な・な・なんと!11月に3rdワンマン開催をサプライズ発表!

みゆはん、2年3か月ぶり開催の2ndワンマンで会場は大盛り上がり!(2月22日(土)、東京・EX THEATER ROPPONGI)

みゆはん、2年3か月ぶり開催の2ndワンマンで会場は大盛り上がり!(2月22日(土)、東京・EX THEATER ROPPONGI)

2020/02/24


みゆはんみゆはん

 

みゆはん
みゆはん
みゆはん

1月22日にサードアルバム『ぷ。』をリリースしたばかりの人見知りシンガーソングライター “みゆはん”が、猫の日でもある2月22日(土)、東京・EX THEATER ROPPONGIにて、“2ndワンマンライブ「ざんぱんまみれ」”を開催。約2時間のステージでアンコールを含め、約2時間のステージで全14曲をパフォーマンスした。そして終演後、今年11月23日(月・祝)、同じくEX THEATER ROPPONGIにて3rdワンマンライブを開催することをサプライズ発表した。

みゆはん自身、「2年3ヶ月ぶりのライブということで、ライブの準備を長い時間かけて丁寧にしてきました。演奏力に関しても前回のライブと比べて格段にパワーアップしたと思います。成長したみゆはんをお見せできると思うので淡い期待をしていてください!“ざんぱんまみれ”、精一杯のおもてなしをさせていただきます。」と語っていた今回のライブ。2017年11月に開催された前回のライブでは、自宅の家財道具一式を持ち込んで彼女のワンルームをそのまま再現したが、今回はタイトルの“ざんぱんまみれ”にちなんで、ステージ上に彼女の自宅のキッチンを再現するという手の凝りよう。そしてライブ中にはMCタイミングに手作りした“みゆはんの魔界鍋”をお客さんに振る舞うというサービスも!

もちろん歌でも、アニメ「八月のシンデレラナイン」オープニングテーマ「エチュード」で幕を開け、ニューアルバム『ぷ。』のリードトラック「キスは無理」「綺麗になったよ」、横浜流星主演のミュージックビデオがYouTubeで現在470万回再生を記録している「恋人失格」、アニメ「クレヨンしんちゃん」に登場するシロが主人公の同名アニメ主題歌「SUPER SHIRO」、そしてアンコールラストに披露したアニメ「けものフレンズ」エンディングテーマ「ぼくのフレンド」など、まさにみゆはんのアーティスト活動のベスト選曲ともいえる全14曲を披露。みゆはんのキュートでポップな魅力が詰まったハイクオリティなパフォーマンスと、映像や歌詞を投影した圧巻の演出により、観客を熱狂の渦に巻き込み大盛り上がりとなった。

そしてライブ終演後にも大きなサプライズが!11月23日(月・祝)に今回と同じEX THEATER ROPPONGIにて3rdワンマンライブが発表された。わずか9か月後、どんなライブが繰り広げられるのか、楽しみは募るばかりだ。ファンクラブ会員先行や今回の来場者を対象とした抽選先行予約がスタートしているので、詳しくはオフィシャルサイトとチェックしよう。

[みゆはんオフィシャルWebサイトURL] https://mewhan.jp/

みゆはんライブレポート
文:吉田可奈

みゆはんの2ndワンマンライブ『ざんぱんまみれ』が、EX THEATER ROPPONGIで開催された。開演前のステージには斜幕が垂れ下がり、そこにゲーム実況が延々と流れる中、青いペンライトを持ったファンが和やかに待ち続けている。

開演時間となると、斜幕の向こうにピンク色のギターを持ったみゆはんが登場。『エチュード』のイントロが流れ出すと、斜幕全体に歌詞が映し出され、あっという間に独特の世界に連れ込んでいく。歌詞とともに楽曲をライブで楽しめるからこそ、より曲の深みを感じることができる演出は、とてもいい。その後、力強く、『からくりピエロ』を歌ったかと思えば、手拍子から始まる愛らしい『キスは無理』を歌い上げレンジの広さを見せると、会場からは「かわいい~!」という声が漏れる。その後も横浜流星が出演し話題となったMVを映し出しながら、『恋人失格』を歌い上げ、インディーズ時代の名バラード『Good bye』で涙腺を刺激したかと思えば、『イーブイマーチ』でお客さんと一緒に踊ったり、中毒性のある『人間関係満腹中枢』では個性しかないコール&レスポンスを繰り広げたりと、一瞬たりとも飽きさせない構成はさすがだ。

そして、なんといっても、驚くべきなのがMCタイム。今回のライブコンセプトは“キッチン”。セットも、本当に水が流れるキッチンに、IHコンロ、そしてダイニングテーブルの上にはパソコンが置いてある。そのパソコンに座り、Twitterを開き、そのリプをリアルタイムで募集し、返事をしていき、その様子もしっかりと斜幕に流れるという、面白い仕組み。しかも、今回はそのキッチンで鍋を作っていたのだが、確実に料理をしないであろう彼女が、鍋に本だしを5本も入れてしまったり、おかきや餃子、ほぼ切っていない状態のにんじん、豆腐をまるごと一丁ぶちこんだりと、これが本当の“闇鍋”かと思う仕上がりに。曲の合間に出し汁を作ったり、はたまた次の曲の合間に煮込んだりと、ビックリするほどの挑戦に溢れている。そして完成した、みゆはんいわく、“魔界鍋”は、その場で募集したファン2人が食べ、まさかの「おいしい」という言葉をゲット。終始和やかで、本当に彼女の家にあがりこんだかのような時間がそこには流れていた。

ライブの後半では、エモーショナルに『ストラト』を歌い、ファン同士のカップルが別れてしまった事を知り、その彼女の方に話を聞いてできたという『綺麗になったよ』で一気に会場の雰囲気をガラッと変え、本編最後には、ファンのみんなに向けた、感謝のメッセージが込められた『メッセージ』を届け、幕を閉じた。

この日が2月22日で猫の日、さらにみゆはんのキャラクターが猫ということもあり、「ニャーニャーニャー」というオリジナリティあふれるアンコールの掛け声で呼び戻されたみゆはん。『SUPER SHIRO』を踊りながら歌い、ギターをかき鳴らしながら歌う『君と僕のラブストーリー』で一体となると、あらたまったみゆはんは「しんどい、生きていたくないときもあると思います。でも、私の考えでは、負の気持ちは幸せになるためにあるものだから、上手く付き合って、マイペースに休みながら進んでください。今日のライブが幸せだなって思ってもらえたら嬉しいです」と目にたっぷりの涙を浮かべながら気持ちを届けていた。

そして、本当にラストの『ぼくのフレンド』で感情を爆発させ、最後の最後に「11月23日にまたあいましょう!」とサラッと次回のライブ予告を解禁して去っていった。

思いきり楽しませてくれるだけでなく、独特の世界に連れ込み、そのエモーショナルで、はたまたキュートな歌声を聴かせてくれるみゆはん。その存在は、またさらに大きくなることを間違いなく感じさせてくれる、力強い、そして驚くほど自由で楽しいライブだった。


【ライブ詳細】
[タイトル] みゆはん 2ndワンマンライブ「ざんぱんまみれ」
[日時] 2020年2月22日(土) ※猫の日 17時開場/18時開演
[会場] 東京・EX THEATER ROPPONGI
[セットリスト]
1    エチュード    (3rdアルバム「ぷ。」/1stシングル表題曲)
2    からくりピエロ    (1stアルバム「ひきこもり情報弱者」)
3    キスは無理    (3rdアルバム「ぷ。」)
    MC
4    足跡    (2ndアルバム「闇鍋」)
5    恋人失格    (2ndアルバム「闇鍋」/1stシングル「エチュード」)
6    Good bye    (インディーズミニアルバム「ジョハリの窓」)
    MC
7    イーブイマーチ    (1stアルバム「ひきこもり情報弱者」/配信限定シングル)
8    人間関係満腹中枢    (2ndアルバム「闇鍋」)
    MC
9    ストラト    (2ndアルバム「闇鍋」)
10    綺麗になったよ    (3rdアルバム「ぷ。」)
11    メッセージ    (2ndミニアルバム「リスキーシフト」)
    MC
E1    SUPER SHIRO    (3rdアルバム「ぷ。」/配信限定シングル)
E2    君と僕のラブストーリー    (2ndアルバム「闇鍋」/1stシングル「エチュード」)
E3    ぼくのフレンド    (1stミニアルバム「自己スキーマ」)
 

この記事の画像一覧

(全4枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP