『ソー・グッド』国内盤のリリースをもって日本での本格デビュー

5/3に本格日本デビューするザラ・ラーソン、プロモーション来日時にH&Mとのコラボ・イベントを開催!

5/3に本格日本デビューするザラ・ラーソン、プロモーション来日時にH&Mとのコラボ・イベントを開催!

2017/04/20


5月3日(水)に『ソー・グッド』国内盤のリリースをもって日本での本格デビューと、これに合わせ、同5月上旬にプロモーション来日も決定しているザラ・ラーソンが、ファッション・ブランド<H&M>とコラボした来日ライヴ・イベント「Zara Larsson>
<H&M>とコラボしたザラ・ラーソンの限定カプセル・コレクション「Zara Larsson >< H&M」が5月12日(金)よりH&M渋谷店とH&M公式オンラインストアにて展開されることを記念して行われる今回の来日ライヴ・イベントでは、世界のローンチに先駆けて「Zara Larsson >< H&M」のプレショッピングも楽しめるほか、日本のファンには初披露となるザラのライヴ・パフォーマンスやQ&Aトーク・ショーなども行われる予定となっており、正に一夜限りのスペシャルなイベントに抽選で合計40組80名が参加できる応募キャンペーンが本日より順次スタートする予定だ。

●応募キャンペーンの詳細は
以下ザラ・ラーソン日本公式HPにて発表予定
http://www.sonymusic.co.jp/artist/ZARA/

再び日本を訪れることになったザラは、「私は日本が本当に大好き。みんなとても良い人たちだし、私がダントツで一番好きな食べ物は日本食なの!日本食は他とは比較にならないほど、とてもおいしいわ!」と話しており、彼女自身も再来日を待ちきれない様子だ。

ミュージック・ビデオ総再生9億回、<MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード>では「最優秀新人賞」に輝き、ビヨンセのロンドン公演でオープニング・アクトを務めるなど、活動開始から僅か数年で世界的ポップ・シンガーへと成長し、弱冠19歳にして早くも“次世代ポップ・クイーン”との呼び声高い2017年注目の女性アーティスト、ザラ・ラーソン。3月17日(金)にリリースしたメジャー移籍第一弾となるデビュー・フルアルバム『ソー・グッド』は、日本含む52カ国のiTunes総合チャートでTOP5入りを果たすだけでなく、Spotifyから「最も再生された女性アーティストのデビュー・アルバム」に認定され、文字通り”今”世界で最も聴かれているアルバムである。

チャーリー・プースによるプロデュースと彼を含む豪華メンバーがソング・ライティングを手がけた「ソー・グッド feat. タイ・ダラー・サイン」や、エド・シーランがソング・ライティングを手掛け、ギタリスト/バック・コーラスとしても参加している「ドント・レット・ミー・ビー・ユア―ズ」など、豪華アーティストとのコラボ楽曲も多数収録されている話題作の国内盤には、世界各国で1位を獲得したデヴィッド・ゲッタの<EURO2016>公式テーマ・ソング「ディス・ワンズ・フォー・ユー feat. ザラ・ラーソン」を含むボーナス・トラック3曲が追加収録されているだけでなく、日本限定のオリジナル・ジャケット仕様となっている。また、現在iTunesでは国内版配信アルバムの予約が可能だ。
 

●『ソー・グッド』国内盤iTunes予約リンク
https://itunes.apple.com/jp/album/id1226242425?app=itunes&ls=1

映画評論サイト『TC Candler』が毎年発表している<世界で最も美しい顔TOP100>に3年連続でランク・イン(最高5位)し、「Notion」や「NME」といった海外の人気音楽系/ファッション系メディアの表紙を飾るなど、ファッション・アイコンとしても世界中のファンを虜にし続けているザラは、日本の女子ファッションについて「私が考える日本のスタイルは”カワイイ”(笑)。なぜってそれがとても日本らしいスタイルだから。もちろん世界中でかわいいファッションの人はいるけれど、とても日本らしいことだわ。とてもキュートで、他のどこでも見られないものだから私は大好きよ。本当にカルチャーなんだと思うわ。ライフスタイルのようなもので、みんなとことんやるし、自分が目指していることをしっかりわかっているからとても興味深いわ。みんなとても素敵で、大好きよ!」と語っており、日本のファッションにも興味津々だ。

5月7日(日)には米カルフォルニアにて開催される<MTVムービー・アワード>でのパフォーマンスも決定しているザラ・ラーソン。8月の<サマーソニック 2017>初参戦に先駆け、ポップ・シンガーとして、そしてファッション・アイコンとしてのザラの魅力を最大限楽しむことが出来る今回のスペシャル・イベントは、日本のファンのみならずポップ・カルチャーを愛する全ての人々を魅了するだろう。

【ザラ・ラーソン: リリース情報】
デビュー・アルバム『ソー・グッド』
<国内盤CD: 全18曲>
2017年5月3日発売
期間限定スペシャルプライス 1,800円+税 / SICP-4987
*国内盤オリジナル・ジャケット
*国内盤限定ボーナス・トラック3曲追加収録
<国内版配信アルバム: 全18曲>
2017年5月3日発売
iTunes予約リンク:
https://itunes.apple.com/jp/album/id1226242425?app=itunes&ls=1

トラック・リスト
01. ホワット・ゼイ・セイ
02. ラッシュ・ライフ
03. アイ・ウッド・ライク
04. ソー・グッド feat. タイ・ダラー・サイン
05. TG4M
06. オンリー・ユー
07. ネヴァー・フォゲット・ユー feat. MNEK
08. サンダウン feat. ウィズキッド
09. ドント・レット・ミー・ビー・ユア―ズ
10. メイク・ザット・マネー・ガール
11. エイント・マイ・フォールト
12. ワン・ミシシッピ
13. フューネラル
14. アイ・キャント・フォール・イン・ラヴ・ウィザウト・ユー
=ボーナス・トラック=
15. シンフォニー(クリーン・バンディット feat. ザラ・ラーソン)
=国内盤ボーナス・トラック=
16. エイント・マイ・フォールト(J・ハス&フレッド・VIP・ミックス)
17. アイ・ウッド・ライク(ゴルゴン・シティ・リミックス)
18. ディス・ワンズ・フォー・ユー – デヴィッド・ゲッタ feat. ザラ・ラーソン)*世界で日本のみ特別収録!

<配信/輸入盤CD: 全15曲>
発売中
iTunes購入リンク:
https://itunes.apple.com/jp/album/id1201058048?app=itunes&ls=1
*iTunes、iTunes Storeは、Apple Inc.の商標です。

【来日情報】
サマーソニック2017
日程: 2016年8月19日(土)・8月20日(日)
会場:
・東京: ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ
・大阪: 舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)
詳細: www.summersonic.com<http://www.summersonic.com/>

【ザラ・ラーソン: バイオグラフィー】
'08年10歳にして地元人気オーディション番組で優勝したことを機にデビューしたスウェーデン生まれの19歳。Epic Records/Sony Musicと契約した後、'15年にリリースした「ラッシュ・ライフ」での世界的大ヒットにより、世界最大の音楽ストリーミング配信サービス<Spotify>から「Spotifyで最も再生されたスウェーデンの女性」、そしてAPPLE MUSIC SWEDENからは「ベスト・アーティスト」及び「ベスト・ソング」の認定を受ける。'16年にはデヴィッド・ゲッタの"UEFA EURO 2016 FRANCE"公式テーマ・ソング「ディス・ワンズ・フォー・ユー」に参加し、フランス/ドイツなど世界5カ国で1位を獲得した同曲を7月に開催された大会セレモニーでデヴィッド・ゲッタと共にパフォーマンスを披露し話題を呼び、同年10月には米タイム誌が発表する"2016年最も影響力のあるティーン30人"に選出、さらに”MTV EMA2016”では見事「最優秀新人賞」含む2冠を獲得。また、ビューティ業界では初となる米ニューヨークの化粧品ブランド"クリニーク"(ELGC株式会社)がリリースしたインタラクティブ・ビデオ「プレイ ウィズ ポップ」でコラボを果たすだけでなく、アメリカの映画サイトTC Candler発表の「世界で最も美しい顔100人」に3年連続で選出。昨年末にリリースしたシングル「アイ・ウッド・ライク」が自身最高位となる英シングル・チャート2位を獲得するなど、シンガーとしての才能と生まれながらの美貌も兼ね備えたザラは早くも"次世代ポップ・クイーン"としての呼び声も高い、今世界で最も"HOT"なポップ・アイコンである。
2017年1月にタイ・ダラー・サインをゲスト・ラッパーに迎えた新曲「ソー・グッド」を発表。3月にメジャー・レーベル移籍第一弾となるデビュー・フルアルバム『ソー・グッド』をリリース。5月には国内盤CDのリリース共に日本デビューとプロモーション来日、さらにH&Mとの限定コレクションが発売となり、8月には<サマーソニック2017>への初出演も決定している。


 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP