さ(3)く(9)らにちなんで、この日にリリースする春にふさわしい3rdシングル

コアラモード.「さくらぼっち」インタビュー

コアラモード.「さくらぼっち」インタビュー

2016/02/26

「やってないとダメでしょ!」って言葉を5年後の自分に贈りたいですね。(by あんにゅ)


──4曲目の「拝啓、5年後の私」ですが、この曲はどのようなコンセプトで生まれた曲なのでしょうか?

小幡:この曲は「上京して、社会の厳しさを実感しながらも気丈に頑張っている女の子」が主人公なんですが、この女の子は僕が高校生の頃の後輩をイメージして設定しました。その後輩は活発な性格で、いつも友達に囲まれているような人気者だったんですけど、そんな彼女が後に社会の荒波に揉まれて、色んな人から圧力を受けて、精神的に病んでしまったという話を聞いたんです。今、その後輩だけじゃなくて、そんな風に病んでしまった人たちが世の中にものすごく増えているなと思うんですよ。この曲はそんな人たちに向けた応援歌として作りました。

──なるほど。この曲の歌詞には、小幡さんのどんな想いが込められているのでしょうか?

小幡:たとえギリギリの状況でも、未来の自分に叫び続ける主人公の姿に共感して欲しいと思っています。「私も頑張ろう」って背中を押せるような、エネルギーのある曲にしたいと願いながら作りました。

──あんにゅさんはこの曲を聴かれてどう思われましたか?

あんにゅ:この曲はコアラモード.を結成した時からあったんですよ。その時は1番だけの曲でしたが、今よりもう少しさらっと聴ける曲だったんです。今回、2番や大サビができたことで「大作に生まれ変わった」っていう印象ですね。結成当時、私たちは「5年後の自分たちをイメージしながら活動していこう」と話していたので、個人的にも今この曲を歌うとグッと胸に響きます。

──もし、2人がご自身に「拝啓、5年後の私」という手紙を書くとしたら、何を聞きたいですか?

小幡:やはり歌詞にもある「立派に輝いていますか 大事なユメ 叶いましたか」ですかね。「もっと多くの人に僕たちの曲は届いてますか? 僕たちの曲が誰かの力になれていますか?」って。多分、5年前の自分も今の自分にそんなことを書くんじゃないかな。考えてみると、「5年後」っていう期間は遠過ぎず近過ぎず、一番想像するのが難しい未来ですね。現実と夢、そのどちらでもない。その中で闘い続けるこの曲の主人公のような強さを持っていたいと思います。

──あんにゅさんはどうですか?

あんにゅ:私、デビューした時に「横浜アリーナでライブやりたい!」って言っちゃったんですよ。これはたとえ10年たっても必ず達成するつもりですが、そのビジョンに向かって「ライブできましたか?」じゃなくて「やってないとダメでしょ!」っていう攻めの言葉を5年後の自分に贈りたいですね。

──では、最後にあらためてシングル「さくらぼっち」の聴きどころを教えてください。

小幡:僕たちとしては、今回のシングルに入っている曲はどれが表題曲になっても良いように作った作品なんです。そういう意味で、「さくらぼっち」だけじゃなく、ほかの3曲含めてコアラモード.の3rdシングルとして、自信もって送り出せる作品になりました。ぜひ、この4曲をたっぷり聴いていただきたいですね。

あんにゅ:これまでのシングルの表題曲はいつも2人の共作曲だったんですよ。だから、収録曲それぞれの作詞作曲が違っている今回のシングルは、ソングライターとしての2人の個性が出たシングルになっています。曲同士のバランスも良くて、ある意味ミニアルバムのような充実した作品に仕上がっています。

──5月からライブも予定されていると思いますが、ファンに意気込みなどをお願いします。

小幡:初ワンマンライブは去年やらせていただいたんですけど、ワンマンでのツアーは初めてとなります。今回、色んな編成にもチャレンジしていて、僕ら2人とパーカッション、またはバンド編成など、色んな挑戦のある楽しいツアーになると思います。また、ツアータイトルに「なんだか会いたくなっちゃった」とあるように、僕らが“ファンの皆さんに会いに行く”という気持ちを大事にしたいと思っています。

あんにゅ:初ワンマンライブの時、もう最後は私、涙、涙になっちゃって。それでも皆さんに応援してもらってなんとか「次頑張るぞ!」っていう気持ちで終われたんです。だから今度は泣かずに頑張りたいです(笑)。しっかり前を向いて、成長したコアラモード.を見せることができたらなと思います!

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

【初回盤】

【通常盤】

コアラモード.
「さくらぼっち」

2016.3.9発売

■初回生産限定盤(CD+DVD)
BVCL-704~705
1,620円(税込)

■通常盤(CDのみ)
BVCL-706
1,200円(税込)


【CD収録曲】
1.さくらぼっち
2.ありがとう、そしてさよなら
3.幸せの証
4.拝啓、5年後の私

【DVD】
さくらぼっちミュージックビデオ

コアラモード.初ワンマンツアー
「We Are Coalamode.!! 2016~なんだか会いたくなっちゃった~」


【東京公演】
5月1日(日)TSUTAYA O-WEST
開場:18:00/開演:18:30

【福岡公演】
5月7日(土)ROOMS
開場:16:30/開演:17:00

【大阪公演】
5月8日(日)南堀江Knave
開場:16:30/開演:17:00

チケット:全自由 3,000円(税込)

コアラモード.
ボーカルあんにゅとサウンドクリエイター小幡康裕(おばた やすひろ)からなる横浜出身の男女二人組ユニット。学生時よりそれぞれ活動していたが、2011年にあんにゅが楽曲のアレンジを近所の先輩、小幡に依頼したことから2013年グループ結成に至る。横浜みなとみらいを拠点としたストリートライブ、都内ライブハウスや毎週木曜日のニコニコ生放送、YouTubeでの活動を通して、徐々に知名度をあげ、2015年2月発売のシングル「七色シンフォニー」でメジャーデビュー。続く7月にはスキマスイッチの常田真太郎氏をクリエイティブ・ナビゲーターに迎えての2ndシングル「Dan Dan Dan」を発売。そして、2016年3月9日に待望の3rdシングル「さくらぼっち」をリリースする。

 

オフィシャルサイト

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP