ビートの仕組みがわかる!

ヒット曲のリズムを打ち込んでみようvol.2(星野 源「化物」編)

ヒット曲のリズムを打ち込んでみようvol.2(星野 源「化物」編)

2016/02/20


最新のJ-POPでは、どんなリズムが使用されているのでしょうか。このコーナーでは、ヒット曲のドラムパターンをわかりやすく表で解説してみました。ロックな8ビートから変則的でトリッキーなリズムパターンまで、色々なリズムを感じてみてください。
文・譜例作成:内藤 朗

アップテンポなポップスに合う、キックのシンコペーションを使うパターン

参考曲のAメロやサビで聴けるこのリズムパターンは、アップテンポのポップスにマッチします。キックのリズムにシンコペーション(食い)を使用することで軽快な感じを出すと同時に、2拍目と4拍目に入るスネアがアクセントとなり、ポップな雰囲気を強調しています。

実際にドラマーがこのリズムパターンを叩く場合、ハイハットをスティックで叩くのではなく、ペダルで刻むことが多いというのもポイントなので、ハイハットは「ペダル」の音色を選ぶと、より生っぽいリアルなリズムになるでしょう。

収録アルバム『Stranger』(ビクター VICL-63996)

リズム表の見方

このコーナーで使っている図は、2小節分のドラムパターンを表にしたものです。1小節を均等に16分割してあり、ドラムの各パーツの音が2小節の中のどのタイミングで鳴らすかがわかるようになっています。

この表を参考にしながら、DAWソフトやスマートフォンの音楽アプリ、ハードのリズムマシンなどにリズムを打ち込んでみてください。たんに曲を聴いているだけではわからなかった“リズムの仕組み”や“グルーヴ”が体感できるはずです。

※カッコ内の数値はDAWソフトのベロシティの設定値の目安です

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP