本日公開!!

【細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』】歌姫”Belle”が歌う劇中歌「歌よ」の中村佳穂による弾き語りミュージックビデオが公開!

【細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』】歌姫”Belle”が歌う劇中歌「歌よ」の中村佳穂による弾き語りミュージックビデオが公開!

2021/07/16

Belleアーティスト写真

Belleアーティスト写真

「歌よ」弾き語りMVサムネイル画像

 

細田守監督・最新アニメーション映画『竜とそばかすの姫」の歌姫“Belle”が歌う劇中歌「歌よ」の先行配信が本日7/16(金)に映画の全国上映と同時にスタートした。さらに、音源の先行配信に伴いミュージックビデオもYouTube東宝MOVIEチャンネルにて公開。ミュージックビデオでは映画でBelleを演じた中村佳穂がピアノ弾き語りで「歌よ」を披露している。
 
【「歌よ」 MUSIC VIDEOクレジット】
Director : Tomokazu Yamada, Kanta Mochida, Kaho Nakamura
Director of Photography : Tomokazu Yamada
Lighting director : Ryoto Iwabuchi
Hair Make : Masaki Sugaya
Stylist : Kaho Nakamura
Camera Chief Assistant:Yuki Shiratori
Lighting Assistant:Yuki Ogawa
Assistant Director : Akari Eda
Recording & Mix Engineer: Taiji Okuda(studio MSR)
Colorist : Haruka Ariga
Special thanks : Music Library & cafe BRANDIN
Prodution : Tokyo Film
 
team AINOU : Yuki Kumano, Akiko Miyaji, Hajime Ichihashi
 
【「歌よ」楽曲クレジット】
作詞:中村佳穂 作曲・編曲:Ludvig Forssell 歌:中村佳穂
Orchestra:Ensemble FOVE Programming:Ludvig Forssell
 
作品概要
Belle 配信シングル
・7/16(金)配信 Belle「歌よ」
・7/23(金)配信 Belle「心のそばに」
・7/30(金)配信 Belle「はなればなれの君へ Part1」

 
7/16(金)単曲先行配信 Belle「歌よ」ジャケット写真

7/16(金)単曲先行配信 Belle「歌よ」ジャケット写真

7/23(金)単曲先行配信 Belle「心のそばに」ジャケット写真

7/23(金)単曲先行配信 Belle「心のそばに」ジャケット写真

7/30(金)単曲同時配信 Belle「はなればなれの君へ Part1」ジャケット写真

7/30(金)単曲同時配信 Belle「はなればなれの君へ Part1」ジャケット写真

7/30(金)先行配信「竜とそばかすの姫」オリジナル・サウンドトラック ジャケット写真

7/30(金)先行配信「竜とそばかすの姫」オリジナル・サウンドトラック ジャケット写真

■「竜とそばかすの姫」オリジナル・サウンドトラック
 
2021年7月30日 先行配信スタート
 
2021年8月18日  CDパッケージ発売
価格:3,300円(3,000円+税)
品番:BVCL-1173
初回仕様限定:三方背スリーブケース入り
 
<CDパッケージトラックリスト>
01. ささやき
02. Sligshot
03. 遠い音色
04. Blunt Words
05. 歌よ
06. 儚い日常
07. 導き
08. いざ、リラを奏でて歌わん
09. Fama Destinata
10. 竜
11. ジャスティン
12. アンベイル
13. 電網鼓動
14. 竜の城
15. 心のそばに(鈴)
16. 手のひらの戦乱
17. 強襲
18. 心のそばに
19. #UnveilTheBeast
20. 倨傲の権力
21. 竜の城、燃ゆ
22. 潜む真実
23. 心のそばに(知くん)
24. 不信
25. はなればなれの君へ Part1
26. はなればなれの君へ Part2
27. はなればなれの君へ Part3
28. はなればなれの君へ Part4
29. 糸口
30. 素顔
31. 辿り着いた空
32. はなればなれの君へ(reprise)
 
映画「竜とそばかすの姫」
▼ストーリー
自然豊かな高知の村に住む17歳の女子高校生・すずは、幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>に参加することに。<U>では、「As(アズ)」と呼ばれる自分の分身を作り、まったく別の人生を生きることができる。歌えないはずのすずだったが、「ベル」と名付けたAsとしては自然と歌うことができた。ベルの歌は瞬く間に話題となり、歌姫として世界中の人気者になっていく。数億のAsが集うベルの大規模コンサートの日。突如、轟音とともにベルの前に現れたのは、「竜」と呼ばれる謎の存在だった。乱暴で傲慢な竜によりコンサートは無茶苦茶に。そんな竜が抱える大きな傷の秘密を知りたいと近づくベル。一方、竜もまた、ベルの優しい歌声に少しずつ心を開いていく。やがて世界中で巻き起こる、竜の正体探し(アンベイル)。<U>の秩序を乱すものとして、正義を名乗るAsたちは竜を執拗に追いかけ始める。<U>と現実世界の双方で誹謗中傷があふれ、竜を二つの世界から排除しようという動きが加速する中、ベルは竜を探し出しその心を救いたいと願うが――。現実世界の片隅に生きるすずの声は、たった一人の「誰か」に届くのか。二つの世界がひとつになる時、奇跡が生まれる。もうひとつの現実。もうひとりの自分。もう、ひとりじゃない。
 
▼原作・脚本・監督
細田守
1967年、富山県出身。1991年に東映動画(現・東映アニメーション)へ入社し、アニメーターを経て演出(監督)になる。1999年に『劇場版デジモンアドベンチャー』で映画監督としてデビューを果たす。その後、フリーとなり、『時をかける少女』(06)、『サマーウォーズ』(09) を監督し、国内外で注目を集める。11年、プロデューサーの齋藤優一郎と共に、自身のアニメーション映画制作会社「スタジオ地図」を設立し、『おおかみこどもの雨と雪』(12) 、『バケモノの子』(15)でともに監督・脚本・原作を手がけた。最新作『未来のミライ』(監督・脚本・原作)は第71回カンヌ国際映画祭・監督週間に選出され、第91回米国アカデミー賞の長編アニメーション映画賞や第76回ゴールデングローブ賞のアニメーション映画賞にノミネートされ、第46回アニー賞では最優秀インディペンデント・アニメーション映画賞を受賞した。
 
▼企画・制作:スタジオ地図
▼製作幹事:スタジオ地図有限責任事業組合(LLP)・日本テレビ放送網 共同幹事
▼映画公式ホームページ:https://ryu-to-sobakasu-no-hime.jp/
▼映画公式twitter: @studio_chizu
 

この記事の画像一覧

(全6枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP