今年のフジロックでのパフォーマンスも話題

平沢進、ソロデビュー30周年を記念し、シングルカット・アナログ7インチを発売決定!(「救済の技法」から「TOWN-0 PHASE-5」と「庭師KING」)

平沢進、ソロデビュー30周年を記念し、シングルカット・アナログ7インチを発売決定!(「救済の技法」から「TOWN-0 PHASE-5」と「庭師KING」)

2019/08/07


平沢進平沢進

 

今年でP-MODEL結成から40年、ソロデビューから30年を迎え、今年のフジロックでのパフォーマンスも話題を呼んでいる平沢進。

そのソロ7作目にして最高傑作との呼び声も高い1998年発表の名盤「救済の技法」から、「TOWN-0 PHASE-5」と「庭師KING」をアナログ7インチで20年越しのシングルカットをし、11月3日「レコードの日」にて発売することが決定した。

デジタルでの音楽表現の先端をひた走りながら、常にオーガニックな匂いを感じさせる平沢進の作品を、デジタル・リマスタリングを施しアナログに刻んだレコードで楽しんでほしい。

平沢進「TOWN-0 PHASE-5/庭師KING」(7inch)
リリース:2019年11月3日(レコードの日)
【7インチ】COKA-69 ¥2,000+税 

Side A
TOWN-0 PHASE-5
Side B
庭師KING

From Album「救済の技法」COCP-30019  Released in August 21, 1998.
Produce/Arrangement/Lyrics/Music/Voice/Instruments/Programming : Susumu HIRASAWA
発売・販売元:日本コロムビア株式会社

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP