いついたのですか?(歌詞を書いている最中ですか? それともホワイトノイズというタイトルありきで作詞を開始されたのでしょうか?)

あれくん:ホワイトノイズというタイトルありきで作曲しました。これは遠距離恋愛の曲なのですが、通話中、お互いに何も喋らないとサーッという音が鳴っていると思うのですが、その音が鳴っている時は『決して目の前にいなくても、温もりを感じることができるし繋がっていられる』という意味合いでこのタイトルをつけさせて頂きました。

──歌詞の中で特に気に入っているところはどこですか?

あれくん:「愛を救う暇なんてないよ 描いた夢に隙もないよ 今はただ遠く夜を超えよう」の部分で、他の子に恋愛相談されたって今は恋愛も進路も自分のことで精一杯だし、同じ境遇に立っていると思うから、今はただ長い夜が明けるのを待っていようよ。という意味合いが込められていて自分の中でエモいなって思ってます。

──演奏、歌唱、アレンジ、サウンド面など、特にこだわったポイントを教えてください。

あれくん:やっぱり、ノイズが音源の中で継ぎ接ぎされていてそこで曲全体のイメージを構築しているところですかね。

 

3曲目「ばーか。」(Album version)に関して


──歌詞の中で特に気に入っているところはどこですか?

あれくん:「ありのままのあなたでいてよね ありのままの私でいる」いつまでも飾らない二人でいようよ。というこの部分が自分的に気に入ってます。

──アルバムバージョンということですが、どのような世界観にしようと思って制作されたのですか?

あれくん:色々なアレンジでの展開がもう既にでていたので、新しいことのチャレンジという意味でお洒落な雰囲気に仕上げました。

──演奏、歌唱、アレンジ、サウンド面など、特にこだわったポイントを教えてください。

あれくん:歌のニュアンス付だったり、コーラス部分ですかね。

 

5曲目「好きにさせた癖に」(Album version)に関して



──この楽曲を作る際に、歌詞で最初に思いついたワードは何だったのでしょうか?

あれくん:「好きになってしまったんだよ、あなたを 好きにさせてしまったんだよ、あたしを」が歌詞とメロディー同時に降りてきました。これはきた。と思いましたね。

──この楽曲で表現したかったことはどんなことでしょうか?

あれくん:思わせぶりな態度をさせられた女の子って、だいたい報われないと思うんですね。それをリアルに描きたかったんです。

──アルバムバージョンということですが、演奏、歌唱、アレンジ、サウンド面など、特にこだわったポイントを教えてください。

あれくん:何もかも余すことなく力を入れました。弾き語りでバズったのもあって、in chorusはそれを崩さないように、そしてそこから徐々に壮大になっていく。決して、歌詞は埋もれさせないように寄り添うサウンドに仕上げました。

 

6曲目「ずるいよ、、、」に関して



──この楽曲で表現したかったことはどんなことでしょうか?

あれくん:実は、「好きにさせた癖に」と紐付けをしていて。この二曲、面白いのがどちらから聞いても繋がるんですよね。どちらも思わせぶりな態度をさせられて。「好きにさせた癖に」が世の中的に評価されたのもあって、無意識的に同じテイストの楽曲が生まれたのかなと思います。

──歌詞は実体験が元になっているのですか? それとも全部想像で書いているのですか? 女性目線の心情を扱う上で、日頃から作詞の際に心がけていることなどがあれば教えてください。

あれくん:音楽って、楽曲そのもの自体に命があると思っていて。僕の場合、実体験や創造物どちらでもないです。

──演奏、歌唱、アレンジ、サウンド面など、特にこだわったポイントを教えてください。

あれくん:雰囲気感や、声の震え。やっぱり全体的に気が付いたら自分の経験と紐付けて泣いてしまうようなそんなイメージを持って楽曲に命を吹き込んでいます。

 

その他の楽曲に関して


──その他の収録曲で、作詞、作曲、レコーディングなど、特に制作面で苦労した楽曲があれば、エピソードと共に教えてください。

あれくん:今回、弾き語りからのアルバムが初めてだったこともあって、どうやったら自分の色が綺麗に素直に表現できるかというところが少し悩んだところですかね。今では繰り返し何回聴いても飽きないようなアルバムになってると自負しています。

 

初回限定のStudio Liveバージョンに関して



 


──初回限定のStudio Liveバージョンは、どこのスタジオで、どのようにレコーディングを進められたのですか?(1日で5曲をすべて録られたのですか? 使用したギターや機材なども教えてください。)

あれくん:レコーディングスタジオは都内3箇所のスタジオを使用し、喉のことも考えて1日一曲ずつ録らせてもらいました。アコギに関しては、全てコールクラークです。

──スタジオの録音で特に印象に残っているエピソードなどあれば教えてください。

あれくん:スタジオが広く歌う環境が大きくなっていくにつれて歌声に比例しやすいなって思いました。より、余裕を持って歌えるなと感じました。雰囲気って大切ですね。

──3曲目「カヲリfeat.夜韻-Yoin-」のレコーディングで印象に残っていることは?

あれくん:今では僕があっての夜韻であり、夜韻があっての僕があると思っています。そういった意味で、この曲を僕の初回限定のアルバムに入れられることの意味は大きいです。

 

ファンの方へのメッセージ


──最後にあらためて今回のアルバムの聴きどころ(ファンに方に聴いてもらいたい部分や伝えたいこと)をお願いします。

あれくん:アルバム収録曲全てに繋がりを持った意味があるので、絶対に1から通して聴いてもらいたいです。曲順も悩みに悩んで決めているので。

──今後のライブに向けての意気込みとファンの方へのメッセージをお願いします。

あれくん:このご時世で中々閉鎖的になりやすかったり溜め込むことしかできないと思いますが、そんなことも溢れかえる自分が寄り添える音楽を見つけ、心の拠り所を見つけて欲しいです。一刻も早くお互いに何も考えず、音楽に集中できるような世の中になってほしいと心から願っています。

 

インフォメーション


夜韻-Yoin- 1st YOUR 2021 「一夜一会」
2021/10/3(日)16:30〜
下北沢シャングリラ
 
夜韻-Yoin- FM802 MINAMI WHEEL 2021

2021/10/8(金)18:00〜
大阪・ミナミエリア ライブハウス20ヶ所以上
(19:30〜 soma)
 
https://www.universal-music.co.jp/yoin/


 



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

抽選で3名様にあれくんのサイン入りポスターをプレゼント!

 

TuneGateの公式Twitterアカウント「@tunegate_me」をフォローして、対象のツイートをリツイートすると、抽選で3名様にあれくんのサイン入りポスターをプレゼントします!(当選された方にはTwitterからダイレクト・メッセージでご連絡させて頂きます)



■応募期間
2021年9月29日〜2021年10月28日23:59まで

■参加条件および応募について
・プレゼントの応募にはTwitterアカウントが必要
・非公開設定(鍵付き)のTwitterアカウント、引用リツイート(冒頭にRTをつけるツイート)は対象外
・当選の連絡までにフォローを外した場合も対象外となります

■当選の連絡について
・当選された方には、@tunegate_meよりDM(ダイレクトメッセージ)にてご連絡します
・当選可否や抽選の状況についてはご返答できません
・期間内にご返信がない場合は、当選権利を放棄したものと判断させていただきます

※注意事項
・応募はお一人様1回限り
・応募対象者は日本国内にお住まいの方のみ
・第三者に譲渡・売却などをすることはできません
・プレゼント内容は予告なく変更や中止することがあります。あらかじめご了承ください

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

あれくん
メジャー1stアルバム
『呼吸』

2021.9.29 release


あれくん『呼吸』

呼吸【通常盤】
CD
価格:3,300円(税込)

呼吸【初回限定盤】
2CD
価格:4,950円(税込)

<収録内容>
【Disc1】
1.Light up
作詞:作曲:あれくん
2.ホワイトノイズ(Solo version)
作詞:作曲:あれくん
3.ばーか。(Album version)
作詞:作曲:あれくん
4.君を知って
作詞:作曲:あれくん
5.好きにさせた癖に(Album version)
作詞:作曲:あれくん
☆6.ずるいよ、、、
作詞:作曲:あれくん
7.青(Album version)
作詞:あれくん 作曲:あれくん,京佑
8.七色のクレヨン(Album version)
作詞:作曲:あれくん
9.月燈
作詞:作曲:あれくん
10.Bye by me
作詞:作曲:あれくん
※通常盤のみボーナストラック付


【Disc2】※初回限定盤のみ
1.好きにさせた癖に(Studio Live version)
作詞:作曲:あれくん
2.ずるいよ、、、(Studio Live version)
作詞:作曲:あれくん
3.カヲリfeat.夜韻-Yoin-(Studio Live version)
作詞:あれくん 作曲:あれくん,岩村美咲
4.青(Studio Live version)
作詞:あれくん 作曲:あれくん,京佑
5.Bye by me(Studio Live version)
作詞:作曲:あれくん

 

あれくん Profile
あれくん=プロフィール

夜韻-Yoin-(よみ=よいん)のボーカル&アコースティックギター、作詞:作曲担当。​2020年8月5日にユニバーサルミュージックより「Seafloor」をリリースしメジャーデビュー。​圧倒的な癒し声を武器に、サラリーマンで働きながら楽曲を制作してSNSに楽曲を投稿していた。​2019年インディーズでTikTok掲載が切っ掛けで「ばーか。」が話題になり、Youtube再生回数1,000万回を超え注目を集めているシンガーソングライター。​2019年年末に今話題のりりあ。の声をネットで聴いて声をかける。その後りりあ。の大ヒットと共に、「ばーか。」ftあれくんでりりあ。が6月にデジタル配信リリースし話題を呼んだ。​2020年ユニバーサルミュージック配信サイトSPINNUPにて9月4日にリリースした「好きにさせた癖に」が大ヒット‼​ 1か月でYouTube再生回数995万再生、Apple Music1,000万再生、LINEMUSICでは2,500万再生、Spotifyでも600万再生、急上昇RankingTOP50にランクインするなど総再生数5,000万に届く、勢いは止まらない。​


■2021年直近のあれくん稼働

〇夜韻-Yoin-ツアーファイナル
10月3日(日)夜韻‐Yoin‐ 下北沢Shangri-la ツアーファイナル(延期公演)

〇11月~ あれくん率いるバンド「夜韻‐Yoin-」メジャー3rdアルバムリリース予定

 

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP