デビュー作「#PRLG」以来となる2ndミニアルバム

DOBERMAN INFINITY「#PLAY」インタビュー

DOBERMAN INFINITY「#PLAY」インタビュー

DOBERMAN INFINITY「#PLAY」インタビュー

2017/06/08

 

 


──5曲目の「Vanilla」は、どんな想いで制作したのでしょうか?

KUBO-C:バニラを女性に例えて歌っているように聴こえるかもしれないですけど、実は〈キミ〉という歌詞はファンのみなさんをイメージしています。僕らを導いてくれる〈甘いその香り〉というのもファンのみなさんを指していて、ラヴソング的に聴こえるけど実は違うぞっていう曲ですね。

SWAY:バニラって言うとバニラアイスを連想するので、溶けるイメージもあるじゃないですか。ライヴでみなさんを溶かしたいですねぇ(笑)。

──今作のタイトル曲になった6曲目「#PLAY」からは、どんなメッセージを感じ取って欲しいですか?

SWAY:今回のミニ・アルバムの中で一番最後にでき上がった曲で、〈PLAY〉とは何ぞやってところを追求した曲です。大人になって考える、遊びのありがたみっていうんでしょうか。僕らだったらアルバムを作り終えたタイミングやツアーの打ち上げで祝杯を上げる瞬間だったりするんですけど、学生さんだったら平日は勉強をがんばって土日が〈PLAY〉なのかもしれませんし、会社員の方だったら自分が関わったプロジェクトの達成感が〈PLAY〉だとも言えると思うんです。だから、〈PLAY〉って言葉に対しては、〈WORK〉って言葉も絶対に欠かせない。自分がやるべき仕事や勉強をがんばって、そしてより良い〈PLAY〉をしようってメッセージを感じ取って欲しいです。

KAZUKI:それぞれの生き方でいいし、本気で働いて本気で遊べば、そこから生まれるものが必ずあると思うんです。こういうメッセージ性のある曲を今っぽいサウンドで届けられたのも、この曲のポイントだと思います。最後は少し切なさも感じられるトラックで、青春が見え隠れするサウンドになったと思います。

──7曲目には「DO PARTY (TJO REMIX)」を収録。オリジナルとの聴き比べも楽しい作品になりましたね?

P-CHO:もともとパーティ・ソングではあったんですけど、リミックスでまた違った角度のパーティ・ソングになるんじゃないかって可能性に賭けてみました。そうして、TJOさんにお願いしたら、自分たちの想像を超えるサウンドを提示していただけました。また新たな武器ができたと思いましたし、この楽曲がいろんな場所でプレイしてもらえたら嬉しいです。

GS:オリジナルの「DO PARTY」は純粋に楽しめる楽曲、このリミックスは踊らす「DO PARTY」ですね。また新たなところで曲を認知してもらえるきっかけになると思いますし、フェスで聴ける日も来るかなと思うと個人的にも楽しみですね。今回はDOBERMAN INFINITYとして初のリミックスなので、どのように届くか、どのように受け入れてもらえるかも楽しみです。

──最後に、シングル「DO PARTY」に続く今作を心待ちにしてくれていた方にメッセージをお願いします。

KAZUKI:今までも〈ALL ROUND HIP HOP〉をテーマにいろんな楽曲に挑戦してきましたが、この作品でも全曲シングル級の新曲が揃ったと思います。みなさんに共感してもらえる歌詞、これからの夏の季節にぴったりの曲が収録されているので、ばっちり聴き込んで僕たちのライヴに遊びに来てください。

P-CHO:KAZUKIの言った通り1曲1曲がシングル級なので、ファンの方々の期待を裏切らない作品になったと思います。この1枚の中には、日々の生活の中でフィットする歌詞や曲調が詰まっています。今作で、よりDOBERMAN INFINITYの音楽を身近に感じてもらえたら嬉しいです。

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

DOBERMAN INFINITY
『♯PLAY』

6月14日(水)発売

初回限定盤(CD+DVD)
XNLD-10001/B
¥2,315 + 税

通常盤(CD)
XNLD-10002
¥1,750 + 税

【収録内容】

1.DO PARTY
2.Make Some Noise 3.Living happily 4.@we_like_a_harley 5.Vanilla
6.#PLAY
7.DO PARTY (TJO REMIX)

「#PLAY」(DOCUMENT MUSIC VIDEO ‒Limited Edition-) ※初回生産分 CD ショップ特典「#PLAY」オリジナルステッカー
OFFICIAL FAN CLUB&LDH mobile 盤 通常盤+DI ビーチサンダル 定価 :¥2,777+ 税

DOBERMAN INFINITY
ラップグループ『DOBERMAN INC』として活動してきたKUBO-C (クボシー)、GS (ジーエス)、P-CHO (ピーチョウ)の3人に、野替愁平名義で劇団EXILEに所属しラッパーとしても活動していたSWAY (スウェイ)、シンガーのKAZUKI (カズキ)を加え、2014年6月より『DOBERMAN INFINITY』として活動を開始。2015年7月15日にリリースされた1st Single「SAY YEAH!!」はオリコンウィークリーチャートで3位を記録し、一躍注目を浴びる。この年の夏には各地を代表する大型フェスやイベントにも多数出演し、本格派のLIVEアーティストとしても高い評価を得る。2015年10月7日には、1992年にリリースされたハウスオブペインの世界的ヒット曲「JUMP AROUN」の初となる日本語カバーで話題となった2nd Single「JUMP AROUND ∞」をリリース。12月2日には、待望の1st Album「THE LINE」リリースし、2016年3月からは初となる全国ZeppツアーDOBERMAN INFINITY LIVE TOUR 2016 “THE LINE” 〜TO THE NEXT〜 を発表し、全会場チケットが即日完売。急遽幕張メッセ、インテックス大阪での追加公演を発表した。経歴も世代も異なる1シンガー、4ラッパーの異色のグループがもつ無限の可能性から目が離せない!


オフィシャルサイト

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP