音楽ファンのあいだでは非常に評価が高い名曲

カンニング竹山とCalmeraによる、左とん平の名曲「ヘイ・ユウ・ブルース」カバーがYouTubeチャンネル「blackboard」にて公開!

カンニング竹山とCalmeraによる、左とん平の名曲「ヘイ・ユウ・ブルース」カバーがYouTubeチャンネル「blackboard」にて公開!

2021/04/02

カンニング竹山とCalmera
カンニング竹山とCalmera
カンニング竹山とCalmera

 

カンニング竹山と大阪発エンタメジャズバンドCalmeraによるユニット、タケヤマカルメラがYouTubeチャンネル「blackboard」で、左とん平の名曲「ヘイ・ユウ・ブルース」のカバーを披露した。
 
「ヘイ・ユウ・ブルース」は、1973年にリリースされた、俳優・左とん平のデビューシングル。90年代にスチャダラパーがサンプリングで使用したことがキッカケで7インチやCDとして再リリースされるなど、音楽ファンのあいだでは非常に評価が高い名曲。その名曲をカンニング竹山×Calmeraによるユニット=タケヤマカルメラがカバー。歌詞もあらたに、タイトルも「ヘイ・ユウ・ブルース ~許せ、友よ~」となってYouTubeチャンネル「blackboard」で公開された。
 
blackboardは大きな黒板を前にアーティストが先生となり、楽曲を教科書として「歌に込められたメッセージ」を視聴者に伝えにきてくれるYouTubeチャンネル。「もしもあのアーティストが自分の学校の先生だったら…」「もしもあのアーティストが自分の教室で歌を歌ってくれたら・・・」、そんな夢が叶うだけでなく、楽曲を歌い終わったあと、チョークで書かれた黒板の歌詞を消すシーンも印象的。
 
黒板には、「ヘイ・ユウ・ブルース」のロゴに加えて、楽曲内の印象的なフレーズが巨大フォントで表現されており、その黒板の前で披露されるカンニング竹山のパフォーマンスは、自身にむけたと思われる怒りや葛藤に満ちた、きわめて真剣な、臨場感のある映像となっている。
楽曲は同日から各ストリーミングサイトでも配信開始。
 

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP