中田ヤスタカが全面的に音楽を担当!

音楽とゲームを融合した新作ゲームアプリ「戦国アクションパズル DJノブナガ」発表!(2017年秋配信予定)

音楽とゲームを融合した新作ゲームアプリ「戦国アクションパズル DJノブナガ」発表!(2017年秋配信予定)

2017/09/13


写真左から柴 貴正(スクウェア・エニックス プロデューサー)、中田ヤスタカ(音楽プロデューサー)、HIKAKIN(Youtuber)、石田礼輔(タイトー ゲームデザイナー)

本日、スマートフォン向けゲームアプリの新作「戦国アクションパズル DJノブナガ」のプレス向け発表会が開催された(2017年秋配信予定・基本プレイ無料 アイテム課金)。「戦国アクションパズル DJノブナガ」は、株式会社スクウェア・エニックス、株式会社ワーナーミュージック・ジャパン、アソビシステム株式会社の3社がタッグを組み開発されたアクションパズルゲームで、ゲーム内の全音楽を中田ヤスタカが担当しているのが特徴だ。

会の冒頭、株式会社スクウェア・エニックスの柴氏から開発の経緯が語られ、数年前にワーナーミュージック・ジャパンの小林代表から音楽とゲームの新しい融合の提案があったエピソードなどが公開された。

また、同じく登壇した中田氏は、楽曲について「今回のゲームはすべて書き下ろしで、バトル中の本編はもちろん、それ以外のマップを表示中の音楽などもすべて作っています。だから、すぐに進まないで、たまにはほったらかして聴いてほしい(笑)。あと、僕は映画音楽も作っていますが、映画の音楽は出てくるタイミングが決まっていて、それに比べるとゲームはシーンに合わせてどんどん音楽が変わる。そんなレスポンスのあるというか、反応のある音楽を作ってみたかったんです」とコメント。

ゲームデザイナーのタイトーの石田氏によると、「今回、流れっぱなしのBGMだとつまらないし、バトル中に流れる音楽がプレイヤーのテンションに合わせて変わるようになっています。その部分も楽しんでほしい」とのことだ。

プレス発表の後半には、Youtuberとして人気のHIKAKIN、水溜りボンド(カンタ・トミー)、Masuoが実際にゲームをプレイし、対戦バトルに負けたトミーが罰ゲームとして激苦健康茶を飲まされて、会場の笑いを誘っていた。

なお、「戦国アクションパズル DJノブナガ」のリリースはこの秋が予定されているが、ゲームの事前登録は本日より開始されている。音楽とゲームの新たな可能性を感じるアプリの登場だ。ぜひともチェックを!



 

この記事の画像一覧

(全5枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP