「Cynic」のギタリストPaul Masvidalとオーストラリア出身の新鋭ギタリストPliniが登場

【動画レポート】「strandbergクリニック」at ミュージックランドKEY渋谷店

【動画レポート】「strandbergクリニック」at ミュージックランドKEY渋谷店

2015/11/17


 ミュージックランドKEYが渋谷店で『strandbergクリニック』を開催した(9月5日)。当日は同ブランドのギターを愛用するプレイヤー、「Cynic」のギタリストPaul Masvidalとオーストラリア出身の新鋭ギタリストPliniが登場。さらに、ブランドのデザイナー&創設者であるOla Strandberg、進行に「strandberg japan」のShun Nokina氏を迎えてstrandbergの誕生秘話や魅力などについて語った他、オーディエンスとの質疑応答が行なわれた。

 映像ではそのトークセッションの模様に加えて、ギタリスト2人によるデモンストレーションを収録している。まだstrandbergを知らないという人は要チェック!

Artist Profile

 

Paul Masvidal 

もはや伝説となったバンド“Cynic”のオリジネーター。

Jazz/Fusionからの影響を見事に昇華した独自のProgressive Metalの音像を1993年リリースの初アルム“Focus”で披露し、瞬く間に大量のフォロワーを生み出す。
ヨガや、仏教、ユダヤ教にも精通し2011年リリース“Carbon-Based Anatomy”では、
単にJazz/Fusion, Metal, Djentという枠だけでなく、宗教からの影響も感じさせるようなWorld Musicとの融合とでも形容すべき新たな音楽性を打ち出す。


 

Plini
オーストラリア出身の新鋭ギタリスト。
2013年リリースのミニアルバム“Other Things”で、あらゆる音楽をミックスした独自の音楽性によりアンダーグラウンドなファンの間でセンセーションを起こす。その後2枚のミニアルバムを加え、今年はUKのTech-Festにも出演。
ギターリストや、作曲家としてだけでなく、センス抜群なプロモーション動画やイラストなど多方面で今後の活躍が期待されるアーティスト。

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP