およそ2年半振り、待望の来日公演決定!

「イル・ディーヴォ ジャパン・ツアー2018」開催!

「イル・ディーヴォ ジャパン・ツアー2018」開催!

2018/04/09


イル・ディーヴォ

世界が恋に落ちた。ロマンス、ドラマ、愛、情熱に満ち溢れた圧倒的なパフォーマンス!世界中の老若男女を夢中にさせ続ける唯一無二のヴォーカル・ユニット、イル・ディーヴォ。およそ2年半振り、待望の来日公演決定した。

【東京】
9/18(火)・19(水)・20(木) 日本武道館
お問い合わせ:ウドー音楽事務所 03-3402-5999 udo.jp

【仙台】
9/23(日・祝) ゼビオアリーナ仙台
お問い合わせ:ウドー音楽事務所 03-3402-5999

【大阪】
9/26(水)・27(木) オリックス劇場
お問い合わせ:大阪ウドー音楽事務所 06-6341-4506 udo.jp/osaka

【福岡】
10/1(月) 福岡サンパレス ホテル&ホール
お問い合わせ:TSUKUSU 092-771-9009

【名古屋】
10/3(水) ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)
お問い合わせ:CBCテレビ事業部 052-241-8118

■チケット:
S:¥15,000 A:¥13,000 B:¥11,000(税込)

詳細はこちらから http://udo.jp/concert/IlDivo


■Biography
グループ名の"IL DIVO(イル・ディーヴォ)"とは、神のようなパフォーマー、もしくは男性版ディーヴァを意味するイタリア語。ウルス・ブーラー(スイス出身)、セバスチャン・イザンバール(フランス出身)、カルロス・マリン(スペイン出身)、デイヴィッド・ミラー(アメリカ出身)の国際色豊かな4人組は、全世界で3000万枚のアルバムを売り上げたほか、ナンバー・ワンを50回獲得し、33ヶ国以上で160のゴールドまたはプラチナ・ディスクを獲得し、4回のワールド・ツアーをソールド・アウトにするという比類なき成功を収めている。イル・ディーヴォは現在までに7枚のオリジナル・アルバムをリリースしている。自らの名を冠しプラチナ・ディスクを獲得したデビュー作(2005年)に続いて発表されたアルバム『アンコール』(2006年)、『オールウェイズーSIEMPREー』(2006年)、『プロミス』(2008年)、『ウィキッド・ゲーム』(2011年)は、名人芸と大衆へのアピールという魅力的なコンビネーションの上に成り立っている。2013年のアルバム『ミュージカル・アフェア』は、ブロードウェイとウェスト・エンドの名曲を讃える作品だった。2014年11月には同年3月にワールド・ツアーの一環で訪れた日本武道館でのライヴを収めた『ライヴ・アット・武道館』も発表、大きな話題となる。2015年にはラテン・ラブソングを集めた情熱的な『アモール&パシオン』を発表。2016年4月には2年振り5度目のジャパン・ツアーを行い、5万人を動員した。その後、2017年6月にカルロス、2018年2月にセバスチャンがソロ来日公演を行なったが、2018年9月に待望のIL DIVO来日公演が決定!ロマンス、ドラマ、愛、情熱に満ち溢れた圧倒的なパフォーマンス。4人のハーモニーが織りなす最高のステージをお見逃しなく!

イル・ディーヴォ ジャパン・ツアー2018
イル・ディーヴォ ジャパン・ツアー2018

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP