TBS 金曜ドラマ『4分間のマリーゴールド』主題歌

平井 堅、Single「#302」のMVが公開!(男女の普遍的切なさを佐久間由衣・清原翔が演じる)

平井 堅、Single「#302」のMVが公開!(男女の普遍的切なさを佐久間由衣・清原翔が演じる)

2019/11/22


平井堅
平井堅「#302」(読み:サンマルニ)のMUSIC VIDEO

 

TBS 金曜ドラマ『4分間のマリーゴールド』主題歌として話題の12月4日にリリースされる通算46枚目となるNew Single「#302」(読み:サンマルニ)のMUSIC VIDEOが完成した。

「#302」は、サビの「ずるくてもいい 代わりでもいい 君の淋しさの一番近くにいたい」というフレーズがとても印象深い、シンプルなアレンジが心に沁みるミディアムバラード曲となっている。
 
今作のMUSIC VIDEOは、平井 堅初タッグとなる映画「ヴァニタス」「青い、森」でメガホンを取った内山拓也氏が監督。
女優の佐久間由衣、若手俳優の清原翔主演で、楽曲から受けたストレートなラブソングを、誰もが“自分ごと”に感じられるような男女の気持ちの移ろいを、表情にフォーカスし丁寧に表現している。
 
ストーリー仕立ての今作はそれぞれ「僕」と「私」が正対し映し出され、少ない場面・少ないカットで楽曲のテーマでもある“身を焦がすような恋”を見ている人それぞれが、自分自身の体験と重ね合わせて共感してもらえるよう描かれている。
それぞれの大切な人を思い浮かべながらぜひ観てほしい作品となっている。

また本日より「#302」が発売に先駆けて、ストリーミング配信がスタート。ぜひチェックしてほしい。
 
■平井 堅 『#302』MUSIC VIDEO
URL https://youtu.be/fWNWHEvmaPU

平井堅コメント
ギターと歌だけで進んで行く楽曲に呼応するかの様に、静かに静かに流れて行く映像。帰りたくなくて、なんだか泣きたくて駅の前でしゃがみ込んでいた遠い遠い、あの日の自分を思い出しました。
 
監督:内山拓也コメント
あの、駅や街角にいる人たちはどんな胸の内を抱えているのだろう。どんな出会いと別れがあるのだろう。小さな世界ほどドラマチックで、見えない表情、見えない距離のその先を描こうと思いました。少しづつ変化していく表情に想いを馳せてみて下さい。
 
佐久間由衣コメント
物心ついた頃から平井堅さんの歌声を聴いて育ってきました。生活のどこかで常に身近に感じさせて頂きながら、私にとって果てしなく圧倒的なご存在です。なので、今回の出演が決まった時は、とても嬉しかったです。そして個人的に清原さんとはツーショートのムービーでご一緒させて頂くのは三回目ということにもご縁を感じながら、色々な思いで挑ませて頂きました。必ずしも、正しく無い事が、綺麗じゃないとは言い切れない。美しくないとは決められない。二人にしか流れていない時間の切なさと儚さと愛の強さを感じました。苦い気持ちや、歯がゆい想いが、まっすぐな歌詞と優しいメロディによってぎゅっと閉じ込められた時間のような、素晴らしい素敵な曲だと感じました。
 
清原翔コメント
平井堅さんの楽曲は、僕が小学生の頃から聴いていて、出演させていただくことになって本当に嬉しかったです。そして何かと御縁のある佐久間由衣さんとまたご一緒出来て、懐かしくも、楽しい撮影でした。この楽曲は、もどかしさ、儚さ、柔らかさ、色々なモノが入り混じっていると思いました。MVでもその繊細さをしっかり表現出来ていると感じていただけたら嬉しいです。是非、観て、聴いてください。


 

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP