ROOTFIVEのkoma'nゲスト出演!

みきなつみ、26日渋谷wwwでワンマンライブ「色々あって、みきなつみワンマンになりました!〜2020〜」を開催!(新曲「君が普通に生きてるなんて嫌だ」を初披露!)

みきなつみ、26日渋谷wwwでワンマンライブ「色々あって、みきなつみワンマンになりました!〜2020〜」を開催!(新曲「君が普通に生きてるなんて嫌だ」を初披露!)

2020/10/27

みきなつみ
みきなつみ

 

みきなつみ
みきなつみ

埼玉出身シンガーソングライター みきなつみが26日渋谷wwwでワンマンライブ「色々あって、みきなつみワンマンになりました!〜2020〜」を行った。
今回のワンマンは3月に行われる予定だった対バンツアーを延期して、その公演をワンマンライブとし、有観客と配信とのハイブリットな形での開催となった。

ハンドマイクで登場し「こんにちは!みきなつみです。今日来てくれてありがとう!!」という言葉から始まったワンマンライブは3月に配信の『きみにだけバレて欲しいな』からスタート。
アコースティックギターを持ち、2曲目には更に勢いをつける『本気を魅せてやれ』で会場を盛り上げる。
 
ライブの中盤には今回のスペシャルゲストのROOTFIVEのkoma'nが登場。
「私にとって想いれの強い曲になりました。
私の実体験を元に書いた失恋ソングになっています。
この曲をレコーディングする時までにこの歌詞でいくのか、すっごい悩んでいろんな人に相談したし、それぐらい恥ずかしい気持ちも悔しさも後悔も嫉妬も全部言葉に歌詞に載せました。」と彼女のこの曲に掛けた想いを語った後、12月2日に配信される『君が普通に生きてるなんて嫌だ』を初披露。
koma'nのキーボードとみきなつみの歌のみから始まる みきなつみ の実体験を元にした、切なく悲しい歌詞のこの曲は会場中を涙で包んだ。

後半戦は『ぼくにとってのヒーロー』、またTikTokで話題になった『Dear』、友達の結婚式出席する事をイメージして作った10月に配信された新曲『Letter』と曲を畳みかける。
本編の最後は「またみなさんに会える事を願って」との言葉から『またね』を披露。
 
アンコールはみきなつみが一人で登場、弾き語りで『君へ送る唄』を演奏し、ワンマンライブ「色々あって、みきなつみワンマンになりました!〜2020〜」を締めくくった。
 

【リリース情報】
12月2日 デジタルシングル「君が普通に生きてるなんて嫌だ」

【Profile】
2015年⾼校2年⽣の春からライブ活動を始める。夏には「SCHOOL OF LOCK! 未確認フェスティバル」に出演し、チューニングをやっと覚えたレベルだったにもかかわらず3000通を越える応募の中からファイナリスト8組の最後の1枠に選ばれる。大手事務所に育成アーティストとして所属するが、本人の実力不足の為、契約終了。その後音楽スクールに通うが、そこでもついていけず、スタッフから「迷惑かけるなよ」と。その経験より出来た曲が『赤裸々白書』だった。そんな彼女も2017年8⽉には初のワンマンライブをO-crestで実施。また同年、インディーズバンド音楽配信サイトEggsで年間ランキングのアーティスト部門で1位に輝く。2018年には世界最大規模の楽器ショーNAMMでライブを行い、天真爛漫なキャラと彼女の美声で外国人の観客を笑いと感動の渦につつんだ。3⽉14⽇に初の全国流通盤となるインティーズ盤ミニアルバム「きみとわたしとメロンソーダ」をリリース、3⽉から7⽉にかけて初の47都道府県ライブツアーを開催。日本全国のCDショップやライブハウスを車でまわった。11⽉には2nd ミニアルバム「とけたアイスの味は青かった」をリリースし、初の東阪ツアーを実施。2019年には3rd ミニアルバム「ありのままピーチ」をリリース。決して器用なタイプでもなく、優等生でもない。そんな みきなつみ が不器用ながらも、まっすぐに伝える歌詞が同世代の男女に共感されている。



 

この記事の画像一覧

(全4枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP