ベストアルバム『ザ・ビートルズ1』から厳選!

ビートルズ魔法のコード進行vol.7「レディ・マドンナ」

ビートルズ魔法のコード進行vol.7「レディ・マドンナ」

2016/03/28


『ザ・ビートルズ1』に収録されている楽曲のコード進行は、ビートルズの中ではシンプルなものが多いのですが、細部をよく見てみると、リスナーの心を鷲づかみにする様々なテクニックが隠されています。ここで紹介している手法を、自分の楽曲作りに活かしてみましょう。
分析・文:平沢栄司

譜例は曲の雰囲気が変わるBメロから、再び明るいAメロへと戻っていく[0:27]からの部分です。注目は、Aメジャーへと戻るための[0:40]からのコード進行で、7thやオンコードを絡めた美しく重厚な響きを作っています。オーソドックスに「C→Bm7(♭5)→Esus4→E」にすると少し暗くなりますが、「C→Bm7→Bm7onE→E」だと響きがオシャレになります。

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP