VOX設立60周年記念G-ROKS STUDIO LIVEが開催された

タケカワユキヒデ、浅野孝已、竹越かずゆきの3名が集結し
ビートルズなどのスタンダードナンバーを披露

タケカワユキヒデ、浅野孝已、竹越かずゆきの3名が集結しビートルズなどのスタンダードナンバーを披露

2017/04/13


VOX設立60周年を記念し、3月20日にタケカワユキヒデ、浅野孝已、竹越かずゆきの3名が、東京の「G-ROKS 下高井戸スタジオ」に集結。ビートルズをはじめ、様々なアーティストに支持されてきたVOXの歴史を数々のスタンダードナンバーで振り返る一夜限りのスペシャルライブが開催された。当日は1部と2部のステージでライブが行なわれ、共にG-ROKSが誇るスタジオクオリティのサウンドと、3人のユニークなトークで観客を魅了していた。
 
/
【演奏曲目】
 
Kathmandu
★Our decadeメドレー
(Progress and harmony〜Easy rider〜Shock, shock, shock 5)
・Purple poison
・Wave goodbye

★ビートルズコーナー
Norwegian wood
Please please me
I saw her standing there
Twist and shout

モンキー・マジック
ホーリー&フライト

〜アンコール〜
銀河鉄道999
 

 

/

タケカワユキヒデ

 

/

浅野孝已

竹越かずゆき

/

 

/

左手でコードを弾くだけで、ビートルズサウンドのフィーリングに合った伴奏を自動演奏してくれるというLiverpoolをたけかわゆきひでが披露する貴重なシーンも。

/

レノン・マッカートニーの手掛けた楽曲の演奏データを
100曲収録しているキーボード「Liverpool」


Day TripperからLet it beまで、左手でコードを弾くだけで、原曲のフィーリングに合った伴奏を自動演奏してくれる。自動伴奏を鳴らしながら、頭に浮かんだコードやメロディを加えることによって、オリジナルソングを作成することも可能だ。
http://www.korg.com/jp/products/synthesizers/liverpool/

【SPEC】
●鍵盤:61鍵ナチュラルタッチ・ミニ鍵盤(べロシティ対応)
●最大同時発音数62ボイス( 62オシレーター)
●プリセット:662 + 33ドラムキット ・シーケンサー:16トラック、最大記憶容量56,000ノート
●入出力端子:インプット(ステレオミニ)、アウトプット(標準フォーン/L /MONO、R)、ヘッドホン(ステレオミニ)、ダンパーペダル、アサイナブルペダル/スイッチ
●記憶メディア:SD/SDHCカード、マルチ・メディア・カード(MMC)対応
●外形寸法:873(W)× 277(D)× 91(H)mm
●重量:4. 2 kg

 


この記事の画像一覧

(全8枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP