シドのベーシスト・明希としても活躍するAKi

AKi、東名阪サーキットツアー「HOOKED ON THE BEAT」ファイナルのライブレポート!

AKi、東名阪サーキットツアー「HOOKED ON THE BEAT」ファイナルのライブレポート!

2017/06/16


 

シドのベーシスト・明希としても活躍するAKiが、東名阪サーキットツアー“HOOKED ON THE BEAT”のファイナルを6月15日に渋谷WWW-Xにて開催。激・艶・幸・熱・楽と自らが持つ多彩な要素を巧みにパッケージして、集まったオーディエンスに熱狂と希望を与えた。
 
急遽発表されたツアーのうえ当日は平日にもかかわらず、フロアは超満員。クラップで待ち構えるファンの前に登場したAKiがメロイックサインを掲げると、サポートのギター隊と共にドラム台に集まって全員で一斉に音を出し、「ミッドナイト/狂騒/DARLING:」でファイナルの幕を開ける。ブルージーでグランジ色の強いナンバーから滑り出したライブは実に自然体かつアグレッシブなもので、「ようこそ渋谷! 今日は最高の夜にしような!」と続けた「Be Free」以降もフロアから振り上がる拳とジャンプはやむことナシ。畳みかける“激”しいアッパーチューンにより、思う存分にパッションを放出しながらも、「Sing it Loud」では光の中にオーディエンスの歌声が響き渡って多幸感が湧き上がる、そんな展開もAKiならではのものだろう。
 
しかし「お前たちと俺たちで、どこまでやり合えるか勝負しようぜ! イケるか!?」と煽ってからは、生々しいロックサウンドにデジタリックな要素が加わって、さらなる彩りが加わることに。未発表曲「pulse」では無条件に身体を揺さぶられる強力なビートに乗せて“有りのまま自分を叫ぶのさ”と叩きつけ、「Missing」では間奏にベースとギターの掛け合いを交えながら“無防備な愛”を歌う。さらに極彩色のライトを浴び、歌声もベースプレイもエロティックにうねる「ジウ」で魅せる妖“艶”な表情とリリックに目と耳は釘付け。かと思いきやドラムからベース、ギターと各パートのソロが炸裂するインストゥルメンタルの「Swag」では端から端まで客席を煽り、フロアに突っ込んでオーディエンスの腕を掴む。同期やシーケンス等、バンド外の音を多彩に活かすことができるのも、骨太な演奏あってこそだ。
 
「ヤバい、メチャクチャ熱い! 東名阪の3本だけだったけど、みんなとの絆がより強まったんじゃないかと思うツアーでした。みんなに届けたい曲たちばっかりで、これからも本気で音楽届けていくんで、これからも応援してくれると嬉しいです。みんな、愛してるよ」
 
そう告げて場内を甘い空気にしたところで、加藤貴之(G)とのアコースティック編成で始まった「pray」以降は歌を聴かせるセクションに。佑聖(G)のクリーン音に透明感があふれる「Wait for You」、
フロアから“LaLaLa”と湧く合唱を腕を広げて全身で受け止め、さらに「歌ってくれ!」と求める「Skyfall」と穏やかなナンバーを続ける。それぞれのパートが生む音をフィーチャーして描き出される繊細な情景に、胸は“幸”せな心地で満たされるが、その最大の原動力になっていたのがAKiのヴォーカル。中でも高音の伸びやかさは確実に昨年のツアー時よりもグレードアップしており、ヴォーカリストとしての成長をしかと証明してくれた。
 
「みんな超いい声だった。こういう一つ一つを忘れないからね。本当に感謝してます。まだまだイケるの? ライブはここから始まるんだよ、思う存分叫んでくれ!」
 
そして「頭トバせ!」と誘った「HEADZ UP」からは拳とジャンプとクラップが吹き荒れる怒涛のクライマックスへ。「libido」で声をあげながら飛び跳ねるフロアは一つの塊となり、いきなりテンポダウンして自らの身体をまさぐる色っぽい仕草に場内は湧き返る。続いて「Brave New World」ではリズミカルに拳を振り上げ、間奏のツインギターから大合唱、そしてクラップへと駆け上がると“オイ!オイ!”の声がフロアから自然発生。「全部出し切れよ! 叫んで拳あげてください!」とラスト曲「STORY」に雪崩れ込めば、その言葉にオーディエンスは全力で応え、AKiもステージ上を激しく移動して佑聖のマイクを奪う場面も。迷いのないパフォーマンスでフロアの温度を急上昇させ、オーディエンス、バンドメンバーと共に創り上げる強力な一体感に高揚感が溢れ出す。その“熱”さは今ツアーで初めてAKiツアーのサポートを務めたKENZO(Ds)に「AKiのツアーヤバいね! 熱すぎてメイク落としちゃったもん。最高!」とアンコールで言わしめたほどだ。
 
そのアンコールでは「ここで僕と同じであろう歳が上めの方々のために、しっとりとした曲を。大事なのは緩急!」と念押しして、まずは佑聖と二人でアコースティックアレンジの「Day 1」を披露。一転「お馴染みの曲を持ってきたんでガンガン跳ねてガンガン遊ぼうぜ!」と放った「FAIRY DUST」も重心低いベースでローを響かせて、そこから満場のクラップで天へと昇る心地よさがたまらない。「お前ら全員かかってこい! お前らのこと愛してるぜ」と最後に贈られたのは、もちろん「The Inside War」。希望と光に満ちたお馴染みのラストソングに一瞬にして拳があがり、疾走感たっぷりに駆け抜けてゆく。そこに生まれた感情を表すなら、“楽”の一文字だろう。
 
終演後にはさらなるアンコールを求める声が鳴りやまず、MCでAKiが語った「みんなとまた近くなれた気がする」という言葉が事実であることを知る。7月26日には昨年全国21箇所で行われた初のワンマンツアー“HEADZ UP & DO IT!”のファイナルとなったZepp DiverCity公演と、初冬に行われたツアー“Doom boombox”のファイナル・新宿BLAZE公演を中心に収めたライブDVD『the MOMENT -HEADZ UP & DO IT! & Doom boombox Tour Live Documentary-』がリリース。前者でのMUCC・ミヤとのパフォーマンスやツアーのバックステージ映像も盛り込まれた本作は、2016年のAKiの活動を追ったロードムービーとなっており、完全受注生産限定盤にはこの日のライブでも披露された新曲「pulse」のCDも付属しているので要チェックだ。ベーシストとしてのみならず、ソロ・アーティストとしても着実な進化を遂げているAKi。次なるアクションを楽しみに待ちたい。
 
 
AKi TOUR 2017
"HOOKED ON THE BEAT"
2017.6.15(thu) 渋谷WWW-X
SET LIST
 
1 ミッドナイト/狂騒/DARLING:
2 Be Free
3 FREAK SHOW
4 Sing it Loud
5 pulse(新曲)
6 Missing
7 ジウ
8 Swag
9 pray
10 Wait for You
11 Skyfall
12 HEADZ UP
13 libido
14 Brave New World
15 STORY
 
En-1 Day 1 (アコースティックver.)
En-2 FAIRY DUST
En-3 The Inside War
 

この記事の画像一覧

(全5枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP