アニメ『逆転裁判』エンディングテーマ

コアラモード.「ビューティフルデイズ」インタビュー

コアラモード.「ビューティフルデイズ」インタビュー

2019/03/19

──では、続いてカップリング曲の「カンパイ!」についてお聞きします。お二人ともお酒は好きですか?

小幡:僕は好きな方ですね。

あんにゅ:私は少しだけ飲めるようになってきたって感じです。

──歌詞の通りですね。

あんにゅ:そうですね。すごく飲める方ではなくて、弱いですね。

──この曲はどのようにできたのですか?

あんにゅ:中学生の頃からの友達について書いたんです。学生の頃からの友達って、大人になって会ってもはしゃいじゃいますよね。それがすごくいいなと思って。で、同窓会のシーンとかを想定して。実は、この曲もデビュー前に原型はあったものなんですけど、今回少し歌詞をイジって。

──アレンジする上で心がけた点などは?

小幡:とにかく「カンパイ!」って人生の中ではかなりハッピーな瞬間だと思うんです。なので、春風が吹き抜けていく中で、切ない雰囲気をまといつつも、ハッピーなアレンジにしたいというのはありました。だから、にぎやかにブラスを入れてみたり。2番の終りに長めの間奏があるんですけど、そこでは今まで歩んできた道だったり、これから歩む道が交差してみえるというか。景色が移り変わっていくような感じを表現できたらいいなと思いました。

──この印象的なブラスはどんな音源で?

小幡:これは「Kick-Ass Brass!」と「SESSION HORNS PRO」を混ぜています。

──小幡さんは作業はWin、Macのどちらで行っているのですか?

小幡:Windowsですね。僕はスキマスイッチ常田さんだったり、蔦谷好位置さんに憧れてDTMを始めた人間なんで。お二方ともWindowsでやっていたので、その影響です。

──あんにゅさんはパソコンは?

あんにゅ:私はパソコンは苦手なんですよね(笑)。なので、自分が弾き語りをしたのをボイスレコーダーに録って、デモにするだけです。

──ボイスレコーダーはiPhone?

あんにゅ:いえ、iPhoneで録ることもあるんですけど、結構古い型のボイスレコーダーで録っています。もともと音のあまり良くない携帯で録っていたんですけど、実はそれが一番バンドサウンドが湧いてきたんですよ。だから、今でもそれを使うことがあります。

──そうなんですね。さて、この「カンパイ!」のレコーディングはいかがでしたか?

小幡:もともと完パケに近いデモがあったので、やりやすかったですね。たしか、ドラムを午前中から2〜3時間で録って、その後にボーカルを録音したと思います。そして、ベースやギターに関しては後日僕のプライベートスタジオで差し替えました。

──では、ドラムだけ生で、後は打ち込みのオケを聴きながらボーカルを録音したのですね。

小幡:はい。

──ボーカルは何回くらい録ったんですか?

あんにゅ:3〜4回だったと思います。もともとデモテープが早くからあったので、慣れていたというのもあるし。

小幡:数回録って、どれにしようかみたいな感じで。たぶん、使ったのは3か4テイク目だったと思います。で、気になったところをちょろっと歌い直して。コアラモード.のレコーディングの中でもかなり早く終わった方だと思います。
 

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

コアラモード.
「ビューティフルデイズ
2019年3月6日(水)発売


コアラモード.「ビューティフルデイズ」初回生産限定盤(CD+DVD)
初回生産限定盤(CD+DVD)
BVCL-954~5
¥1,500+税

Disc1:
1. ビューティフルデイズ
2. カンパイ!
3. 地区センターに行こうよ
4. ビューティフルデイズ Instrumental

Disc2:

ビューティフルデイズ Music Video




コアラモード.「ビューティフルデイズ」通常盤
通常盤 BVCL-956
¥1,111+税

Disc1:
1. ビューティフルデイズ
2. カンパイ!
3. 地区センターに行こうよ
4. ビューティフルデイズ Instrumental

コアラモード.
『横浜発!カラフルメロディーとピュアボイスが奏でるサウンド・ア・ラ・モード.』2013年に結成。ボーカルあんにゅとサウンドクリエイター小幡康裕(おばた やすひろ)からなる横浜出身の男女二人組ユニット。2015年2月発売メジャーデビューシングル「七色シンフォニー」がフジテレビ“ノイタミナ”アニメ「四月は君の嘘」後期オープニングに起用され、以降、数々のTVCMタイアップやNHK「みんなのうた」など活躍の幅を広げている。2018年11月からコアラモード.新プロジェクト「Coalamode.Labo 2018→2019」を始動させた。


あんにゅ(Vo. & Guitar)
神奈川県横浜市出身・在住
B型
ベビーカー時代から歌うことが大好き、
中学で初めてギターを手にする。
18才からシンガーソングライターとして音楽活動を本格始動。
歌だけでなくイラストなど多彩な才能を発揮する。



小幡康裕(Keyboards, Guitar, Bass, Drums &Programming)
神奈川県横浜市出身・在住
AB型
中学時代に作編曲に興味を抱き、
キーボード、ギター、ベース、ドラム等、様々な楽器を習得。
作詞作曲、サウンドプロデュースを手掛け始める。

これまでに中孝介、カサリンチュ、金木和也、トミタ栞の
サウンドプロデュースを手掛ける。

関連する記事

PAGE TOP