シド明希のソロプロジェクト

AKi、12月18日(土)・19日(日)SHIBUYA STREAM HALLにて2年ぶりのバンドスタイルのライブとファンイベントを開催!

AKi、12月18日(土)・19日(日)SHIBUYA STREAM HALLにて2年ぶりのバンドスタイルのライブとファンイベントを開催!

2021/12/22

AKi LIVE 2021 『NEW ERA』

写真:上原 俊

AKi LIVE 2021 『NEW ERA』

 

AKi LIVE 2021 『NEW ERA』

 

AKi LIVE 2021 『NEW ERA』

 

AKi LIVE 2021 『NEW ERA』

 

AKi LIVE 2021 『NEW ERA』

 

AKi LIVE 2021 『NEW ERA』
AKi FAN EVENT 2021 LIMITED SPACE #02 - X'mas Special -
12月18日(土)・19日(日)@SHIBUYA STREAM HALL

 
 
AKiが12月18日(土)にワンマンライブ<AKi LIVE 2021 『NEW ERA』>、19日(日)にファンイベント<AKi FAN EVENT 2021 LIMITED SPACE #02 - X'mas Special ->を、共にSHIBUYA STREAM HALLにて開催した。
 
コロナ禍でも配信でライブを届け続け、7月にはアコースティック編成でのツアーを敢行したAKiだったが、バンドスタイルでの有観客ライブは、2019年の<AKi LIVE 2019 「SCREAM」 #01>以来2年ぶり。自身の真骨頂と言えるバンドスタイルでのライブでいきいきと音を鳴らしたAKiは、この日を待ちわびたファンとの再会の喜びを分かち合い、ファンイベントで感謝の気持ちをたっぷり届けた。
 
 18日(土)はバンドセットでのワンマンライブ<AKi LIVE 2021 『NEW ERA』>。開演時間を迎え、SEと手拍子、そしてファンの大きな期待を浴びながらステージに登場したメンバーとAKi。満員のフロアを見て喜びを隠しきれないAKiは笑顔を見せながらベースを背負うと、メロイックサインを高らかに挙げて、「FREAK SHOW」でライブの幕を開ける。重厚なベース、タフなバンドサウンド、パワフルなヴォーカル。一音一音を確認するように、そして観客にしっかり届けるように演奏するAKiに、フロアから掛け声代わりの手拍子や拳が上がる。

「Be Free」、「FAIRY DUST」と続き、どっしりしたバンドサウンドと気持ちを乗せたヴォーカルで会場の熱を上げていった前半戦。「The Inside War」では熱のこもった渾身の歌と演奏に、観客が両手を挙げて心の大合唱で応える。会場中の気持ちがひとつになったことを確認したAKiは「ようこそ渋谷!」と嬉しそうな表情を浮かべると、フロアに投げキッスを送った。
 
「約2年ぶりのバンドでのライブです。今年はアコースティックでライブしたり、シドでもツアーをしたり、色んなスタイルでライブをやってきたけど。このスタイルが俺の原点なので、今日は一緒にとことん原点回帰していきたいと思います」と、MCでこのライブに掛ける思いを語ったAKi。「ここまで日常が戻って来たんだよ!? これはこの2年間、みんながライブのルールを守って、俺たちも音楽を守り続けてきた証拠だと思ってます。どんな時も離れず、こうして来てくれるみんながいるからやってこれました。本当にありがとう」とファンに感謝の言葉を告げ、「今日はとことん暴れようぜ!」と煽り始まった曲は「Collapsing」。

さらに「共犯」、「SCREAM」と続く楽曲たちは、昨年6月にリリースされたアルバム『Collapsed Land』の収録曲。「新曲というには少し時間が経ちすぎちゃったけど」と語るこれらの曲は、昨年夏に開催予定だったリリースツアーが新型コロナの影響で開催出来なくなり、ライブで生披露出来ていなかった楽曲たち。生で観るのは初めてなので、ステージに見惚れたり、体を揺らしたりと、それぞれのスタイルで演奏を楽しむ観客の姿が新鮮に見えたが、配信ライブですでに何度か披露しているAKiとバンドメンバーはたっぷり気持ちを込めた歌と演奏で丁寧に楽曲世界を描きながら、配信ライブにはない生の反応に興奮と喜びが隠せない様子だった。

3曲の演奏を終えるとAKiは、「「Collapsing」は去年、こういう状況になって作った曲。想いを込めてやっと届けることが出来ました。初披露だったので、ここからどんどん育ってくれると思っています」と万感の思いを語った。
 
「Wait for You」、「pray」とミディアムテンポの曲が続いて会場が温かい雰囲気に包まれる中、コロナ禍も共に戦ってきたバンドメンバーを紹介し、「ロックンロールしませんか?」と始まった終盤戦。「HEADZ UP」、「Brave New World」とアッパーな曲が続くと、再びフロアが熱を帯びる。フロア中から拳が上がり、大きな盛り上がりを見せた「All Through The Night」でライブのクライマックスを生むと、「みんなタオル持ってる?」とAKiが呼びかけ、披露した本編ラストは「狂奏夏」。夏が戻って来たような熱気と興奮が会場を包むと、昨年の夏、今年の夏と会えなかった時間を取り戻すかのようにそれぞれが想いを込めてタオルを回し、会場中の気持ちがひとつになったところで本編が終了した。
 
鳴り止まないアンコールに再び登場したAKi。「新曲持って来ました」とアンコール1曲目に用意した曲は、この日のライブタイトルでもある新曲「NEW ERA」。「“NEW ERA=新時代”って意味で、新時代を感じてるいまの気持ちと、みんなと一緒に歩み、探し続ける新しい時代を想像して作りました」と始まった新曲は、まさに新時代を切り拓くエネルギーに満ちた、勇ましく前向きなロックチューン。新曲でみんなの心に着火した炎は「ミッドナイト/狂騒/DARLING:」、「libido」と続くライブ定番曲でさらに大きく燃え盛り、この日2度目のクライマックスを生み出す。アンコールラストに披露された曲は「STORY」。

一音一音に込められた想いにグッと胸を締め付けられたこの曲は、約2年ぶりの再会となった大事なライブをしっかり締めくくりながら、ここから始まる新しい物語への決意を表しているようにも聴こえた。全ての演奏を終え、「最高の想い、受け取りました。日常が音楽が戻って来てることをみんなに教えられて、マジで感動しました。本当にありがとうございました!」と、観客に深々と頭を下げたAKi。ファンと再会の喜びを分かち合い、日常がここまで戻って来たことを確認し合い、新しい時代を共に歩む約束を交わした、重要な意味を持つこの日のライブ。見届けることが出来て、本当に良かったと心から思った。
 
翌19日(日)は、ファンイベント<AKi FAN EVENT 2021 LIMITED SPACE #02 - X'mas Special ->。ファンへの感謝の気持ちを直接届けるべく、2ショット撮影会、トークショー&抽選会、そしてアコースティックライブという豪華すぎる内容で構成されたこのイベント。開演時間となり、AKiと進行役の星野卓也がステージに登場。本日のイベント内容を説明すると、ファンが一人ずつステージに上がり、AKiと写真撮影をする2ショット撮影会がスタート。ファンにとって至福の時間を過ごした後はトークショー。『AKiの2021年の活動を振り返る』をテーマに、オンラインバースデーイベント、配信ライブ、アコースティックライブツアー、シドのライブツアーなど、濃厚だった2021年の活動を振り返ったAKi。お楽しみ抽選会では、ライブで着用したTシャツやブーツ、私物のハットやアクセサリーなど豪華賞品を大放出。嬉しいクリスマスプレゼントにファンが歓喜した。
 
イベント後半は、アコースティックライブ。今年6月より行った<AKi Tour 2021 『reunite』 - Unplugged Live ->ツアーを共に回ったメンバーとクリスマスパーティーを連想させるシックな衣装で登場したAKi。「Diminish」で静かにゆったりとライブが始まると、バンドライブとは異なる美しく繊細な歌声で観客を魅了。一曲歌い終えると、「今日は一曲ごとに曲の話をしながら、一緒にゆっくりたっぷりライブを作り上げていきましょう」とこの日を特別な夜にすることを約束したAKi。しっとりした演奏にハイトーンヴォーカルが映える「The Inside War」、AKiがベースでリードするバンドアンサンブルが美しく心地よい「Path of Light」と続き、楽曲制作秘話も交えつつ、アコースティック編成ならではの歌と演奏で魅せた前半戦。「Skyfall」では優しいギターに乗せた情感溢れる歌声を聴かせ、「アコースティックアレンジにしようと全然思えなかった」と語る「ジウ」では底なしのディープな世界観を歌で表現。ヴォーカリストとしての表現の豊かさや多面的な魅力を存分に見せた。
 
MCでは約半年ぶりにこのメンバーと一緒に演奏出来る喜びを語り、和やかな雰囲気でメンバー紹介をすると、「クリスマスパーティーに相応しい、笑顔で聴ける曲にアレンジしてきました」と「pray」を披露。原曲とは印象が異なる、切ない中に開放感や希望のあるアレンジで聴かせると観客の大きな拍手を受け、「クリスマスライブ、楽しいね」と笑顔を見せる。続いて、「日頃、みんなからもらってる愛や想いに感謝を込めて」と優しくささやくように歌った「My Love」を丁寧に一人ひとりに届けると、「これはわりとレアな選曲になるんじゃないでしょうか?」と感傷的なファルセットが胸に迫る「LOOP」を披露。歌や演奏が限りなく近いところから響き、細やかな感情まで伝わる臨場感はやはり生のライブだからこそ。歌声に酔いしれたり、手拍子を打ったりと、この贅沢な時間を自由に楽しむファンの表情は、マスク越しながら笑顔に溢れているのが分かる。
 
「SCREAM」、「Day 1」と続くと、いよいよ終盤戦。ゆったり壮大なサウンドと伸びやかな歌声で優しく会場を包み込んだ「tonight.」を披露すると、「今年一年、色んなことに挑戦して。そのたび、みんなの応援してくれる声がしっかり届いて、ここまで途切れずにやってこれました。ありがとうだけじゃ足りないくらいの愛を受け取ったんで、来年はもっと良い音楽と良い夢をみんなと見れたらいいなと思います」と改めてファンへの感謝の言葉を告げたAKi。ラストに感謝の気持ちを込めた「Wait for You」を披露すると、会場中が手を振り合わせて、幸福感溢れる中でライブは終演。AKiからファンへの感謝の気持ちがしっかり伝わる、温かみに溢れたファンイベントとなった。
 
なお、AKiは12月27日(月)日本武道館にて行われる、DANGER CRUE設立40周年記念イベント<DANGER CRUE 40th Anniversary JACK IN THE BOX 2021 supported by MAVERICK DC GROUP>に、MDC 40th Anniversary SUPER ALL STARSとして出演。12月31日(金)には神奈川・Thunder Snake ATSUGIにて、<AKi LIVE 2021 『NEW ERA』 追加公演 New Year’s Eve Special>を開催。詳細は公式ホームページを確認して欲しい。
 
■AKi LIVE 2021 『NEW ERA』
2021年12月18日(土) SHIBUYA STREAM HALL

SET LIST
 
01. FREAK SHOW
02. Be Free
03. FAIRY DUST
04. The Inside War
05. Collapsing
06. 共犯
07. SCREAM
08. Wait for You
09. pray
10. HEADZ UP
11. Brave New World
12. All Through The Night
13. 狂奏夏
 
En01. NEW ERA
En02. ミッドナイト/狂騒/DARLING:
En03. Libido
En04. STORY
 
 
■AKi FAN EVENT 2021 LIMITED SPACE #02 - X'mas Special -
2021年12月19日(日) SHIBUYA STREAM HALL

SET LIST
 
01. Diminish
02. The Inside War
03. Path of Light
04. Skyfall
05. ジウ
06. pray
07. My Love
08. LOOP
09. SCREAM
10. Day 1
11. tonight.
12. Wait for You
 
 
イベント情報
■DANGER CRUE 40th Anniversary JACK IN THE BOX 2021 supported by MAVERICK DC GROUP
2021年12月27日(月) 日本武道館 OPEN 14:00 / START 15:00
【チケット料金】前売 ¥8,800(全席指定・税込)
【チケット発売中】 詳細は、JACK IN THE BOX 2021オフィシャルサイト http://www.jack-itb.com/

 

この記事の画像一覧

(全6枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP