デビュー作「#PRLG」以来となる2ndミニアルバム

DOBERMAN INFINITY「#PLAY」インタビュー

DOBERMAN INFINITY「#PLAY」インタビュー

DOBERMAN INFINITY「#PLAY」インタビュー

2017/06/08

 

 


──ここからは収録曲順に楽曲解説をお願いします。1曲目の「DO PARTY」は先行シングル曲ですが、改めてこの楽曲への想いを教えてください。

KUBO-C:DOBERMAN INFINITY史上、一番のパーティ・チューンです。非常にわかりやすい、ザ・アゲ曲です。自分たちが普段お酒を飲んでパーティしている時の雰囲気を表現しました。

GS:DOBERMAN INFINITYとして、一昨年の夏に「SAY YEAH!!」、そして昨夏は「GA GA SUMMER」と、毎年夏にパーティ・ソングをリリースしているんですけど、毎回シチュエーションが違うんです。今回の「DO PARTY」でイメージしたのは、プライベート・パーティ。僕らのプライベート・パーティってとにかく騒ぎまくるので、その感じを歌詞に反映したり、普段の自分たちのノリをうまく表現できた曲だと思います。

──2曲目の「Make Some Noise」は、かなりメッセージ性の高い歌詞だと思いましたが、どんな想いで制作した楽曲なのでしょうか?

P-CHO:こんなことを思っている人もいるんじゃないかなって視点で作った曲です。こんなニュースは聞きたくねぇなって思うこともあるじゃないですか。1バース目は世の中のよくないニュースに対する苛立ちを歌っていて、2バース目は変化することを恐れないで進んでいくことの大切さを歌っています。今あることを守るよりも、先に進むことのほうが難しいんじゃないかって、そんなメッセージも込められています。内に秘めたものを叫びたくなるような曲です。

KUBO-C:内から出て来る感情を爆発させる、そんな〈PLAY〉を表現した曲です。KAZUKIが歌っている〈ヒーローじゃないけど ただ一つ守るべきものは守る〉って歌詞に、この曲の核となる僕らの強い気持ちが表れています。

──3曲目の「Living happily」は、DOBERMAN INFINITYらしい共感度の高い楽曲になりましたね?

KAZUKI:一度聴いたら忘れられない曲だと思います。僕らもオケを聴いた時点では、まさかこんなにストーリー性のある曲に仕上がるとは思ってなかったんですが(笑)。〈なんか分かんないけど Celebration〉は個人的にパンチラインです。いろんなトラブルとかも歌っているんですけど、言い回しが面白いので、ちょっとクスッとしながら聴いてもらえると思います。

SWAY:誰にでも小さなハッピーってあると思うんですよ。コンビニに財布を置き忘れて、取りに戻ったおかげで出会いがあったりとか、毎日の生活の中にある小さな幸せに気づけるといいよねって曲です。追われた生活をしていると、街中に溢れている小さなエンジェルを見逃してしまうけど、ゆとりをもって歩くと見つけられるよっていう提案ソングです。
 

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

DOBERMAN INFINITY
『♯PLAY』

6月14日(水)発売

初回限定盤(CD+DVD)
XNLD-10001/B
¥2,315 + 税

通常盤(CD)
XNLD-10002
¥1,750 + 税

【収録内容】

1.DO PARTY
2.Make Some Noise 3.Living happily 4.@we_like_a_harley 5.Vanilla
6.#PLAY
7.DO PARTY (TJO REMIX)

「#PLAY」(DOCUMENT MUSIC VIDEO ‒Limited Edition-) ※初回生産分 CD ショップ特典「#PLAY」オリジナルステッカー
OFFICIAL FAN CLUB&LDH mobile 盤 通常盤+DI ビーチサンダル 定価 :¥2,777+ 税

DOBERMAN INFINITY
ラップグループ『DOBERMAN INC』として活動してきたKUBO-C (クボシー)、GS (ジーエス)、P-CHO (ピーチョウ)の3人に、野替愁平名義で劇団EXILEに所属しラッパーとしても活動していたSWAY (スウェイ)、シンガーのKAZUKI (カズキ)を加え、2014年6月より『DOBERMAN INFINITY』として活動を開始。2015年7月15日にリリースされた1st Single「SAY YEAH!!」はオリコンウィークリーチャートで3位を記録し、一躍注目を浴びる。この年の夏には各地を代表する大型フェスやイベントにも多数出演し、本格派のLIVEアーティストとしても高い評価を得る。2015年10月7日には、1992年にリリースされたハウスオブペインの世界的ヒット曲「JUMP AROUN」の初となる日本語カバーで話題となった2nd Single「JUMP AROUND ∞」をリリース。12月2日には、待望の1st Album「THE LINE」リリースし、2016年3月からは初となる全国ZeppツアーDOBERMAN INFINITY LIVE TOUR 2016 “THE LINE” 〜TO THE NEXT〜 を発表し、全会場チケットが即日完売。急遽幕張メッセ、インテックス大阪での追加公演を発表した。経歴も世代も異なる1シンガー、4ラッパーの異色のグループがもつ無限の可能性から目が離せない!


オフィシャルサイト

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP