島根県出身のギターレス・ピアノ・トリオバンド

Omoinotake、最新曲「EVERBLUE」が10月1日放送開始のTVアニメ「ブルーピリオド」主題歌に決定!(今夜22時からトークライブをYouTube生配信)

Omoinotake、最新曲「EVERBLUE」が10月1日放送開始のTVアニメ「ブルーピリオド」主題歌に決定!(今夜22時からトークライブをYouTube生配信)

2021/09/09

Omoinotake

Omoinotake

TVアニメ「ブルーピリオド」

TVアニメ「ブルーピリオド」

島根県出身の藤井レオ<Key/Vo>、福島智朗(エモアキ)<Ba/Cho>、冨田洋之進(ドラゲ)<Dr/Cho>からなるギターレス・ピアノ・トリオバンドOmoinotakeの最新曲「EVERBLUE」が、 10月1日放送開始のTVアニメ「ブルーピリオド」のオープニングテーマに決定した。

「ブルーピリオド」(著者:山口つばさ)は講談社「月刊アフタヌーン」にて好評連載中の、高校生・矢口八虎が美しくも厳しい美術の世界へ身を投じ、美大を目指して青春を燃やす物語。コミックは累計400万部を突破し、『マンガ大賞2020』も受賞した本作のTVアニメ化に期待が高まっている。

オープニングテーマを担当するに際し、Omoinotakeは『TVアニメ「ブルーピリオド」のオープニング曲を担当しますOmoinotakeです。「創造すること」への苦悩や素晴らしさの詰まった、この素敵な作品に携わることができ光栄に思います。僕らは「才能」なんてひとつも持ち合わせていない3人でした。「じゃあどうすればいいんだろう」と何年も試行錯誤を続けた末にたどり着いた場所は、ブルーピリオドの舞台でもある、渋谷でのストリートライブでした。「好きなことをやるって いつでも楽しいって意味じゃないよ」八虎の言葉に自分たちを重ねて、溢れた言葉とメロディをひとつの歌にしました。今日に至るまで、9年間このバンドを続けてきた僕らは「描くことが好き」という八虎と同じく、ただただ「音楽が好き」なんだと思います。そんなブルーピリオドのオープニング曲として、描き上げた「EVERBLUE」。コンプレックスも葛藤も、初期衝動の青さも苦悩も、そしてきっとその先に待っている希望も、全てを閉じ込めました。どうかたくさんの方が、この青い願いに、心を重ねてくださいますように。』とコメントしている。そんなOmoinotakeは現在8週連続で『無観客オンライン・ストリートライヴ・ツアー「#NoBuskNoLife」』を自身のYouTubeチャンネル( https://www.youtube.com/c/Omoinotake )にて配信中で、いよいよ明日9月10日(金)に最終回を迎える。今夜22:00からは、ファイナル直前スペシャルとして、トークライブも生配信予定。
 
TVアニメ「ブルーピリオド」は、2021年10月1日から毎週金曜25時25分よりMBS/TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム”枠、10月3日より毎週日曜23時00分よりBS朝日、10月7日より毎週木曜日21時00分よりAT-Xにて放送が決定。加えてNetflixにて9月25日より毎週土曜日にテレビ放送より国内先行配信が決定している。
 
【LIVE STREAMING】
8週連続配信中!! 無観客オンライン・ストリートライヴ・ツアー
「#NoBuskNoLife」ファイナル公演
9月10日(金)22:00〜
https://www.youtube.com/c/Omoinotake
 
※ファイナル直前SPトークライヴ
9月9日(木)22:00〜
同チャンネルにて生配信
※アーカイヴ無
 
 
【プロフィール】
藤井レオ(Vo&Key)、福島智朗(Ba&Cho)、冨田洋之進(Dr&Cho)のギターレス構成。中学生の同級生だった彼らは2012年に結成。渋谷を中心にストリートをはじめとするライヴを重ね人気を獲得してきた。配信シングル「モラトリアム」は自身初のタイアップ劇場アニメ「囀る鳥は羽ばたかない The clouds gather」の主題歌に起用され、話題を集める。YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」にインディーズながら初登場。20年11月に配信された「産声」は、テレビ東京「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」のドラマOPに起用され、2021年ネクストブレイクアーティストとして注目されている。
 

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP