6月、KT Zepp Yokohamaでの新規公演も決定!

LOVEBITES、大歓声に包まれた東京公演が終幕!(2月21日(金) Zepp DiverCity)

LOVEBITES、大歓声に包まれた東京公演が終幕!(2月21日(金) Zepp DiverCity)

2020/02/23


LOVEBITESLOVEBITES

 

LOVEBITES
LOVEBITES
LOVEBITES
LOVEBITES
LOVEBITES

2月21日(金)、LOVEBITESが、先月発売のニュー・アルバム『エレクトリック・ペンタグラム』を携えた国内ツアーの東京公演を、Zepp DiverCityにて行なった。

開演時間の19時になると暗転とともにオープニングのSEが流れ、ステージ前に張られた幕に、LOVEBITESの化身ともいえるウルフ(狼)のシンボルが5つの色で映し出される。それが中央に集まり、5人のメンバーの結束を表すペンタグラムのシンボルへと変化。SEが終わると激しい演奏とともに同時に幕が振り下ろされ、ステージに立つメンバーが姿を現す。怒号にも似た歓声が轟き、始まったのは新作でもオープニングを飾る「サンダー・ヴェンジェンス」だ。

midori、miyakoのギターチーム、ベースのmihoとドラムスharunaのリズム隊の演奏はタイトかつソリッドで、asamiの歌も伸びやかでパワフル。ステージ後方には、横14メートル・縦7メートルの巨大バックドロップが飾られ、ドラムキットは約1メートルの高さの台に鎮座しており、そのセットの迫力に楽曲がさらに凄みを増しているように感じる。

相変わらずMC少なめで、畳みかけるようにライヴは進行。miyakoによる白いデジタル・グランドピアノでのピアノソロを挟み、アンコール含め全17曲をプレイ。そのうち8曲が新作からの曲というのは、『エレクトリック・ペンタグラム』が相当な自信作であることの表れだろう。約1時間45分。レーザーと特効も熱狂を駆り立てるスペクタクルなショウは、大歓声に包まれながら終演を迎えた。ツアーは、このあとも大阪、仙台、名古屋、札幌と続いていく。なお、仙台公演はすでにソールドアウトになっている。

 

この記事の画像一覧

(全6枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP