ボーカリストを目指す人必見!

May J.「May J. sings Disney」インタビュー

May J.「May J. sings Disney」インタビュー

2015/10/13


映画「アナと雪の女王」の日本版主題歌「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」を担当し、紅白歌合戦にも出場したMay J.。そんな彼女が名曲を選曲し歌ったディズニー・オフィシャル・アルバムを11月4日にリリースする。アルバムには「美女と野獣」や「星に願いを」といった誰もが知る名曲に加え、ニンテンドー3DSソフト『ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ2』のテーマソング「Sparkle - 輝きを信じて -」も収録。また、2枚組CDには英語歌唱バージョンも収録されている。

TuneGateでは、リリース前のMay J.さん本人にインタビューを実施。最新アルバムの聴き所はもちろん、ボイストレーニングやライブ前に緊張しない秘訣などについても聞いてみた。ボーカリストを目指している人必見だ!
 
取材:東 徹夜 撮影:小貝和夫

ディズニーとの関わりについて


 

──今回のアルバムはディズニーとのオフィシャルプロジェクトのことですが、その経緯について教えてください。

May J.:もともと私はディズニー映画が大好きで、小さな頃からディズニー映画に流れてくる曲に合わせて歌ったりしてたんですね。3歳の頃から歌手になりたいと思ったきっかけも実はディズニーの音楽だったんです。なので、デビューした後もひとつの夢としてディズニーのアルバムを作りたいとずっと思い続けていました。

──それは大きな夢ですね。

May J.:はい。でも実際はなかなかそれを叶えることは難しいですし、コンピレーションアルバムはあっても、ひとりのアーティストが全曲ディズニーの曲を歌うというのはあまりないことなので、夢を叶えることはできないのかなと思っていたんです。そんななか、「アナ雪」のお話を頂いたり、ゲームの「ディズニーマジックキャッスル2」のテーマソング「Sparkle」を歌わせて頂いて、ディズニーさんに「実は私はこういうアルバムを作りたいんです!」という話をさせてもらう機会ができて、それではオフィシャルで作りましょうということになったんです。

──レコーディングはどのように進められたのですか?

May J.:すごく自然に歌えてレコーディングも早かったですね。どの曲も小さい頃から聴いていて、何度も歌っていた曲がほとんどなので、一日に多くて3〜4曲録ったこともありました。日本語と英語は同日に録るんですけど、気分でどっちから先に歌おうかなという感じで決めていました。

──同じ曲なのに、言語が違うと混乱しませんか?

May J.:いや、全然混乱しないですよ。頭のスイッチが切り替わるというか、日本語で歌うときは日本人の心になるし、英語で歌うときは英語っぽさが出るように自然に切り替わりますね。

──いつもは、レコーディングの前にどのくらい歌い込むのですか?

May J.:それは難しい質問ですね。ただ言えることは、レコーディング自体は1発で録ることが多くて、具体的には3回歌って終わりってことが多いんです。歌うことが決まってから1週間とか、場合によっては1ヶ月前から準備することもあるので、もう時間はバラバラですね。そのレコーディングで最高になるように気持ちを作っていくので、当日や前日の夜からずっと曲を聴いたりとかもします。
 

 

──日頃からノドなどは相当ケアされているのですよね? 加湿器を何台も使うと聞いたことがあるのですが。

May J.:できるだけ、当たり前のことを続けるようにしています。何か特別なことはしていなくて、加湿器もそんな何台もは置いてないです(笑)。うがいだったり、手洗いだったり、なるべく外に出ないとか。

──歌詞が日本語と英語では、歌うときの感情の込め方などは変わってくるのでしょうか?

May J.:先ほども言ったように、日本語で歌うときは日本人の心になるんです。英語のときは英語の気持ちというか。特に原曲英語のものを日本語にした歌詞は、実際は歌詞を直訳したものではなくて、日本人の生活だったり感情に合わせて訳されているんですね。なので、どうしてもオリジナルとは変わるんですよ。歌い方もその歌詞に合わせたものになります。例えば、より優しく表現したり、よりハッキリ聞こえるように歌ったりとか。

──レコーディングとライブでは、発声方法や表現方法などは意識して変えていますか?

May J.:レコーディングのときは、すべてを完璧に歌えるように考えます。ずっと残っていく作品として、皆さんに安心して聴いてもらえるクオリティを目指すんですけど、ライブのときはあえてそれを崩すんです。キレイに歌ってCDと同じだと面白くないと思うし、ちょっとメロディを変えて歌ったり、間を作ったりとか。そのライブのときにしか生まれない曲が出てきますよね。ライブによって様々なんですけど、例えば、この曲はお母さん達に向けて歌いたいと思った日があったら、会場の中にお母さんらしき人を見つけます。人物像がある方が、より感情が生まれてくるというのはありますね。

この記事の画像一覧

(全4枚) 大きなサイズで見る。

※CD2枚組
2015年11月4日発売
3,600円(税別)
RZCD-59976 ~ 7


【CD収録内容 Disc.1 ※日本語歌唱】

1. Sparkle -輝きを信じて-
 ニンテンドー3DS ソフト『ディズニー マジックキャッスルマイ・ハッピー・ライフ2』テーマソング
2. 美女と野獣 with クリス・ハート
 「美女と野獣」より
3. アンダー・ザ・シー
「リトルマーメイド」より
4. 輝く未来 with 三浦大知
「塔の上のラプンツェル」より
5. ディズニープリンセス・メドレー
 with 宮本笑里
 - いつか王子様が
 - いつか夢で
 - パート・オブ・ユア・ワールド
6. 夢はひそかに「シンデレラ」より
7. ホール・ニュー・ワールド
 with クリス・ハート「アラジン」より
8. リフレクション「ムーラン」より
9. レット・イット・ゴー ~ありのままで~
 「アナと雪の女王」より
10. 愛を感じて「ライオンキング」より
11. 星に願いを「ピノキオ」より
12. エレクトリカルパレード

【CD収録内容 Disc.2 ※英語歌唱】

1. Sparkle
2. Beauty And The Beast with Chris Hart
3. Under The Sea
4. I See The Light with Daichi Miura
5. Princess Medley with Emiri Miyamoto
 - Someday My Prince Will Come
 - Once Upon A Dream
 - Part Of Your World
6. A Dream Is A Wish Your Heart Makes
7. A Whole New World with Chris Hart
8. Reflection
9. Let it Go
10. Can you feel the love
11. When you wish upon a star
12. Once Upon A Time

※2CD+DVD
4,600円(税別)
RZCD-59974 ~ 5/B


【CD収録内容 Disc 1,2】

RZCD-59976 ~ 7 と共通

【DVD収録内容】

MUSIC VIDEO
・美女と野獣 with クリス・ハート
・愛を感じて
・Let It Go
・Sparkle ―輝きを信じて―

LIVE CLIP
・レット・イット・ゴー ~ありのままで~
・ホール・ニュー・ワールド
 with クリス・ハート

RECORDING OFFSHOT
・美女と野獣 with クリス・ハート
・輝く未来

※CD Only
RZCD-59978
3,000円(税別)


【CD収録内容】

RZCD-59976 ~ 7 のDisc1 と共通

May J.(メイジェイ)

日本、イラン、トルコ、ロシア、スペイン、イギリスのバックグラウンドを持ち多彩な言語を操るマルチリンガルアーティスト。幼児期よりダンス、ピアノ、オペラを学び、作詞、作曲、ピアノの弾き語りをもこなす。2006年7月12日ミニアルバム「ALL MY GIRLS」でメジャーデビュー。2013年6月にはカヴァーアルバム「Summer Ballad Covers」を発売し、オリコン5週連続TOP10入り、累計30万枚突破の大ヒット。2ndカヴァーアルバム「Heartful Song Covers」はオリコン8週連続TOP10入りを果たす。2014年公開のディズニー映画「アナと雪の女王」の日本版主題歌を担当し、その歌声でお茶の間人気を不動のものにしている。2014年の第65回紅白歌合戦に初出場。2015年1月には自身初となる、日本武道館の単独公演を開催し、即日完売。同年4月から過去最大規模の27都市28公演の全国ツアーも決定。
 

関連する記事

PAGE TOP