大阪寝屋川発のロックバンド

yonige、au“三太郎シリーズ”の最新作「笑おう」篇のTVCMソングを担当

yonige、au“三太郎シリーズ”の最新作「笑おう」篇のTVCMソングを担当

2018/01/05


yonigeが、2018年1月1日(月)より全国で放映されているau“三太郎シリーズ”の最新作「笑おう」篇のTVCMソングを歌っていることが発表された。同CMは、2015年元旦第1弾放送から今年で4年目を迎える。

yonigeが歌唱と編曲を担当したCMソング「笑おう」は、誰もが知っているアメリカ民謡「聖者の行進」をロックにアレンジした楽曲。歌詞は、これまでAI「みんながみんな英雄」やWANIMA「やってみよう」などを手掛けた篠原誠が担当している。yonigeが鳴らすバンドサウンドに乗せて、CMの「笑おう」をイメージしたポジティブな世界観が年始を笑顔にする。

今回のCMでは、三太郎たちが笑っている様々な場面がストーリー展開で進んでいく。福笑いをする桃太郎からはじまり、雷様の太鼓を叩く鬼ちゃん、お店を切り盛りする乙姫や織姫に対して彼氏面する金太郎、予期せぬ大物(?)を釣り上げた三太郎たちなど、三太郎ファミリーが続々登場。様々な場面で見せるみんなの笑顔が2018年の幕開けとなるCMを華やかに彩る。

CMストーリー

桃太郎の家に集合した、三太郎たち。桃太郎が可笑しな目隠しをつけて福笑いをするも、全くうまくいかない様子を見て全員大笑い。桃太郎も自分でやった福笑いを見て大笑いし、“笑おう 笑っちゃおう”という歌詞に合わせたシーンから様々なストーリーが展開します。勢い余って自分に雷を落としてしまい、髪の毛がチリチリになった鬼ちゃんと、それ見て大笑いする三太郎。お店の売上に悩み、ため息をつく乙姫は、獲れたての魚を届けに来た浦島太郎を見て大笑い。鬼ちゃんがあやしても泣きやまない赤ちゃんは、桃太郎と浦島太郎の変顔で笑顔になり、それを見た鬼ちゃんも笑顔に。かぐや姫が目元のみのお面を犬に当てると、それを見た桃太郎が大笑い。寝ている浦島太郎の顔に落書きをして大笑いする、かぐや姫、乙姫、織姫の3人。桃太郎が必死に謝っても許してくれないかぐや姫は、腹話術の人形のマネをする金太郎を見て思わず笑顔に。織姫に壁ドンした金太郎がビンタされ、変な顔になったのを見て、桃太郎と浦島太郎は大笑い。釣りをしている三太郎。浦島太郎が思い切り竿を引き上げると、金太郎の斧を持った神様が吊り上げられ、全員で大笑いしたのをきっかけに、浦島太郎、乙姫、鬼ちゃん、金太郎、織姫、かぐや姫、そして桃太郎の笑っているシーンが“一緒に笑おう”という歌詞と福笑いと共に展開されます。最後は、ただの木の板でカメラを構えるようにポーズをとる桃太郎のもとに三太郎ファミリーが集合するものの、板では何もできず、大笑いする一同なのでした。

ライブ情報

yonige “girls like girls tour”
02月04日(日)名古屋CLUB QUATTRO
02月18日(日)渋谷TSUTAYA O-EAST
02月24日(土)大阪 なんばHatch

チケット代:¥3,000 [全公演共通/ドリンク代別]
 

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP