11月7日(水)

cali≠gari村井研次郎、インストゥルメンタル・ソロアルバム『UNDERMINED』のリリースが決定

cali≠gari村井研次郎、インストゥルメンタル・ソロアルバム『UNDERMINED』のリリースが決定

2018/08/14


cali≠gariのベーシスト・村井研次郎が、11月7日(水)にインストゥルメンタル・ソロアルバム『UNDERMINED』をリリースすることを発表した。

/

村井研次郎のソロ活動としては、2004年にソロ・プロジェクトMAG-NETでのリリースがあったが、村井研次郎名義でのソロアルバムは今作が初となる。

その記念すべき作品には、cali≠gariの石井秀仁(vo)、桜井青(G)はもちろん、COALTAR OF THE DEEPERSのNARASAKI(G)、Kanno(D)、Koji(G)、AKIRA(G from Plastic Tree)、NoGoDのKyrie(G)、Shinno(G)、K(D)、ELLEGUNSのPanther(G)、JOE(D)など、村井研次郎とゆかりがあるゲストアーティストが顔を揃える。

ハードロック/ヘヴィメタルをルーツにもつ、技巧派ベーシストが放つ今作は、プログレッシブなインストゥルメンタルが中心になっているが、そのサウンドはロック、フュージョン、エレクトロ、さらには壮大なバラードに至るまで、非常に振り幅の広い多彩な内容になるとのこと。

また、cali≠gariの楽曲に大胆なアレンジを施したインストゥルメンタル作品も収録予定。各ゲストアーティストとどんなコラボレーションを見せるのか、その化学反応も楽しみだ。

なお、リリース日の翌日11月8日(木)に東京・渋谷ギルティで「村井研次郎ソロライブ」の開催も決定している。

今年4月から活動休止期間に入っているcali≠gariだが、ヴォーカルの石井秀仁はGOATBEDやXA-VATの活動を、ギターの桜井青は新バンド・へクトウを結成、そして今回の村井研次郎のソロ・アルバムリリースと、活動休止中もcali≠gari界隈は何かと賑やかだ。個々の活動がバンドにどうフィードバックされるのか、期待に胸を膨らませながら、“cali≠gariだけどcali≠gariぢゃあない ベースで科学する村井研次郎のプライベート空間”をたっぷりとご堪能あれ。
 

リリース情報

『UNDERMINED』

発売日:2018年11月7日(水)
定価:¥3,000+税
品番:VPCC-86214
収録曲:全11曲収録予定
形態:CD1枚組
参加ゲスト
COALTAR OF THE DEEPERS【NARASAKI(Gt)Kanno(Dr)Koji(Gt)AKIRA(Gt from Plastic Tree)】
NoGoD【Kyrie(Gt)Shinno(Gt)K(Dr)】
cali≠gari【石井秀仁(Vo)桜井青(Gt)】
ELLEGUNS【Panther(Gt)JOE(Dr)】ほか

【キャッチ】
cali≠gariだけどcali≠gariぢゃあない。
ベースで科学する村井研次郎のプライベート空間へようこそ。

【内容】
cali≠gariのベーシスト村井研次郎によるソロ・アルバム。ゲストにはcali≠gari(石井秀仁/桜井青)はもちろん、COALTAR OF THE DEEPERS(NARASAKI/Kanno/Koji/AKIRA)、NoGoD(Kyrie/Shinno/K)、ELLEGUNS(Panther/JOE)などが其々バンドとして参加。   

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP