ツアーを収めた映像商品と6枚組アナログ盤12月27日発売決定!!

スピッツ、結成30周年記念ツアーファイナルのライヴレポート!

スピッツ、結成30周年記念ツアーファイナルのライヴレポート!

2017/10/02


スピッツ
スピッツ
スピッツ
スピッツ

 

スピッツ

 

スピッツ

 

●ツアーファイナル ライヴレポート

スピッツの結成30周年記念ツアー『SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”』の最終公演が1日、宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)で行われ、前日と合わせ18,000人のファンが30周年を祝福するともに、名曲の数々に酔いしれた。このツアーは7月1日静岡・エコパアリーナを皮切りに、日本武道館3days、横浜アリーナ2days、を含む、全国11か所で22公演行い、草野マサムネ(Vo)、三輪テツヤ(G)、田村明浩(B)、﨑山龍男(Dr)が全員50歳という節目を迎えた年のツアーを完走した。

単独ライヴとしては東北でこの日が80本目、宮城では36本目という影アナが流れ、ライヴへの期待が高まる中、客電が落ち、サーチライトが幾重にも重なり眩すぎるほどの光がステージと客席に向け放たれた。ファンは早くも総立ちだ。光に包まれメンバーが登場すると大歓声が沸き起こり、会場の内の空気が変わった。オープニングナンバーは2016年に発売されたアルバムのタイトルチューン「醒めない」だ。<まだまだ醒めない アタマん中で ロック大陸の物語が/最初ガーンとなったあのメモリーに 今も温められている/さらに育てるつもり”という4人の変わらない想い、強い意志表示ともとれるフレーズが印象的なこの曲を、30周年記念ツアーの1曲目に選んだ事が、このツアーの意味をあらわしている。草野が「30年前に変な事をやろうと思ってバンドを組んで、いまだに変な事をやっていて、そういうバンドを観に来るあなた達が一番変です」と、嬉しそうに語ると、客席からは笑いと大きな拍手が起きた。スピッツに出会えたこと、スピッツの音楽が人生に潤いを与えてくれた事に、そこにいた全ての人が感謝している事が伝わってくる拍手だった。

聴き手の心の中に存在する、終わることのないそれぞれの“青春”物語を瞬時に露わにさせる、草野の“魔法”の声、ボーカル、その歌に寄り添うように、時に導くように弾く三輪のギター、雄弁かつ豪快さと繊細さを感じさせてくれるプレイで、スピッツの音をまさに支えるリズム隊、﨑山のドラムと、田村のベースが心に響く。

そんな強固なバンドアンサンブルから放たれる、老若男女誰もが口ずさめる「涙がキラリ☆」、「君が思い出になる前に」、「チェリー」、「ロビンソン」などのヒットシングルの他にも、「楓」「スターゲイザー」「ヘビーメロウ」など新旧の名曲がまさに星のごとく並ぶセットリストに、イントロが始まる度に客席からはため息が漏れていた。さらに「惑星のかけら」「メモリーズ・カスタム」「けもの道」などの、彼らの卓越した演奏力をより感じる事ができるハードロックナンバーも、しっかりと聴かせてくれた。このロックスピリットこそが、スピッツがスピッツたる所以だ。時に優しくて切ないメロディを歌い、時に強く猛々しいサウンドで情熱を伝え、キャリア30年のバンドとして生々しい姿を、25曲の楽曲を通して、いい意味で曝け出していたように感じた。

ライヴは熱さを増していく一方だが、メンバー紹介の時の、一人ひとりのゆるいトークも、それぞれの人柄が滲み出ていて、これもスピッツのライヴの楽しみのひとつだ。笑わせ、曲で感動させ、このメリハリが病みつきになる。「俺のすべて」ではステージ袖のスタッフも全員両手を突き上げ、盛り上がっている姿が感動的だった。スタッフを愛し、愛され、だから1本1本が素晴らしいライヴになり、それが客席にも伝わるのだ。スピッツの音楽の、ライヴの虜になる人は、若い層にもどんどん広がっている。

草野はこの日集まってくれたファンに感謝の言葉を贈りつつ「こんな僕らが30年間なぜ残る事ができたのか、いいのかな?と思ったけど、役割を与えられてるという事だと思うので、引退しません!」と、バンドが40年、50年続いていく事を高らかに宣言し、大きな拍手を浴びていた。世代、男女を問わず、一人ひとりの記憶と思い出に寄り添い、時代を超えて愛され続ける音楽を、ひたむきに作り続けてきたアーティストしか辿り着けない、30年という到達点。4人の目には、この到達点から見える風景はどう映っていたのだろうか。それはアンコールの最後に選んだ「スパイダー」の<だからもっと遠くまで君を奪って逃げるラララ 千の夜を飛び越えて走り続ける>という言葉にこめられているのではないだろうか。“永遠のロック少年”4人とファンが、何があっても走り続けるという事を、お互いに確認できた、30周年記念ツアーだった。スピッツという稀代のロックバンドはまだまだ進化し、その旅はまだまだ続くと確信させてくれた、ツアーファイナルだった。

(文・田中久勝 写真・内藤順司)

この記事の画像一覧

(全10枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP