会場は早稲田大学戸山キャンパス内の早稲田アリーナ

SUPER BEAVER、早稲田祭3年ぶりのアーティストライブに出演。『WASEDA ARENA SUMMIT Vol.3 Supported by teket』が11/5(土)に開催決定!

SUPER BEAVER、早稲田祭3年ぶりのアーティストライブに出演。『WASEDA ARENA SUMMIT Vol.3 Supported by teket』が11/5(土)に開催決定!

2022/09/30

SUPER BEAVER、早稲田祭3年ぶりのアーティストライブに出演。『WASEDA ARENA SUMMIT Vol.3 Supported by teket』が11/5(土)に開催決定!

 

2022年11月5日(土)、早稲田大学の学園祭「早稲田祭2022」にて、「SUPER BEAVER」出演のワンマンライブ『WASEDA ARENA SUMMIT vol.3 Supported by teket』の開催が決定した。会場は早稲田大学戸山キャンパス内の早稲田アリーナ(東京都新宿区戸山1丁目24−1)。

本イベントは早稲田大学公認のライブイベント企画団体である『早稲田大学UBC』、『ROCK STEADY WASEDA』、『Waseda Music Records』の三団体が共同で立ち上げた企画。2019年の早稲田祭では同じく早稲田アリーナにてBiSH出演のワンマンライブを開催し、約4000人を動員して大成功を収めた。

出演の「SUPER BEAVER」は、東京都出身の4人組ロックバンド。年間100本近くのライブを実施しながらも映画「東京リベンジャーズ」の主題歌やアニメ「僕のヒーローアカデミア」のOPテーマを担当するなど多数のタイアップを務め話題を集めている。今年10月から12月にかけては、4都市8公演のアリーナツアーを控えている。

当公演は早稲田大学の学園祭「早稲田祭2022」の初日、11月5日(土)に開催。早稲田祭は例年の来場者数が20万人を超える、日本最大規模の学園祭。2019年11月に開催された「早稲田祭2019」以来、有観客でのアーティストライブは3年ぶりとなる。

会場は早稲田大学戸山キャンパス内の「早稲田アリーナ」。2018年12月に新設された多機能型スポーツアリーナを中心とする複合施設で、早稲田大学の新たなシンボルとなりつつある。

学生チケットは10/1(土)の10:00からteketにて先着順で販売開始。※早稲田大学生でなくても、学生であれば購入可能。
一般チケットの抽選受付は9/30(金)の18:00から10/5(水)の23:59までteketにて受付。
一般チケットの先着販売は10/8(土)の10:00よりteket、イープラスにて開始する。

■イベント概要
WASEDA ARENA SUMMIT Vol.3 Supported by teket

・日時:2022年11月5日(土) 16:00 開場 / 17:00 開演
・会場:早稲田アリーナ(早稲田大学戸山キャンパス37号館)(東京都新宿区戸山1丁目24−1)
※会場概要 https://www.waseda.jp/top/news/63378
・出演:SUPER BEAVER
・料金:■一般指定席 ¥2,800
抽選販売 9/30(金) 18:00〜10/5(水) 23:59 (teketのみでの販売)
先着販売 10/8(土) 10:00〜(teket、イープラスでの販売)
■学生指定席 ¥1,800
先着販売 10/1(土) 10:00〜(teketのみでの販売)
※枚数限定/入場時学生証持参
※早稲田大学生でなくても、学生であれば購入可能
・チケット申し込み:https://teket.jp/g/67meky44dg (teket)
https://eplus.jp/sf/detail/3729980001-P0030001 (イープラス)
・定員:3000席
・イベント公式サイト:https://sites.google.com/view/wasedaarenasummit2022
・イベント公式Twitter : https://twitter.com/w_summit2019
・イベント公式Instagram : https://www.instagram.com/wasedaarenasummit
・主催:WASEDA ARENA SUMMIT 実行委員会 (早稲田大学UBC、ROCK STEADY WASEDA、Waseda Music Records)


■出演者
SUPER BEAVER(スーパービーバー)

渋谷龍太(Vo)、柳沢亮太(G)、上杉研太(B)、藤原“34才”広明(Dr)の4人によって2005年に東京で結成された。2009年6月にEPICレコードジャパンよりシングル「深呼吸」でメジャーデビュー。2011年に活動の場をメジャーからインディーズへと移し、年間100本以上のライブを実施。2012年に自主レーベルI×L×P× RECORDSを立ち上げたのち、2013年にmurffin discs内のロックレーベル[NOiD]とタッグを組んでの活動をスタートさせた。2018年4月には初の東京・日本武道館ワンマンライブを開催。11月にはインディーズながらシングル「予感」がテレビドラマ「僕らは奇跡でできている」の主題歌に抜擢され話題を呼ぶ。2019年11月に兵庫・ワールド記念ホールと2020年1月には東京・国立代々木競技場第一体育館で初のアリーナ単独公演を行った。結成15周年を迎えた2020年、Sony Music Recordsと契約を結んだことを発表。約10年ぶりのメジャー再契約となる。5月27日に発売された『LIVE VIDEO 4 Tokai No Rakuda at 国立代々木競技場第一体育館』が6/8付オリコン週間総合音楽DVD・BDランキングにて第1位を記録。6月10日に発売された両A面シングル『ハイライト / ひとりで生きていたならば』がiTunes ロックチャートにて1位と2位を獲得。「ひとりで生きていたならば」が、中条あやみ主演映画『水上のフライト』の主題歌に起用され、その後リリースしたシングル「突破口」がTVアニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』第2クール オープニングテーマに抜擢される。12月9日に横浜アリーナにて無観客で開催された無料生配信ライブでは、同時視聴数7万人、アーカイヴ無しにもかかわらず総視聴数36万回と話題を呼んだ。2021年2月3日に待望のニューアルバム「アイラヴユー」をリリースし、数々のチャートにランクイン。収録曲「時代」がNTT西日本のCMソングに抜擢される。その後、5月19日リリースの最新シングル『愛しい人』がテレビ朝日系金曜ナイトドラマ「あのときキスしておけば」の主題歌に起用され、アサヒスーパードライ WEB CMソングに「人として」が起用される。新曲「名前を呼ぶよ」が、人気コミックス原作の話題の映画『東京リベンジャーズ』の主題歌を務める。2021年10月から11月にかけて、さいたまスーパーアリーナを含む3都市6公演のアリーナツアーを開催しチケットは完売。2022年2月23日(水)にはフルアルバム『東京』を発売することが決定。併せて全国ホール・ツアーを発表。10月から12月に自身最大規模となる4都市8公演のアリーナツアーも控えており、今最も注目のロックバンド。

◆SUPER BEAVER OFFICIAL HP&SNS
HP:http://super-beaver.com/
Twitter:https://twitter.com/super_beaver/
Instagram:https://www.instagram.com/superbeaver_official/
TikTok:https://vt.tiktok.com/ZSJ4kPjBv/


■注意事項
<会場内での注意事項>
・会場には駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用の上ご来場をお願いします。
・会場内では飲食禁止となります。
・会場撤収時間の関係で、公演後は速やかにご退場をお願いします。
<運営に関する注意事項>
・主催者、会場、アーティストは、会場内での事故・紛失・盗難・ケガ・病気等の責任を一切負いません。
・ステージ演奏中の録音/撮影は禁止いたします。
・歓声や声援を発声すること、モッシュ、ダイブ、その他周囲との接触行為につながる行為は厳禁となります。
・会場内において、スタッフの指示に従わない方や、他の来場者への迷惑行為が認められた場合には直ちにご退場いただきます。その場合のチケットの払い戻しは一切行いません。
<新型コロナウイルス感染対策>
新型コロナウイルス感染状況や政府・自治体からの発表内容によって、下記に該当する方のご来場はお控えください。
・公演当日から1週間以内に、37.5℃以上の発熱のある方
・新型コロナウィルスの陽性者および濃厚接触者としての療養期間、自宅待機期間内の方
・公演当日から7日以内に、37.5℃以上の発熱がありPCR検査で陰性を確認されていない方
・公演当日から7日以内に、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、眼の痛みや結膜の充血、頭痛、関節・ 筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐等の症状がありPCR検査で陰性を確認されていない方
・政府から入国制限ならびに入国後の観察期間を必要とされている国・地域等へ渡航歴があり、その観察期間内の方
・泥酔、酩酊されている方

新型コロナウイルスの感染による体調不良や濃厚接触による外出禁止などいかなる理由でご来場ができない場合でも、払い戻しはいたしません。予め御了承ください。

・就学前児を除き、入場にはマスク着用が必須となります。
・入場時には、手指のアルコール消毒にご協力お願いします。
・入退場時は、密集を避けるため、時間差で入退場をご案内する場合がございます。係員が誘導いたしますので、ご協力お願いいたします。
・新型コロナウイルス感染拡大による政府・自治体の発表内容に従い、開催内容の変更や公演を中止とさせていただく場合がございます。
・お客様の安全確保のため、本ガイドラインは予告なく改訂されることがあります。また、ご来場いただく方はすべて、本ガイドラインにご同意いただいたものとみなします。
・本公演は本ガイドラインおよび、早稲田祭2022の新型コロナウイルス感染予防ガイドラインに則ります。早稲田祭2022のホームページも合わせてご参照ください。


■WASEDA ARENA SUMMIT実行委員会 3団体概要
・早稲田大学UBC
創立69年を迎える、早稲田大学公認ライブイベント企画サークル。毎年ライブハウスや野外ステージにおいて、新しい音楽との出会いの場、音楽の可能性を広げるというコンセプトのもとライブイベントを企画運営しております。
Twitter:https://twitter.com/ubc_waseda
Mail:ubc.waseda.info@gmail.com

・ROCK STEADY WASEDA
早稲田大学公認の音楽イベント企画サークル。2010年『ロックの学園×早稲田祭2010 SCHOOL JACK!』の企画・運営団体として設立。2014年の早稲田祭では、早稲田大学記念会堂 (キャパ4000人規模)において岡村靖幸と清竜人25のツーマンライブ『4限に君とまちあわせ』を開催。早稲田祭での企画のほか、主に下北沢・新宿のライブハウスで年間5~6本のライブ企画を行っております。
HP  : https://rocksteadywaseda.tumblr.com
Twitter : https://twitter.com/rs_waseda
Mail   : rock.steady555@gmail.com

・Waseda Music Records
『早稲田から音楽シーンをアツくする』をモットーに、大学生アーティストと音楽リスナーとをつなぐ架け橋として大学軽音の場を盛り上げるべく活動している、早稲田大学公認の音楽レーベルサークル。ライブイベントの企画・運営、学生アーティストのプロデュース、ポッドキャスト・YouTubeチャンネルやフリーペーパーの制作など、制作・情報発信も行っております。2021年にはSPACE SHOWER MUSICと合同で学生アーティスト発掘企画『michikai』を行いました。
HP:https://wasedamusicrecords.studio.site/
Twitter:https://twitter.com/WaseReco_info
Mail:wasedamusicrecords@gmail.com



この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP