日本のフュージョン界No.1女性ギタリストと若手ブルースギタリストが融合!

安達久美 with 大久保初夏『Luck of Blue』インタビュー

安達久美 with 大久保初夏『Luck of Blue』インタビュー

2016/12/23


フュージョン界では名実共に国内No.1女性ギタリストである安達久美だが、そのギタースタイルはブルース寄りであり、いつか彼女の本格的なブルースアルバムが聴きたいと思っていた。今回、若手ブルースギタリストとして頭角を表す大久保初夏とのギターデュオが誕生! “安達久美 with 大久保初夏”としてアルバム『Luck of Blue(ラック・オブ・ブルー)』を12月21日にリリースした。本作は、オリジナルの他にジェフ・ベック、クラプトン、サンタナなどのツボを押さえた名曲を彼女達流にカバーしたブルース&ロックアルバムとなっている。ここでは、お互いのギタースタイルやカバー曲のアレンジの方法について聞いてみた。
取材:斎藤一幸(編集部)

 

安達久美

──まず、今回のアルバムを出すことになったきっかけについて教えて下さい。

安達:初夏ちゃんとは6年ほど前、一緒のライブに出たのが最初ですね。

大久保:教則DVDを出されている会社さんのイベントライブだったんですが、それがきっかけで私も出演しました。それが久美ちゃんとの「初めまして」でした。

──お互いギタリストとしてセッションをされたのですか? それともボーカルとギターで?

大久保:その時は妹がボーカルを担当していたので、ギタリストとしてでしたね。本当に出演者がたくさんいるライブで、女の子達が集まっているイベントだったので、久美ちゃんと2人して楽屋で「肩身がせまい」って、ずっと言ってました(笑)。

──安達さんは大久保さんのプレイを初めて見た時の印象はいかがでしたか?「あぁ自分寄りだ」と思われたりしましたか?

安達:それはもちろん感じました。当時、初夏ちゃんは19歳でこの容姿だったんですが、ギターをプレイすると「音太いし、ちゃんとブルースしてるな」とびっくりしました。みんなエフェクターがワーッって並んでるのに、初夏ちゃんの足元見たら何もないし(笑)。

大久保:直アンなんで(笑)。

安達:男らしいというか、「潔いな」と。

──大久保さんは、出会う前に安達さんの音源は聴かれていたのですか?

大久保:正直、何となく知っていた程度だったので、サウンドのことは知らなくて。私が異色なのはもう心得ていたんですけど。でも久美ちゃんも他の人と比べたら音作りから全然違うし、目指している音が違ったので、「もしかしたらこの人とお友達になれるかも?」と(笑)

安達:(笑)

──今作は、オリジナルに加えてカバー曲も収録されていますが、当初からその予定だったのでしょうか?

大久保:そうですね。お話をいただいた時に「お互いオリジナルは2曲ずつで、カバーもやりたいな」といった、ざっくりとした予定はありました。

──カバー曲の内容はいつ決めたのですか?

大久保:ほとんどの曲はキングレコードさんから「こんなのどうでしょうか?」という提案から、お互いに「この曲やりたいね」ってチョイスをして。2曲目の「Roll And Tumble Blues」と7曲目の「People Say」は私チョイスで。

次のページ »

この記事の画像一覧

(全6枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

アルバム
『Luck of Blue(ラック・オブ・ブルー)』

¥3,000(+税)
キングレコード
KICS-3447

1, Girls Gang Blues|ガールズ・ギャング・ブルース*(Kumi Adachi)
2, Roll And Tumble Blues|ロール・アンド・タンブル・ブルーズ [HAMBONE WILLIE NEWBERN]
3, New Ways / Train Train|ニュー・ウェイズ/トレイン・トレイン [JEFF BECK GROUP]
4, Bell Bottom Blues|ベル・ボトム・ブルース [DEREK AND THE DOMINOS]
5, Scuttle Buttin’|スカットル・バッティン TEVIE RAY VAUGHAN] *
6, I wanna take a limo|アイ・ワナ・テイク・ア・リモ(Shoka Okubo)
7, People Say|ピープル・セイ [THE METERS]
8, Hallelujah|ハレルヤ(Shoka Okubo)
9, Soul Sacrifice|ソウル・サクリファイス ANTANA} *
10, afterword|アフターワード *(Kumi Adachi)

*インストゥルメンタル
[ ]内はオリジナル・アーティスト

New Album
“Luck of Blue” 発売記念 Live Tour

2/23(木)京都 Live Spot RAG
2/24(金)神戸 CHICKEN GEORGE
2/25(土)広島 Live Juke
2/26(日)高松 Olive Hall
2/27(月)岡山 Desperado
3/16(木)名古屋 THE BOTTOM LINE
3/17(金)和歌山 OLD TIME
3/18(土)大阪 Mother Popcorn
3/19(日)松阪 M’AXA
3/22(水)仙台 LIVE HOUSE end 2nd
3/23(木)いわき THE QUEEN
3/24(金)目黒 BLUES ALLEY JAPAN
3/25(土)佐野 Dining Bar KEN


詳しくは
こちら

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP