7/15新宿ReNYで行なわれたツアーファイナルを収録!

INORAN『Live DVD Muddy Apes Japan Tour 2016 “Go Apes Go !!!” at Shinjuku ReNY』インタビュー

INORAN『Live DVD Muddy Apes Japan Tour 2016 “Go Apes Go !!!” at Shinjuku ReNY』インタビュー

2016/11/18


INORAN(LUNA SEA)、TAKA HIROSE(FEEDER)、DEAN TIDEY、MAESON(8otto)からなる日英米混合4人組バンドMuddy Apesが『Muddy Apes Japan Tour 2016 “Go Apes Go !!!” at Shinjuku ReNY』を11月16日にリリースした。今作は3年ぶりに発売されたアルバム『Faraway So Close』を引っ提げて行なわれたツアー「Go Apes Go !!!」のファイナル、新宿ReNY公演の模様を収録したLIVE DVDだ。今回TuneGateでは、LUNA SEAやTourbillonなどでもおなじみのINORANを迎えて、今作の見どころと日頃のライブへの臨み方や気になる使用機材について聞いてみた。また、音楽の話だけでなく、「大好き」だと公言するお酒のことについても言及。ファン必見のインタビューだ。
取材:橋本周大(編集部)

 

INORAN (C)2016 PONY CANYON

──まず、今回の映像作品のことについてお聞きする前に、バンドが3年の充電期間を経た理由というのは?

INORAN:1年に1枚ずつ1、2枚目と結成してから作品をリリースして、ツアーというかライブもやったんです。それに手応えを感じて「もっと次をやりたい」という気持ちがあったのですが、メンバーそれぞれの活動など色々タイミングが合わなくて。でも今回、3年という時間が掛かってしまいましたが、再集結することができました。

──INORANさんご自身もLUNA SEAやTourbillonなど他のバンドでの活動がある中で、「Muddy Apesもやりたい!」という思いがあったと?

INORAN:そうですね。

──再集結を一番最初に呼び掛けたのはどなたでしたか?

INORAN:充電期間中も定期的に連絡を取り合っていたので、誰からということはないです。

──メンバーそれぞれが国内外で活動をしている中で、再始動することに迷いはなかったのでしょうか?

INORAN:そうですね、問題はタイミングだけだったので。

──では今作ですが、Muddy Apesにとって初のライブ映像作品ですよね?

INORAN:過去の作品のリリースツアーでは中継はしてはいたんですが、映像作品としては残っていなくて。なので、いつか映像作品を出したいと思っていたんです。リスナーが「Muddy Apesってどんなバンドなんだろう?」って時に映像だとわかりやすいし。CDは “音の名刺代わり” ですけど、DVDは “ヴィジュアル” の部分でそういった意味を持ち合わせているので。それに、以前よりも多く回れたツアーだったので、その映像を作品として収めたかったし。

──ツアーのお話が出ましたが、今作は最新アルバム『Faraway So Close』のリリースツアーのファイナル公演も収録していますよね。タイトルがアルバムタイトルではなく、「Go Apes Go !!!」にしたのには何か理由が?

INORAN:メンバー同士Skypeでやりとりをしていた中で、「“Go Apes Go !!!” で良いんじゃないの?」という意見が出て。ただの思い付きなんですけど(笑)。

──なるほど。バンド名にもある通り、Ape=猿がキーワードになってくるのですね。

INORAN:TAKAとよく話していたんですが、外国人って日本人以上に猿が好きなんですよ。バンド名の話にもなるんですが、名前に「Monkey」が入っているバンドはたくさんあるので、「Apesで良いんじゃない?」って。

──今作を含めてライブのセットリストはメンバーで話し合って決めているのでしょうか?

INORAN:大体、叩き台をTAKAが作ってきます。彼が一応リーダーなので。

──そうなのですね。年齢的には皆さん近いのですか?

INORAN:いや、全然。僕とギターのDEANがタメで。MAESONが下で、TAKAはちょっと上ですね。

──TAKAさんが作ってきた叩き台をベースにセットリストを考えていく上で、こだわった部分はあるのですか?

INORAN:最初に考えてきたセットリストでリハーサルをやってみて、「繋ぎはこっちの方が良い。」とか「こういうのはどう?」みたいなやりとりをしたり。他にもDEANが「俺はこの曲が好きだから、この曲をやりたい」という意見を採用することもありますね。もちろんTAKAや俺がそういう意見を言うこともあります。あと、基本的にはMuddy Apesは楽曲によって色々なチューニングをするので。

──今作でもINORANさんのギターが入れ替わるシーンが何度かありましたよね。

INORAN:実はチューニングが6種類あるんです。中には1曲専用のチューニングもあったり。だからチューニングごとで楽曲のブロックを作って考えますね。なおかつ、ライブで盛り上がるようなセットリストにしようということを心掛けているかな。

──ブロックごとで決めていくということはすぐに決まったり?

INORAN:えぇ、そういう意味では。

──ファイナル公演でアルバム収録曲をすべてやらなかったのは、あえてなのでしょうか?

INORAN:まぁ連絡を取り合っていたとはいえ3年のブランクがあるし、まずは僕達の代表曲となるものを優先しようと。それにアルバム全曲を1回のライブでやるのは難しいです。ちなみにファイナルで披露していない「My Loose」は、代官山LOOPのライブでプレイしました。

次のページ »

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

LIVE DVD
「Muddy Apes Japan Tour 2016 “Go Apes Go !!!” at Shinjuku ReNY」

¥6,000(+税)
株式会社ポニーキャニオン
PCBP-52451

OP
1 Comfy
2 Get Going
3 New Sunday
4 Candy Luck
5 Motor Ego
6 Can Can
7 How How How
8 Space Monkey

9 IZANAE
10 Tequila No.5
11 Wave
12 Red Moon
13 Peep Show
14 KIZUNA DRIVE
15 Zion、Zion、Desire
16 Rola、Rola
17 Generation 555
Encore Get Going

Muddy Apes(マディ・エイプス)

INORAN(LUNA SEA)×TAKA HIROSE(FEEDER)×DEAN TIDEY×MAESON(8otto)のワールドワイドなメンバー4人からなる日英米混合ビッグプロジェクト。

全英チャートTOP10 入りの常連バンドであり、海外フェスのヘッドライナーをこなし、FUJI ROCK FESTIVAL のメインステージにも出演し、日本でも人気のUK ロックバンドのFEEDER のTAKA HIROSE。アルバム100 万枚以上を売り上げ、オリコンチャートTOP1を何度も獲得し、ライブでは10 万人を集めるなど数多くの伝説を残している日本のビッグ・バンド“LUNA SEA”のINORAN。現在フロリダで活躍しているレフティー・ギタリスト“DEAN TIDEY”。海外ツアーや日本のロック・フェスにも数多く出演し、OASIS の来日公演のオープニングアクトを務めるなどの経験を持つ大阪のロックバンド“8otto”からヴォーカリスト“MAESON”。この4人からなるビッグプロジェクトがMuddy Apes。世界で活躍するメンバーだからこそ邦楽、洋楽に関係なく、メンバー各々本業のバンド、ソロから離れて『好き勝手にロックをやりたい』というコンセプトで始まったプロジェクトバンド。2012 年 に1st Album「Crush It」、2013 年に2nd Album「Fairly Dirt No.5」と2 枚のAlbum をリリースし2013 年にはFUJI ROCK FESTIVAL にも出演!そして2016 年、3年振りとなる3rdAlbum「Faraway So Close」を発表し、初となるJapanTourも開催。多くのファンを熱狂の渦に包んだ。

 

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP