トクマルシューゴ「Canaria」インタビュー(360度のVRアニメーションと共に表現した、まさに世界初の試みとも言える「音&映像」作品)

トクマルシューゴ「Canaria」インタビュー(360度のVRアニメーションと共に表現した、まさに世界初の試みとも言える「音&映像」作品)

記事に戻る

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

トクマルシューゴ
Canaria

2020年6月7日(水)発売
発売/配信元:TONOFON

 


トクマルシューゴ『Canaria』




トクマルシューゴ「Sakiyo No Furiko」

「Sakiyo No Furiko」

2020年5月9日(水)発売
発売/配信元:TONOFON
 
トクマルシューゴ=プロフィール

様々な楽器や非楽器を用いて作曲・演奏・録音をこなす音楽家。2004年NYのインディレーベルより1stアルバムをリリース、各国のメディアで絶賛を浴びる。以降、国内外ツアーやフェス出演、映画・舞台・CM音楽制作など幅広い分野で活動し、近年はNHK Eテレ『ミミクリーズ』の音楽も手がけている。2016年、4年ぶりとなるアルバム『TOSS』をリリース、2017年には吉祥寺・井の頭恩賜公園100周年を記念する映画『PARKS パークス』の音楽監修、最新アルバムの海外リリースや公演などを敢行。2018年、自身初となるオーケストラとの共演コンサートを開催、その模様を収めた映像作品をリリース。2019年12月には予てから交流を重ねてきたケルト音楽を演奏する 3 人組John John Festivalとのコラボレーション・シングル「こえになる」を、4枚のコースター付き8cmCDという仕様でリリース。今年2020にも様々な形態でのライブ演奏や楽曲制作を行う傍ら、いしいしんじ原作、ウォーリー木下演出による音楽劇「プラネタリウムのふたご」の音楽を担当することが決定しているのに加え、6月には3年ぶりとなる自身主催のフェス『TONOFON FESTIVAL』の開催するなど、ますます活動の幅を広げている。
https://www.shugotokumaru.com/

 
PAGE TOP