ヘビーチューンな楽曲をプロギタリスト野村大輔が解説!

X JAPAN「BORN TO BE FREE」のギター奏法解説

X JAPAN「BORN TO BE FREE」のギター奏法解説

2016/03/29



奏法のポイント

かなりヘビーチューンな楽曲ですが、歪ませ過ぎずピッキングなどの細かいニュアンスで変化を付けることがポイントです。各セクションでは下記のようなことを心掛けましょう。

【イントロ】
右手のピッキングはリア(ブリッジ)よりで弾くとスッキリします。

【サビ】
コードはすべてパワーコードで弾きます。※パワーコード:コードの構成音から「ルート」の音と「5度」の音だけを弾く奏法。右手はシンコペーションを入れると雰囲気がでます。

【間奏(リフ)】
3つの音の繰り返しを4つの拍で弾くため、頭がズレていきます。しっかりとリズムキープしながら弾きましょう。


TuneGate楽譜掲載情報

TuneGate楽譜ページではX JAPAN「BORN TO BE FREE」の無料TAB譜を掲載中!
ギタリスト野村大輔が、イントロ/サビ/ソロ/アルペジオそれぞれのポイントを演奏を交えながらわかりやすく紹介しています。

http://gakufu.tunegate.me/music/CT00128
 

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP