名ビルダーの手による新ブランドのエレキギターが国内初お披露目

ミュージックランドKEY渋谷店で「Miura Guitars USA」のイベントが開催された

ミュージックランドKEY渋谷店で「Miura Guitars USA」のイベントが開催された

2016/05/08


5月1日に東京・渋谷にあるミュージックランドKEYの3階特設会場で、「Miura Guitars USA」のイベントが開催された。
 

Miura Guitars USAは、「Xotic Guitars」などのブランドでおなじみのPCIの設立者であり、ギタービルダーとして多くのミュージシャンの愛機を製作してきたHiro Miura氏が、2014年に独立してアメリカで設立したエレギターとエレキベースのブランドだ。

今回のイベントは、T-SQUAREのサポートや自身のユニット「Zen urgency」で活躍中の技巧派ベーシスト森岡克司氏と、「Zen urgency」のギタリスト柴山哲郎氏、そしてドラマー勢喜 遊氏の3人による同店初のバンド形式で行なわれ、バンドアンサンブルの中でクリーンサウンドやドライブサウンド、エフェクターを切り替えながら、曲調に合わせてMiura Guitars USAのモデルがいかに多彩なサウンドを生み出すかを聴き比べることができる、充実したイベントとなっていた。

/

左から、ギタリストの柴山哲郎氏、ドラマーの勢喜 遊氏、ベーシストの森岡克司氏

柴山氏がイベントでメインで使用したギターは、国内にはまだミュージックランドKEY渋谷店のこの1本だけというAfla Roseフィニッシュの「MG-1」。ボディはアルダーとアッシュでネックはメイプルにローズウッド指板という構成で、ピックアップはフロントとリアが「Florance 59HB」、センターが「Florance 60ST」という3ピックアップレイアウトになっている。写真右側のブラックフィニッシュのMG-1は、フロントとリアのピックアップがP90タイプで、指板がメイプル仕様のモデルだ。

/

 

/

 

森岡氏は、Miura Guitars USAでは珍しい「MB-2」の4弦タイプを使用していた。ボディはアッシュで、ネックは薄めのメイプル、ピックアップはアギュラ製の「Super Single」を2基搭載。プリアンプもアギュラ製の「OBP-3」で、マスターボリューム、バランサー、トーンの他に、ベース、ミドル、トレブルの3EQとミッドフリーケンシーのスイッチを装備している。

 

/

 

特設ステージの奥には、Miura Guitars USAのベースシリーズ「MB-1」と「MB-2」がズラリと展示されていた。

/

 

●森岡克司プロフィール
2003年にT-SQUAREのサポートメンバーに抜擢され、2枚のオリジナルアルバムに参加する。米国アナハイムで開催されている「BassDay NAMM Bass Bash」に日本人として初出場(2009年、2010年、2012年に出場)。現在では、ギタリストの柴山哲郎とのユニット「Zen urgency」でも活動中。ジョー・ザヴィヌル&ザ・ザヴィヌル・シンジケートなどにも参加しているドラマーのステファン・ガーランドを迎えてのアルバムを発売。技巧派ベーシストとして日本、アメリカなど国内外問わずに活躍中。

●柴山 哲郎プロフィール
JUJU、さかいゆう、ゴスペラーズ、など多くのアーティストと競演。森岡克司とのユニット「ZEN urgency」ではギターと作曲を担当。ブルース、ロック、ファンクなどを基調にしながらも自分から出てきたものは拒否せず、常に新鮮さを目指している。

 



この記事の画像一覧

(全5枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP