全国ツアー「強くてNEW GAME」&インストアイベントを開催中!

ユナイト『NEW CLASSIC』インタビュー

ユナイト『NEW CLASSIC』インタビュー

2018/07/18


──10曲目「隕石系スタジオパンダ」は莎奈さんによる楽曲ですが、個人的に近年話題のアイドル系のEDMに影響を受けているのかなと感じました。

莎奈:そうですね(笑)。yunomiさん、YUC'eさんとかに影響を受けています。従来、バンドでEDMをやると、急にチャラかったりダサい感じになりがちじゃないですか。でも、そうじゃなくて原宿系というか可愛い系POPみたいな曲を作っても良いかなと。

──どのように制作を進められたのですか?

莎奈:インストを作る気持ちで、メロも入っていない状態のオケから作りました。もともとは趣味でイントロ部分を作ってて、それが面白くてどんどん進めたらワンコーラスまで出来上がったんです。それでストックのデータに入れて、今回採用されたと。

──歌詞にアスタリスクが入ってますが、どのようなことを意識して書かれたのでしょうか?

莎奈:Instagram風になっているんです。Instagramって文章に改行ができないから、アスタリスクを入れるじゃないですか。だからInstagramを意識してて、「隕石系スタジオパンダ」って略すと「インスタパンダ」になると思って。今のカルチャーとかを入れたかったんです。ハッシュタグとかも入れてるし。

──文学的な歌詞を書いてきた莎奈さんにしては意外ですよね。

莎奈:そうですか? レコーディングエンジニアさんに「多分違うと思うけど、政治的な歌詞じゃないよね?」って言われて(笑)。確かにそうとも捉えられるんですよ。“右から左” とかも右翼と左翼とか、“体の色” も人種問題だったり。他にも中国の共産主義的な国を題材にしてるんじゃないか、みたいな。俺的にはポップな世界観のつもりだったんですけど、なんか怖くなっちゃいました(笑)。なので決して政治的思想を書いた歌詞ではありません!

──それでは、その他の新録曲についても教えていただけますか?

莎奈:11曲目の「栞」は僕が作詞作曲をしているんですが、自分自身の音楽面だけではなく、人間性も上手く折りたためたなと思っている作品です。今まで「ここをもうちょっとこうすれば」とか「力不足だな」と感じてたんですけど、曲構成やメロディ、歌詞が全部気に入っています。中でも歌詞はメロを作ってる時に思いついたりもしたんですけど、ちゃんと曲の流れの変化に対応できていて過去最高じゃないかと。

──14曲目「good night」は椎名未緒名義による未緒さんの楽曲ですね。

未緒:この曲は3年ぐらい前に作ったんですけど、当時『UNiVERSE』の表題がやっと出来上がって大変だった時に箸休め的なつもりで作って。自分的には気に入ってたんですけど、使う機会がなくて。今回入ることになったんですけど、表舞台に出てこれて良かったと。

──歌詞がこれまでの未緒さんの楽曲と比較すると、明るい印象でした。

未緒:辛辣じゃなくて、明るいですよね。俺の中で「life time relation」も同じように “頑張りましょう” みたいなことを伝えていて。けど、昔の方が尖ってたというか理屈っぽかったんです。だいぶ綺麗事を言ってるんですけど、時には「とにかく甘やかして欲しい」みたいな曲も必要じゃないかなと。優しい曲を書いてあげたいと思って作りました。バンドの熟成と共に、僕も熟成して優しくなったんじゃないかと(笑)。

──最後を飾る15曲目「リーベリ」は作詞作曲が莎奈さんですね。

莎奈:ラテン語なんですけど、「子供たち」って意味があるんです。実はこの曲ができたのって「無限ピクセル」を出した時ぐらいで。もしかしたらこの曲も収録されるかもって話もあったんですけど、なかなか日の目を見ることがなくて。当日は「スゲー良い歌詞ができた!」って思ってたんですけど、子供っぽいというか。今も良いとは思っているんですけど、言葉遣いとか純朴すぎるっていうか。でも、逆に良いなとは思ってるんで。特に最後の歌パート “目が良いせいで〜” ってとこが気に入ってて、上手にできたなと。

──とてもキレイですよね。

莎奈:俺、人を励ますのがゴキブリの次ぐらい苦手なんです。インストで「頑張れる一言ください!」みたいに言われるんですけど、何か色々考えちゃって。「俺に言われなくても頑張ってるだろうしなぁ・・・」って。俺はちゃんと言葉を使いたくて、嘘も言いたくない。例え、その嘘で相手が幸せになるとしても。空気読めないとか毒舌とかそういう風に言われることが多いんですけど、そんな自分なりに生きていること自体を肯定できる歌にしたくて書きました。

──それでは最後にメッセージをお願いします!

ハク:ユナイトのライブに遊びに来てくれる人って、息抜きというか「ライブがあるから頑張れる!」と思っているんじゃないかなと。その人にとってどれだけ価値あるものかどうかは分からないけど、スゴい大袈裟な言い方にはなりますが、ちゃんと糧になれる存在でいようと思っています。

莎奈:今僕らを知らなくて、何かのキッカケで、何年後かこのアルバムを購入する人もいると思うんです。ただ、今回手に取って聴いてくれた人は「本当に今聴けて良かったな」って言えるぐらいの作品だと自信を持って言えます(笑)。もちろん自信を持って世に出した作品ですけど、僕らよりも全然若いのに「この曲が良い」って言ってくれることに尊敬を抱いています。僕にできることは一生懸命やるってことだけですが、姿勢は変えずに継続していこうと思っています。そして、今ついて来てくれる人には尊敬と感謝を送ります。

:人って何か新しいことを始める時って、戸惑いを感じるじゃないですか。それと同じように今回のアルバムを聴いて、新しいエッセンスが強いので困惑する人もいると思います。でも、僕らは良いものができたと自信持って言えるので、じきに理解してもらえるかなと。ライブに関しては、楽曲が新しい方向に向かっていたとしても、ライブをやる理由っていうのは変わりません。僕は人に求められたくて歌ってるし、逆にお客さんは僕らを必要としてくれているという需要と供給が成り立つ中で、ライブ一本一本で僕の気持ちを伝えつつ、みんなの息抜きでいれたらうれしいです。

LiN:まず「五月已」が全編アコギなので、ツアーではそれを再現しに行ってやろうかなと意気込んでます。それとアルバムを聴いて曲を覚えてからツアーに来てくれると思うんですけど、多分音源通りに演奏するのは初日だけです。これまでと同様、ツアーを回る中でアレンジが入ったり、突然弾かなくなったりもするし。それで誰も原曲の演奏が分からなくなってしまうんですけど、俺そこがユナイトのメッチャ好きなとこで。だからツアーごとに変化していく曲達も楽しみにしてくれたら良いですね。

未緒:これまでユナイトはたくさんワンマンツアーをしてきましたが、アルバムのリリースツアーって多分『MEANiNG』以来なんで、5〜6年ぶりなんです。今までのツアーでもアルバム収録曲を中心にセットリストを組んで来ましたけど、中には昔の曲やみんなが好きな曲が入ってたりというスタンスでした。それを踏まえた上で、今回のツアーは、ほぼ全会場『NEW CLASSIC』の収録曲をメインに加えるので、結さんも言ってたように新しいことへの戸惑いを感じるだろうし、目新しく映ると思います。これはヴィジュアル系の悪い部分でもあるんですけど、フロアが前後左右に影響されやすいというか。「隣の人がフリをやってないとできない」「自分だけやると目立っちゃってできない」みたいな、ただ純粋にライブを楽しみたい人にとって手枷足枷になってしまっていると考えていて。曲順や演奏よりも、お客さんが純粋に楽しめる環境づくり、空気作りをして導いてあげるのが大切で、悪い部分を打破できるのは楽器隊ではなく、言葉を発することができるボーカリストなんです。そこがまさしく結さんの腕の見せどころになるので、周りを気にせずに結さんを見て楽しんでもらえるツアーになったら最高ですね。

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

NEW ALBUM
『NEW CLASSIC』

2018年6月20日(水)発売


・会場&通販限定盤

初回限定

(CD2枚組 15 Songs+14 Songs)
¥5,000(税込)
DCUN-17〜18
※特殊パッケージ&豪華ブックレット仕様

【収録曲】
[CD DISC 1]
01.funky!!!
02.-ハロミュジック-
03.ジュピタ
04.ubique
05.五月已
06.ナユタの秘密
07.ノゾキアナ?
08.Romantic☆Trampoline
09.ディシバダルツ
10.隕石系スタジオパンダ
11.栞
12.A Little Picture
13.ホワイトスイマ→
14.good night
15.リーベリ

[CD DISC 2]
01.-ハロミュジック- (off vo.)
02.ジュピタ (off vo.)
03.ubique (off vo.)
04.五月已 (off vo.)
05.ナユタの秘密 (off vo.)
06.ノゾキアナ? (off vo.)
07.Romantic☆Trampoline (off vo.)
08.ディシバダルツ (off vo.)
09.隕石系スタジオパンダ (off vo.)
10.栞 (off vo.)
11.A Little Picture (off vo.)
12.ホワイトスイマ→ (off vo.)
13.good night (off vo.)
14.リーベリ (off vo.)

ライブ会場&通販サイト「ユナハンッッ!!」限定販売


・通常盤
通常
 (13 Songs)
¥3,000(税込)
DCUN-19
【収録曲】
01.funky!!!
02.-ハロミュジック-
03.ジュピタ
04.ubique
05.五月已
06.ナユタの秘密
07.ノゾキアナ?
08.Romantic☆Trampoline
09.ディシバダルツ
10.隕石系スタジオパンダ
11.栞
12.A Little Picture
13.ホワイトスイマ→

【通常盤CD取り扱い店】
ライカエジソン全店舗 / littleHEARTS.全店舗 / ZEAL LINK全店舗 / 自主盤倶楽部 / Brand X / 音楽処 / fiveStars / マジカルスクエア / SKULL ROSE
ライブ情報

UNiTE. ONEMAN TOUR 2018
「強くてNEW GAME」


7月19日(木) 長野CLUB JUNK BOX
7月20日(金) 高崎club FLEEZ
7月26日(木) 名古屋E.L.L.
7月28日(土) 神戸VARIT.
7月29日(日) 高松DIME
8月3日(金) 札幌COLONY
8月4日(土) 札幌COLONY
8月9日(木) HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3
8月12日(日) 福岡DRUM SON
8月13日(月) 福岡DRUM SON
8月15日(水) 広島SECOND CRUTCH
8月18日(土) 大阪 阿倍野ROCKTOWN
9月2日(日) 恵比寿LIQUID ROOM ※FINAL
9月8日(土) 沖縄 桜坂セントラル ※裏ファイナル
9月9日(日) 沖縄 桜坂セントラル ※裏ファイナル

【チケット料金】
前売¥4,300 当日¥4,800(税込・ドリンク代別)
前売¥4,800 当日¥5,300(税込・ドリンク代別)※9月2日恵比寿LIQUIDROOM公演のみ
※未就学児童入場不可/営利目的の転売禁止・転売チケットの入場不可

チケット発売中!

・ぴあ
http://w.pia.jp/t/unite-tour
・ローソンチケット
https://l-tike.com/unite
・イープラス
http://eplus.jp/unite/




インストアイベント情報

7月24日(火) 名古屋ZEAL LINK
7月25日(水) ライカエジソン名古屋店
7月27日(金) ライカエジソン大阪店
7月30日(月) littleHEARTS.高松店
8月5日(日) 音楽処
8月11日(土) SKULL ROSE福岡店
8月16日(木) マジカルスクエア
8月17日(金) littleHEARTS.大阪店
8月19日(日) 大阪ZEAL LINK
9月1日(土) littleHEARTS.新宿店

詳細ページ
http://www.unite-jp.com/schedule/instore

 
ユナイト プロフィール

2011年、“終わらないバンド”というテーマを掲げ結成。

結成1周年で赤坂BLITZ を完売し、東京国際フォーラムCでの初のホールライブを行なう。
2014年、渋谷公会堂でのライブにてドラム莎奈が加入し、現在の体制となる。
その後も結成記念日に中野サンプラザ、TOKYO DOME CITY HALL、六本木 EX THEATERなどでのライブを行なう。

2018年3月には Zepp DiverCity(TOKYO)にて結成7周年記念ライブを行ない、3年ぶりとなる Full ALBUM「NEW CLASSIC」のリリースを発表。またこのアルバムを引っ提げ、6月25日よりレコ発ワンマンツアー「強くて NEW GAME」を開催中。

オフィシャルサイト

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP