ベストアルバム『ザ・ビートルズ1』から厳選!

ビートルズ魔法のコード進行vol.9「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」

ビートルズ魔法のコード進行vol.9「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」

2016/03/28


『ザ・ビートルズ1』に収録されている楽曲のコード進行は、ビートルズの中ではシンプルなものが多いのですが、細部をよく見てみると、リスナーの心を鷲づかみにする様々なテクニックが隠されています。ここで紹介している手法を、自分の楽曲作りに活かしてみましょう。
分析・文:平沢栄司

曲の雰囲気に合うように、あえて曖昧な響きのコードを使う

この曲の冒頭からの9小節です。「キー=Cm」のダイアニックコードの「B♭7」ではなく「Fm7onB♭」、同じく「E♭sus4」ではなく「B♭m7onE♭」というように、他の曲ではあまり登場しないタイプのオンコードを使っています。ここはカチッとした終止感の強い4度上への進行をする部分ですが、あえて曖昧な響きにすることで曲にマッチした柔らかな雰囲気にしています。

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP