全曲海外録音による自身6枚目のオリジナルアルバム

さかいゆう『Touch The World』インタビュー(ロンドン、LA、NY、サンパウロでの制作エピソードを公開)

さかいゆう『Touch The World』インタビュー(ロンドン、LA、NY、サンパウロでの制作エピソードを公開)

2020/03/03

昨年10月にデビュー満10周年を迎えた “さかいゆう” が、オフィスオーガスタの新レーベル「newborder recordings」に移籍後初となる、自身6枚目のオリジナルアルバム『Touch The World』を3月4日(水)にリリースする。今作はアルバムタイトルの示す通り、ロンドン、LA、NY、サンパウロといった海外を巡り、いずれも由緒あるスタジオで現地の名だたるミュージシャンらとセッションを重ねた記録であり、本人いわく「さかいゆうという人間が悪戦苦闘しながら1年を通して録ったドキュメンタリー」とのことだ。ここでは、各楽曲の制作エピソードを中心に、さかいゆうの旅の軌跡をじっくりと聞いてみた。ファン必見のインタビューだ。
取材:東 徹夜(編集長)

 

──資料によると、今回のアルバムの10曲目に収録されている「Dreaming of You」は、前アルバム「Yu are Something」の制作で訪れたLAでリズムセッションを録られていたそうですね。すでに「世界を旅しながら」という新アルバムの構想はあったのですか?

さかいゆう:いえ、前アルバムの続編みたいですけど、新アルバムの構想がしっかりと決まったのは去年ですね。なので、収録されている楽曲の半分くらいは書き下ろしですし、実際その場所に行くまでミュージシャンが決まってなかったり、交渉の連続でした。

──そんな中で、2019年7月にロンドンで制作されたのが、1曲目「Hey Gaia」、3曲目「She’s Gettin’ Married」ということですが、世界的なプレイヤーとしてStuart Zender(ジャミロクアイの元ベーシスト)さんやBluey(インコグニートのギタリスト)さんが参加されていますよね。実際にセッションをしてみて、いかがでしたか?

さかいゆう:誌面にすると冷めた感じになっちゃうかもしれませんけど、素晴らしかったですね。それ以外に何もないっちゃないんですけど、そこには音楽のグルーヴとハーモニーがあって、プレイを楽しむだけというか。感動するポイントや好きなポイントは近いところがあるんで、「あっ、それやる。じゃ、俺はこうする!」みたいな無言の会話がありました。

──どちらの曲も最初にリズムセクションをBlueyさんの「Hackney Sound Studio」で録られたようですけど、演奏面などで彼らに驚かされたことはありましたか?

さかいゆう:単純に味わったことのない上手さでしたね。演奏は2回くらいやって終わりなんです。それ以上やってもそんなに意味がないというか。細かなディレクションをやったりもしたんですけど、常に90点みたいな。で、残りの10点は自分の好みで「あっ、そこのフィルはなしで!」とか、「もうちょっとここは落として」とか。そのくらいしかしゃべってないっすね。とにかく、事前のデモテープの段階ですべて理解してくれていたので。

──「She’s Gettin’ Married」に関しては、Blueyさんのディレクションで歌を録られたようですね。

さかいゆう:はい。結構シビアで楽しかったですよ。直感的で肉感的なんですけど、耳がいいんで会話なく「あっ、今のところちょっとフラットしてたよね」とか。僕もわかるんで「じゃ、もう一回やってみよう」みたいな。無駄なことがないんで早かったですね。コーラス入れて2時間くらいで終わったと思います。

──ロンドン滞在中にはBlueyさん行きつけのモーリシャス料理を食べに行ったとか。

さかいゆう:そうなんです。モーリシャス料理ってアフリカだと思うんですけど、出汁が効いてて美味しかったですね。

──魚料理ですか?

さかいゆう:肉も魚もあると思うんですけど、Blueyは魚しか食べないんですよ。

──食事しながら音楽の話をされたのですか?

さかいゆう:いえ、音楽の話もちょっとしましたけど、Blueyはずっと子供をあやしてましたね。(さかいさんがスマホで撮影した動画を見せてくれる。Blueyさんが「うゎ〜〜」と子供におかしな声を浴びせる)ずっと、こんな感じ。これが1時間続きますから(笑)。

──Blueyさんは優しそうな人ですね。

さかいゆう:めちゃくちゃ優しいっすよ。親切以上だ、あの人は。

──さて、このロンドンでのレコーディングを終えて、次に向かったのが7月29日のニューヨークということですが、ここでは5曲目の「孤独の天才(So What) feat.Terrace Martin」を制作されたと資料を拝見しました。「So What」と言えば、Miles Davisですよね。

さかいゆう:そうですね。Miles Davisはずっと僕の心の師匠であって、Milesに関する曲をいつか書けたらと思っていました。「So What」は僕にとって一番思い入れのある曲で、そもそも「So What(だからなんだ?)」って言葉の意味も好きですし、彼を表してるなと。

──作詞は売野雅勇(うりのまさお)さんということですが、どんな話を具体的にはされたのですか?

さかいゆう:僕は音楽を仕事じゃなくて人生でやっていると思っていて。僕から音楽ビジネス(事務所やレコード会社)を全部取ったとしても、おそらく同じこと(曲作りやライブ)をやっていると思うんです。なので、そんな感じのことを書いてくださいと伝えました。売野さんには僕がディレクションすることは一切ありませんし、売野さんの言葉をそのまま歌いますからといつも話しています。

──では、出来上がってきた歌詞を変更することはないんですね。

さかいゆう:一切ないですね。ちょっと解釈に悩むところも含めてそのままです。

──さかいさんにとって「So What」は思い入れの強い曲ということで、レコーディングにも力が入ったのでは?

さかいゆう:いや、思い入れは重いんで、そこはあえてフラットというか、ミュージシャンの直感を頼りに、彼らがリラックスして演奏に集中できるようなシチュエーションを作って。で、しっかりとリハーサルをやって。リハ3回の本番2回の全部で5回くらいしかやっていません。曲になったはリハの3回目なので、実質2回くらいですよ。そうじゃないと逆に集中力が続かないですし。あと、それ以上やるとアイディアを出し始めちゃうんですよ。そうなると、怪しい話ですけど霊感がなくなるというか、「なんか知らないけどすごい!」みたいなものがなくなっちゃうんです。

──ニューヨークだと、6曲目「裸足の妖精」も録られたと思いますが、この曲はAメロのキーがサビよりも高いそうですね。今までのさかいさんの曲にはそういったものはなかったのですか?

さかいゆう:ないと思います。

──アレンジャーとして挾間美帆(はざまみほ)さんがクレジットされていますが、彼女とはどのような縁で?

さかいゆう:2〜3年前に何かのライブで話しかけてきてくれて。僕もみほちゃんの音楽をチェックしてみたらすごく才能のある人で、いつか一緒に何かできたらいいなと思っていたんです。で、「裸足の妖精」をどうしようかなと思った時に、トリオだけどギターはいれたくなくて。そしたら「あっ、みほちゃんのストリングスをフィーチャーしてみよう」ってアイディアが浮かんで。それで大フィーチャーしました。

──Aメロのキーが高いうんぬんの話を挾間さんがアレンジしたというわけではないんですね。

さかいゆう:そうですね。曲自体は5年くらい前からできていたもので、メロディーや歌詞を作り直して新録したものになります。

──7曲目の「鬼灯(ほおずき)」では、トランペットのNicholas Paytonさんをフィーチャーされていますが。

さかいゆう:ライブも見に行っていて昔から大好きなんです。彼はストレート・アヘッドなジャズやヒップホップのトラックも作れるし、非常に多彩なんですけど、僕は彼のトーンが好きで。だから、Nicholasのトーンを全面に出した曲ができたらいいなと思ってシンプルに作ったんです。彼には「ジャズじゃないけど大丈夫? 僕はあなたのブランディングを壊すようなことは絶対にしたくないと思っているんだ」って話したんですけど、「I don’t know Jazz」って粋な返事をしてくるんですよ(笑)。

──レコーディングは順調に?

さかいゆう:結局、4回か5回くらい吹いてくれましたね。ジャズミュージシャンの中には1〜2回やってもういいだろうって人もいるかもしれないけど、彼もどんどん景色が見えてきたみたいで「Let’s draw another picture」って言いながら何度も演奏してくれました。

──このニューヨークでのセッションを終えて、今度は8月12日にロサンゼルスに向かうわけですが、LAではリード曲の「21番目のGrace」を制作されたんですよね。

さかいゆう:はい。もともとこの曲も5年くらい前に出来て、実はずっと温存していたんです。で、録るなら明るい乾いた感じのピアノになるだろうなとは思っていて、それが最終的に応援ソングになるのか、恋愛が成就する曲になるのか、その時点ではまだわからなかったわけですけど。

──作詞はこの曲も売野さんなんですね。

さかいゆう:そうですね。最近、売野さんとのシンクロ率はハンパなく高くて。

──どんなことを話されたのですか?

さかいゆう:売野さんに「さかいくんて、もともと明るい性格で根明(ねあか)だよね」って言われて。さらに「芸術家にとって根明って一見バカそうだけど、ポジティブさとか明るさは音楽家には大事な要素だよね」って話になって。で、その中でも自分のこだわりとか、譲れないところがあったりしてとか。そんな話です。

──売野さんへはデモテープは事前に渡すんですよね?

さかいゆう:もちろんです。売野さんはメロディーを完全に覚えてから、そこに詞が降りてくるのを待つみたいです。

──売野さんの歌詞で特に気に入っている箇所を挙げるとすると?

さかいゆう:「ありふれた言葉で君を殺すな」が好きですね。これはくらっちゃいました。あと、最初の「ささやかでも 誰にも媚びずに生きよう」というのは、普通の文章ですけど、なんか共感しちゃいますね。ボブ・ディランの言葉に「ガソリンスタンドにも本当の詩人はいる」というのがあるんですけど、詩人だからといって詩人なわけではなくて、自分の譲れないものというか、心は売るけど魂までは売らないというか。そういうのを大事に生きている人は強いと思いますね。で、そんな歌詞にできる “人の生き死に” ってどんなことだろうってできたのが11曲目の「Soul Rain」なんです。「Soul Rain」は「Rain 雨となった僕は」という部分とコンセプトだけは決まっていて。

──どんな世界観を描こうと?

さかいゆう:日本だと時がきて迎えが来れば火葬して煙になるわけですけど、執念で俺はお前のところに行くからな!というのがとてもロマンティックだなと思って。火葬場の煙とロマンスをつなげるって、危うくて面白いじゃないですか。しかもそれって、文字や映像だと嫌なリアリティが出るけど、音楽や歌だったらうまく表現できるというか、嘘じゃないし。だから「Soul Rain」なんです。

──そうだったんですね。で、この「Soul Rain」のレコーディングの前に、ブラジルにも渡っているんですよね?

さかいゆう:はい。

──ブラジルのスタジオの雰囲気はいかがでしたか?

さかいゆう:そりゃ、サンバとボサノバが生まれるわぁという感じでしたね。美味しい果物があって。マンゴーが美味すぎて、逆に落ち込みました。

──というと?

さかいゆう:宮崎とか沖縄のアップルマンゴーと同じものが、1個50円ですから。滞在中は食べまくって、歯に詰まる詰まる!(笑)

──(笑)

さかいゆう:果物を美味しく食べる国って、ハッピーそうじゃないですか。みんな優しいし、時間が日本よりもゆっくり流れてて。サンパウロは都会なんだけど、また行きたいなと思いましたね。

──ミュージシャンの方は現地の方だったのですか?

さかいゆう:全部現地ですね。僕の憧れのRenato Netoというプリンスのバンドのキーボードの方が集めてくれました。

──演奏は違いました?

さかいゆう:それは違いましたね。ブラジル人なんで、絶対にモソモソもたらないというか、みんなが馬力の強い四駆みたいな。それぞれエネルギッシュな演奏でしたね。

──その後、再びイギリスに戻ってロンドンのアビー・ロード・スタジオで「Soul Rain」を録ったわけですね。

さかいゆう:はい。それが12月になります。

──この曲だけアビー・ロードで録ったというのは何か理由があったのですか?

さかいゆう:ディレクターが行きたかったんじゃないですか(笑)。ただ、スタジオ選びってそういうもんなんですよね。

──さかいさんの希望でもありますよね?

さかいゆう:もちろん。僕もアビー・ロードに行きたかったし、そこでしか録れない音があるのも知っていますし。ただ、アビー・ロードでやれるって普通は思わないじゃないですか。でも行けることになったんで、だったらぜひということになりました。

──アビー・ロードでは、デッカ・ツリーというマイクの立て方でストリングスを録られたんですよね?

さかいゆう:そうですね。奥行きがあって広がりがあって、すごくいいストリングスが録れました。スタジオ専属の優秀なエンジニアさんにやってもらったので、まさにアビー・ロードのサウンドになったと思います。

──アビー・ロードというと、ビートルズが使っていたことでも有名ですが、スタジオの中はどんな感じなのですか?

さかいゆう:なんか、地下のカフェみたいなところのご飯が美味しかったですよ。

──カフェがあるんですか?

さかいゆう:はい。クッキーっぽいのとか、サラダっぽいのとか。で、僕がサラダをちょっとのせたら、もっとのせていいよって言われて(笑)。

──で、その地下の上にスタジオの部屋がいくつかあるんですか?

さかいゆう:有名なのが1スタと2スタで。1スタはいわゆるオーケストラを録るような大きな部屋で、僕らが使ったのは2スタですね。階段がある2スタの方が有名じゃないかな。

──2スタはいかがでしたか?

さかいゆう:実は弱点もいっぱいあって。このことは専属のエンジニアさんも言っていましたけど、ブース(部屋)をセパレートできていないのでストリングスとピアノが同時に録れなかったりとか。ただ、そういった弱点に目をつぶっても余りある実りもあるので。

──「Soul Rain」は具体的にはどのような手順でレコーディングを行なったのですか?

さかいゆう:ドラムとベース、ストリングス、ピアノ、で最後に歌ですね。

──演奏面などで印象に残っていることはありますか?

さかいゆう:というか、ストリングスの音があまりにも良くて。それを騒いでいたら向こうの人にゲラゲラ笑われて(笑)。演奏はいつも通りだったと思います。

──わかりました。では、そろそろ時間となりましたので、最後にあらためて『Touch The World』の聴きどころをお願いできますか。

さかいゆう:そうですね。今回のアルバムは、さかいゆうという人間が悪戦苦闘しながら1年を通して録ったドキュメンタリーでもあります。右も左もわからない初めて行くところで、緊張しながらもなんとかいいセッションにしようと奮闘した記録とも言えます。そこには、何もしないで失敗しないよりは、何かやって失敗してもいいという気持ちが入っていると思うので、そういったところをまず感じてもらえたらうれしいです。僕も今回かなりチャレンジングなことをしたなと思っていて、単純に自分の憧れの人に嫌われたくないじゃないですか。自分がヒーローだと思っている人たちにセッションをお願いして、例えばNetoに「あっ、こいつピアノ下手だな」とは思われたくないわけで。なので、ある意味で自分も人生をかけて戦ったというか。そういったところですかね。

──アルバムリリース後にはライブも予定されていますよね。

さかいゆう:はい。5月に大阪・梅田 CLUB QUATTRO、東京だと日比谷野音ですね。特に東京の方は、10周年記念も兼ねた2部構成で、かなり盛り盛りな感じの内容になると思います。ライブにも期待してもらえたらと思っています。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 
さかいゆうチェキプレゼント

TuneGateの公式Twitterアカウント「@tunegate_me」をフォローして、対象のツイートをリツイートすると、抽選で2名様に さかいゆうさん のサイン入りチェキをプレゼントします!



■応募期間
2020年3月3日〜2020年3月17日23:59まで

■参加条件および応募について
・プレゼントの応募にはTwitterアカウントが必要
・非公開設定(鍵付き)のTwitterアカウント、引用リツイート(冒頭にRTをつけるツイート)は対象外
・当選の連絡までにフォローを外した場合も対象外となります

■当選の連絡について
・当選された方には、@tunegate_meよりDM(ダイレクトメッセージ)にてご連絡します
・当選可否や抽選の状況についてはご返答できません
・期間内にご返信がない場合は、当選権利を放棄したものと判断させていただきます

※注意事項
・応募はお一人様1回限り
・応募対象者は日本国内にお住まいの方のみ
・第三者に譲渡・売却などをすることはできません
・プレゼント内容は予告なく変更や中止することがあります。あらかじめご了承ください


ライブインフォメーション
◆『Touch The World』 Release Party 東京・大阪、2都市での公演開催決定!

●2020年 5月14日(木)
大阪・梅田CLUB QUATTRO
OPEN/START:18:00/19:00
スタンディング:¥5,500
(税込、整理番号付き、ドリンク別)
一般発売日:2月29日(土)

●2020年 5月17日(日)
東京・日比谷野外大音楽堂
OPEN/START:16:00/17:00
全席指定:¥6,600(税込)
一般発売日:2月29日(土)

<バンドメンバー>
Dr:FUYU
Bs:日野JINO賢二
Gt:田中義人
Key:Pochi

<ゲスト>
Michael Kaneko(大阪・東京)
Ovall(東京)

◉チケット受付
チケットぴあ:https://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=48250125
イープラス:https://eplus.jp/sf/word/0000028406

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

さかいゆう
『Touch The World』
2020年3月4日(水)発売


◆2020.02.28. (水) 先行 Digital Release
 「Getting To Love You」
●DL・サブスク:
https://caroline.lnk.to/getting
●Lyric Video: https://youtu.be/d8eLsdk1J_I

◆2020.02.05. (水) 先行 Digital Release
 「21番目のGrace」
●DL・サブスク:
https://caroline.lnk.to/21Grace
●Music Video:https://youtu.be/XU4c2hGD5FA


『Touch The World』

◆2020.03.04. (水) Release
 6th Album 『Touch The World』


<初回限定盤>SHM-CD+DVD
POCS-23903 / ¥4,620(税込)
<通常盤>CD
POCS-23003 / ¥3,300(税込)

【CD収録曲目】
1 Hey Gaia
2 Getting To Love You
3 She's Gettin' Married
4 21番目のGrace
5 孤独の天才 (So What) feat. Terrace Martin
6 裸足の妖精
7 鬼灯 feat. Nicholas Payton
8 想い出オブリガード
9 リベルダーデのかたすみで
10 Dreaming of You
11 Soul Rain
12 グッナイ・グッバイ

【初回限定盤 特典DVD収録内容】
・“SAKAIのJYU”@日比谷野外大音楽堂(2019年10月13日) LIVE映像 ※約66分収録
・海外レコーディング ドキュメント映像 ※約27分収録
・MUSIC VIDEO 「21番目のGrace」「Getting To Love You」「Dreaming of You」 「Journey」



============

◆2020.04.18. (土) Release
 Analog Record 『Touch The World』
発売日:2020年4月18日(土)
フォーマット:アナログ12インチLP (33回転)
レーベル:newborder recordings / Office Augusta Co., Ltd.

<アナログ収録曲>
●SIDE-A
A1. Hey Gaia
A2. Getting To Love You
A3. She's Gettin' Married
A4. 21番目のGrace
A5. 鬼灯 feat. Nicholas Payton
●SIDE-B
B1. Soul Rain
B2. 孤独の天才 (So What) feat. Terrace Martin
B3. 想い出オブリガード
B4. グッナイ・グッバイ

※こちらの商品は販売店舗が限られております。ご購入可能な対象店舗など詳細は3月上旬頃(予定)にさかいゆう公式HP・SNSでご案内します。



<さかいゆう PROFILE>
高知県出身。
高校卒業後、18歳の時に突如音楽に目覚め、20歳で上京。22 歳の時、単身でLA に渡り独学でピアノを始める。唯一無二の歌声と、SOUL・R&B・JAZZ・ゴスペル・ROCKなど幅広い音楽的バックグラウンドをポップスへと昇華させる、オリジナリティ溢れるサウンドが魅力の男性シンガーソングライター。2009年10⽉7⽇にシングル「ストーリー」でメジャー・デビュー。同楽曲が全国のFMラジオ43局でパワープレイを獲得し、前⼈未到の新記録に。更に、AMラジオ局やCS⾳楽専⾨チャンネルでもパワープレイを獲得し⼀躍話題となる。2019年1月、LA・NY・東京で レコーディングを重ね、自身 の“ROOTS”を詰め込んだオリジナルアルバム「Yu Are Something」をリリース。前作EP「Fight & Kiss」に続き2作連続でiTunes R&Bチャートにて1位を獲得。2019年10月13日、デビュー10周年を記念し、東京・日比谷野外大音楽堂にて開催した、自身プロデュースの初の野外イベント「さかいゆう10th Anniversary Special Live “SAKAIのJYU”」を大盛況に終えた。2018年から世界中で楽曲制作・レコーディングを行う旅をスタート、John Scofield(Gt), Ray Parker Jr.(Gt), Bluey from Incognito(Gt), Stewart Zender(Bs ex.Jamiroquai), Terrace Martin(Sax), Nicholas Payton(TP), Renato Neto(Key)など世界的なプレイヤーとレコーディングを行っている。


Caroline International: https://carolineinternational.jp

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP