新プロジェクト『SUZUHANA』の始動を発表!

和楽器バンドのボーカル・鈴華ゆう子、ソロライブ「Jazzy Night 2022」を開催!

和楽器バンドのボーカル・鈴華ゆう子、ソロライブ「Jazzy Night 2022」を開催!

2022/05/23

鈴華ゆう子

 

鈴華ゆう子

 

鈴華ゆう子

 

鈴華ゆう子

 

鈴華ゆう子

 

鈴華ゆう子

 

鈴華ゆう子

写真:KEIKO TANABE

和楽器バンドのヴォーカル鈴華ゆう子のソロライブ「Jazzy Night 2022」が、Billboard Live TOKYOにて開催された。本ライブは、自身のソロ楽曲やカバーなど、“いつもとは一味違ったJazzyな雰囲気”で開催され、和楽器バンドや華風月はもちろん、自身のソロライブでも行ったことがない、ピアノトリオ編成で行われた。

ソロ楽曲「うたいびと」から始まった本ライブは、和楽器バンドの「シンクロニシティ」をピアノトリオ編成で披露し、序盤から会場のムードを高めていった。ライブ中盤では、ORIGINAL LOVEの「接吻」をボサノバ風アレンジでカバー、森山直太郎から楽曲提供を受けたソロ楽曲「カンパニュラ」など、鈴華の力強くもきらびやかな歌声が会場中に響き渡った。

ライブ終盤では、和楽器バンドの人気曲「月下美人」、ピアノの連弾演奏のパフォーマンスなど一夜限りの特別な演出が続き、感動的なムードで本編が締めくくられた。鳴り止まないアンコールの拍手に応え再びステージに登場、自身が好きな沖縄の三線を手に「童神~天の子守唄~(Cover)」を披露、その後のMCでは、“音楽と花”をテーマとしたソロプロジェクト「SUZUHANA」の立ち上げを発表し会場の興奮が高まる中、サプライズで新曲「泥棒猫」を披露。感動的なムードで二度目となるソロライブ「Jazzy Night 2022」が幕を下ろした。

■新Project 『SUZUHANA』
本プロジェクトは、シンガーソングライター・ボーカリストとして、老若男女に支持される鈴華ゆう子を中心とし、イラストレーターやアートディレクター、コピーライターと共に、Project『SUZUHANA』クリエイティブチームを結成。誰かに想いを届けるアイテムとして、また、日々の癒しとして、花や植物を楽しむことから着想を得て、鈴華自身が “音楽×花で想いを表現するミュージックフローリスト”となり、様々な形で音楽という花を届けていきます。ソーシャルネットワーク上での活動を中心に、まだくっきり言語化されていない「感情」や「思い」を形にするアーティストとして、自分自身だけでなく、さまざまな人々のメッセージを伝えるメッセンジャーの役割を鈴花ゆう子が担う。プロジェクトスタートに際し、『SUZUHANA』の各公式SNSアカウント(TikTok/Instagram/Twitter)を公開。
プロジェクトの詳細は後日公式SNSで発表となります。

【SUZUHANA プロジェクト SNS】
◆TikTok:https://www.tiktok.com/@suzuhana_musicflorist?lang=ja-JP
◆Instagram:https://www.instagram.com/suzuhana_musicflorist/
◆Twitter:https://twitter.com/music_florist

【Jazzy Night 2022 1st STAGEセットリスト】
・うたいびと
・シンクロニシティ
・Someday My Princess Will Come いつか王子様が (slow JAZZ) 
・接吻(Cover)
・背中合わせ 
・カンパニュラ 
・りんご追分 
・チャルダッシュ (ピアノ連弾) 
・月下美人 
・Drak Spiral Journey 
-Encore -
・童神~天の子守唄~(Cover)
・泥棒猫 (新曲) 

【Jazzy Night 2022 2nd STAGEセットリスト】
・うたいびと
・シンクロニシティ
・Someday My Princess Will Come いつか王子様が (slow JAZZ) 
・接吻(Cover)
・カンパニュラ 
・戦火の灯火
・りんご追分 
・チャルダッシュ (ピアノ連弾) 
・月下美人 
・Drak Spiral Journey 
-Encore -
・童神~天の子守唄~(Cover)
・泥棒猫 (新曲) 

 

この記事の画像一覧

(全7枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP