重いギター・サウンドに、鋭く伸びのあるボーカルが攻撃的な姿勢を貫く3ピースのオルタナティブ・ロックバンド

黒宮れい率いる次世代バンドBRATS、7ヶ月連続全世界配信の第5弾「自虐性Loop」発表!

黒宮れい率いる次世代バンドBRATS、7ヶ月連続全世界配信の第5弾「自虐性Loop」発表!

2020/05/29


BRATS
『自虐性Loop』

重いギター・サウンドに、鋭く伸びのあるボーカルが攻撃的な姿勢を貫く3ピースのオルタナティブ・ロックバンドとして精力的なライブ活動を行って来たBRATS(ブラッツ)が、2020年1月より新曲を毎月7カ月連続配信中だ。そして、早くも第5弾の配信楽曲『自虐性Loop』が発表された。

これまでの配信リリース楽曲の中でも、メロデイックでありながらもメッセージ性が強く異彩を放っている。今回の配信ジャケットのイラストも担当したボーカル“黒宮れい”の歌は、リリースを重ねるごとに個性が増し、姉であるベーシスト“黒宮あや”のベースもこれまでで一番のうねりを聴かせ、またギターの“ひなこ”は展開の多いこの曲でいくつもの表情を見せている。それら全てが“バンドとしてのドライヴ感”が凝縮される要素となった。

昨年3月のライブでの初演以降、セットリストに入る機会がなかったこの曲は、その後レコーディングに向けて何度も重ねられたプリプロダクションでBPMが上がり、イントロダクションも一新された。新型コロナウイルスによる自粛が明け、BRATSのライブの再開を心待ちにさせる一曲である。

また同日公開された『自虐性Loop』のMVは、昨年末に行われたレコーディング風景で構成されている。

『自虐性Loop』Music Video
https://youtu.be/5Nitp5s8mxA

 

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP