約6年8カ月ぶり

聖飢魔II、松戸・森ノホール21を皮切りに聖飢魔II期間再延長再集結「35++執念の大黒ミサツアー」全国ツアースタート!!

聖飢魔II、松戸・森ノホール21を皮切りに聖飢魔II期間再延長再集結「35++執念の大黒ミサツアー」全国ツアースタート!!

2022/10/17

聖飢魔II、松戸・森ノホール21を皮切りに聖飢魔II期間再延長再集結「35++執念の大黒ミサツアー」全国ツアースタート!!

 

聖飢魔II、松戸・森ノホール21を皮切りに聖飢魔II期間再延長再集結「35++執念の大黒ミサツアー」全国ツアースタート!!

 

聖飢魔II、松戸・森ノホール21を皮切りに聖飢魔II期間再延長再集結「35++執念の大黒ミサツアー」全国ツアースタート!!

 

聖飢魔II、松戸・森ノホール21を皮切りに聖飢魔II期間再延長再集結「35++執念の大黒ミサツアー」全国ツアースタート!!

 

10月16日松戸・森ノホール21を皮切りに、聖飢魔Ⅱの期間再延長再集結「35++執念の大黒ミサツアー」が約6年8カ月ぶりにスタートした。
 
聖飢魔IIは、魔暦元年(‘99)12月29日〜31日に(当時の東京ベイNKホール)行われた解散大黒ミサで地球征服を完了し解散。その後人類の悪魔化を視察する為に国内外をはじめ約5年おきに[魔暦7(‘05)年、魔暦12(‘10)年、魔暦17(‘15年)]、期間限定で再集結し大黒ミサツアーを行なって来た。

だが魔暦22(‘20)年、地球デビュー35周年を記念する期間限定再集結を前に新型コロナウイルス蔓延の煽りを受け、2年連続でホールとアリーナを含む全国「大黒ミサツアー」を、ヴィデオ黒ミサ&生トーク、アコースティックを中心にした変異生黒ミサツアーに変更せざるを得なかった。聖飢魔IIは地球デビュー35周年の大黒ミサツアーを本来の形で行うために、そして何より救いを求める信者のために再集結期間を2年延長し、今年真の35周年を執念で実現させたのである!
 
さらにゼウスの妨害を逆手に取り、この2年の間に、23年振りとなる新譜大教典『BLOODIEST』を9月21日発布。本作品は、魔暦24 (‘22)/10/3付 オリコン週間アルバムランキング第4位を獲得した。聖飢魔II のTOP10入りは『恐怖のレストラン』[魔暦前7(’92/10/21発布)]の11/2付 第8位以来の29年11ヶ月振りのチャートインとなり、解散後も増え続ける多くの信者達が23年の時を経て更なる聖飢魔IIの音楽に酔いしれ悪魔教に貢献した。
 
そして今年9月18日氣志團万博で姿を表した聖飢魔IIは、大トリに相応しい衝撃のステージを見せ、いよいよ遂行された約7年振りの真の大黒ミサツアー初日では、さすがは大ベテランと言える貫禄のステージングと、若々しいキレのある演奏と歌唱を見せつけ、即日SOLD OUTとなったプラチナチケットを持った信者が、胸躍らせコロナというゼウスの妨害にも負けず、全身全霊で構成員と一体となり、また思いもよらぬ楽曲や演出で会場がヒートアップしていった。
 
更にクライマックスに向かっていくと、突如閣下がMCでアントニオ猪木氏について語った。「吾輩とルーク参謀はよく新日本プロレスの1・4東京ドームに行っていたのだが、今日は先日亡くなったアントニオ猪木氏の冥福を祈りたいと思う」と信者と共に1・2・3・ダー!と拳を挙げて追悼した。そして大黒ミサのラストを飾る数曲では涙する信者達も多数見られ、熱狂に包まれる初日は幕を閉じた。
 
聖飢魔Ⅱは今後、10月29日(土)に「tvk・ぴあ 50th anniversary LIVE 2022~感謝のカタチ~」にも出演、先日発表された魔暦25(‘23)年2月25日国立代々木第一体育館まで、全国15公演が開催される。聖飢魔Ⅱの期間限定再集結大黒ミサツアーによって、地球が恐怖のどん底に陥れられる事は間違いない。いや悪魔に救いを求める者が急増していますので皆様、聖飢魔Ⅱの動向には何卒ご注意頂きたい。
 
『35++ 執念の大黒ミサツアー』
[魔暦24年(2022年)]

10/16(日) 千葉・松戸.森のホール21 大ホール
10/23(日) 長野・ホクト文化ホール 大ホール
10/30(日) 京都・ロームシアター京都 メインホール
11/06(日) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
11/12(土) 広島・上野学園ホール
11/20(日) 群馬・ベイシア文化ホール 大ホール
11/26(土) 北海道・カナモトホール(札幌市民ホール)
12/05(月) 大阪・オリックス劇場
12/10(土) 東京・東京ガーデンシアター
12/18(日) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
12/24(土) 静岡・アクトシティ浜松 大ホール
[魔暦25年(2023年)]
1/07(土) 宮城・仙台サンプラザホール
1/14(土) 石川・本多の森ホール
1/21(土) 岡山・岡山市民会館
≪追加公演≫
2/15(水) 東京・国立代々木第一体育館
 
■「LOVE LETTER FROM A DEAD END」の最新活動絵巻
https://youtu.be/zT9aAvrSj_Q
 
【発布物情報】
【初回生産限定盤A】
価格:13,200円(税込)品番:BVCL-1240~1243(1CD+3Blu-ray)
品番:BVCL-1244~1247(1CD+3DVD)
■大教典『BLOODIEST』(CD)
■DISC1:ヴィデオ黒ミサ&生トークツアー「特別給付悪魔」 +再集結以後発表のMusic Clips(Blu-ray/DVD)
・VIDEO黒ミサ 夜の部
00.Opening of SPECIAL AKUMA PAYMENT
01.創世紀
02.FIRE AFTER FIRE
03.1999 SECRET OBJECT
04.TALK1
05.アダムの林檎
06.MASQUERADE
07.TALK2
08.呪いのシャ・ナ・ナ・ナ
09.BRAND NEW SONG
10.Prologue of 蠟人形の館
11.蠟人形の館
12.生トークへの誘い
13.秘密の花園
14.JACK THE RIPPER
15.Prologue of EL DORADO
16.EL DORADO
17.Ending of SPECIAL AKUMA PAYMENT
・VIDEO黒ミサ 昼の部 限定曲
02.地獄の皇太子
07.昼TALK2
08.GOBLIN’S SCALE
13.BAD AGAIN-美しき反逆-
 
・再集結以後発表のMusic Clips
01.EL DORADO 聖飢魔II×Kobun Shizuno
02.呪いのシャ・ナ・ナ・ナ
03.呪いのシャ・ナ・ナ・ナ Dance Ver.
04.BABIES IN THEIR DREAMS
05.EL DORADO
06.LOVE LETTER FROM A DEAD END
 
■DISC2:聖飢魔II地球デビュー35周年期間延長再集結「ヴィデオ黒ミサ&生トークツアー
『特別給付悪魔』 生トーク抜粋 -日程は全て魔歴22(‘20)年-」(Blu-ray/DVD)
■DISC3: 聖飢魔Ⅱ地球デビュー35周年期間延長再集結「ヴィデオ&変異生黒ミサツアー
『悪チン集団接種』」(Blu-ray/DVD)
 
・VIDEO黒ミサ 夜の部
00.陰アナウンス(ダミアン陛下詔)
01.OPENING of AKU-CHINE MASS INOCULATION
02.OVERTURE ~ WINNER!
03.APHRODITE
04.TALK1
05.空の雫
06.FROM HELL WITH LOVE
07.GOBLIN’S SCALE
08.TALK2
09.世界一のくちづけを
10.TALK3
11.有害ロック
12.STAINLESS NIGHT
13.TALK4 with C.P.ACE
14.FIRE AFTER FIRE
15.Ending of VIDEO & Opening of 変異生黒ミサ
16.地獄の皇太子
17.生TALK1
18.エガオノママデ
19.秘密の花園
20.生TALK2
21.THE OUTER MISSION
22.Prologue of 蠟人形の館
23.蠟人形の館
24.生TALK3
25.SAVE YOUR SOUL
26.Ending of AKU-CHINE MASS INOCULATION
27.35++予告VTR
夜の部限定曲
05.真昼の月
 
【初回限定盤B】
価格:6,600円(税込)品番:BVCL-1248~1249(2CD)
 
■大教典「BLOODIEST」(CD)                           
■「地獄のBONUS TRACKS ‐再集結以後発布楽曲集‐」(CD)
01.蒼き風 紅き風
02.LET ME BE YOUR FRIEND
03.BABIES IN THEIR DREAMS
04.HEAVY DUTY BABY
05.PANDEMIC CARRIERS
06.DESERTED HERO
07.俺様はアナニマス
08.SURPRISE!
09.MOTHER EARTH
10.T列車で行こう
11.SADAKO vs. KAYAKO -THE CURSE OF SHANA・NA・NA- (「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」英語版)
12.I AM HERE
 
【通常盤】
価格:3,300円(税込)品番:BVCL-1250
・大教典「BLOODIEST」(CD)
 
【聖飢魔II PROFILE】
悪魔の集団。
悪魔教の布教のためにハードロック(HR)バンドの様式を用いて魔暦前14(‘85)年9月地球デビュー。
「実活動時代」には25銘柄の小教典(シングル)、17銘柄の大教典(アルバム)、14銘柄の活動絵巻教典(ヴィデオ・DVD)を発布。
黒ミサ(コンサートのような形式で行われる集会)では、そのエンターテインメント性を規格外に発揮、老若男女や民族を問わず、信者(ファンのようなもの)を解散後の現在も増やし続けている。
また、TVやラジオ、活字、web媒体等、あらゆるマス・メディアでレギュラー枠を獲得。音楽のみならずヴァラエティーやサブカルチャーでも幅広く世の中を席巻する。
魔暦前13(‘86)年発表のファミコンソフト「悪魔の逆襲」 はロックバンドがキャラクターとなった世界初の作品。
魔暦前11(‘88)年から魔暦前4(‘95)年まで計7回、北海道「美唄フェスタ」にて日本舞踊と純邦楽器との共演舞台をほぼ毎年行う。
魔暦前10(‘89)年、大教典「WORST」がオリコン1位、「NHK紅白歌合戦」に出場。どちらもHM/HRバンドでは史上初。
魔暦前8(‘91)年、セビリヤ、ロンドン、N.Y.にて黒ミサを行う。
魔暦前6(‘93)年、香港にて黒ミサ。「ロックオペラ・ハムレット」に出演。
魔暦元(‘99)年12月31日、地球デビュー時の公約通り地球における任務を終了し、解散した。
魔暦7(‘05)年、地球デビュー20周年を記念し期間限定で再集結し、15回の大黒ミサを敢行。
魔暦12(‘10)年に地球デビュー25周年を記念し二度目の期間限定再集結。「INTER CONTINENTAL BLACK MASS TOUR」として米国、フランス、韓国、日本で計22本の黒ミサを行う。(それに先駆けて前年、世界22か国で大教典を配信発布した)
魔暦13(‘11)年、東日本大震災復興支援のため、「Tribute to Japan」と称する催しを主催、両国国技館にて2日間だけ限定再集結。
魔暦17(‘15)年地球デビュー30周年時に8月から翌年1月にかけて、夏フェスへの降臨と2種類の大黒ミサツアーを開催、日本武道館2日間の大黒ミサも敢行。
魔暦22(‘20)地球デビュー35周年を記念して再集結し新型コロナウイルス蔓延というゼウスの妨害が襲い翌年もゼウスの妨害を受け続けた為に2年連続でホールとアリーナを含む全国「大黒ミサツアー」を、ヴィデオ黒ミサ&生トーク、アコースティックを中心にした変異生黒ミサツアーに変更し2年間で全国57本を敢行。
魔暦24(2022)の今年は35周年期間限定再延長・再集結として遂に真の全国大黒ミサツアー『35++ 執念の大黒ミサツアー』展開中。
 
オフィシャルホームページリリース情報 https://www.seikima-ii.com/

 

この記事の画像一覧

(全4枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP