3月16日開催

吉田凜音、「ビクターロック祭り2019」ライブレポート!(ROAR STAGE)

吉田凜音、「ビクターロック祭り2019」ライブレポート!(ROAR STAGE)

2019/03/18


吉田凜音吉田凜音

 

最初に届けられたのは、吉田凜音が初めて作詞作曲に挑戦したナンバーであり、今年の2月にリリースされた『#film』に収録されている「#film」だった。温かい質感の歌、瑞々しいラップのフロウが心地よい。ライトに照らされながら身体を揺らし、声を豊かに響かせている姿は、眺めていると深く引き込まれずにはいられなかった。卒業をむかえる彼女は、この曲について「大切な友達と共に過ごした日々を思いながら作った」と様々な場で語っている。宝物のような思い出の数々をじっくり噛み締めるように歌っていた姿が印象的だった。

「みなさんこんにちは。来てくれてありがとうございます。盛り上がってますか? 音楽が大好きな人がたくさん集まってますね。次の曲は、今日、初披露です。がんばってる人への曲になっているので、いい感じで手拍子をしてくれたら嬉しいです」というMCを経て披露された2曲目は、サンドラッグとのコラボレーション曲として制作された「S&R」。ダンサーのkenken、amaneと一緒に踊り、ビートを巧みに乗りこなしながらラップをしていた彼女に合わせて、観客は力強く手拍子。夢や希望を胸に頑張っている人への応援ソングであるこの曲は、フロアからステージを見つめていた人々の胸に温かいエネルギーを届けているのを感じた。

ラストを飾った「パーティーアップ」は、彼女のラップの切れ味の良さを感じさせてくれるスリリングな場面の連続だった。力強いコール&レスポンスがステージ上の彼女とフロアにいる観客の間で交わされたりもしつつ、華々しくエンディングに至った瞬間、爽やかな余韻が会場内に漂っていた。彼女のライブを初めて観る人もたくさんいたと思うが、圧倒的な表現力に魅了されたに違いない。

[Text by田中大]
写真:BARK STAGE:Rui Hashimoto(SOUND SHOOTER) / ROAR STAGE:タマイシンゴ(SOUND SHOOTER)

 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP