Def Jam Recordings 1st ALBUM

SWAY、『UNCHAINED』インタビュー

SWAY、『UNCHAINED』インタビュー

SWAY、『UNCHAINED』インタビュー

2018/08/30

──歌詞の中でポイントになっているフレーズを挙げるなら、どの部分だと思いますか?

SWAY:サビの1ライン目の〈振り返ればいつもキミがいた〉ですね。ストレートな表現ですが、今まで存在していた人がいなくなると、その人のアクションが蘇ってきますよね。失恋した時なんかそう感じる人も多いと思いますが、大切な仲間が遠くへ行ってしまったり、そういう寂しさは誰もが経験あるんじゃないかなと思うんです。この曲でメッセージしたかったのは、まずつながれたことが運命であること、そして例え離れてしまってもまた会えることも運命だということ。僕のラップ部分で〈またばったり会うだろう〉と言っているのも、そんな運命に対する希望を持っているからです。

──続いてアルバムのタイトル曲にもなっている「Unchained」ですが、こちらもSALUさんが作詞を手がけていますね?

SWAY:はい。アルバム制作に入る前にSALUくんとトラックメイカーのJIGGくんと作っていた曲で、最初は「Wireless」というタイトルの曲でした。つまり、線でつながっているわけではなくても見えない何かでつながっている、そんなテーマで作っていった曲なんです。そこからアルバム収録を見据えてSALUくんとJIGGくんでブラッシュアップしてくれて、「Unchained」というタイトルになって帰ってきたんです。とても素敵なテーマだなと思って、最終的にアルバムのタイトルにしました。

──歌詞の中で、SALUさんならではのフレーズだなと思ったところは?

SWAY:サビ4ラインはデカいですね。〈俺は誰にも縛られていない〉、〈誰にも縛らせもしない〉、〈俺は行きたいとこどこでも行ける〉、〈お前が俺に何を言ってこようが I just don’t care〉という4ラインは、強い気持ちが表現できていると思います。気持ちを奮い立たせてくれる歌詞ですし、自分が強くなった気分にさせてくれるんですよね。みんなでスタジオで爆音で聴ききながら、そんな話をしました。

──トラックには、どんな感想を持ちましたか?

SWAY:JIGGくんが天才的すぎるので、恐ろしいほどかっこいいトラックに仕上げてくれました。僕が札幌のラッパーだった頃は手の届かない人でしたが、今こうしてトラックをお願いできることになったのも嬉しかったです。今回JIGGくんには「クラブで聴いても気持ちいいくらいブンブンにしてください」とお願いして作ってもらったので、実際にクラブで爆音でかけてみんなで大合唱したいです。

──ここからは収録曲順に制作背景をうかがっていきます。イントロに続く「Be a Beast」は、P-CHOさん率いるOLDMANWILDIN’プロデュースの楽曲ですが、どのようなやりとりで作り上げていったのでしょうか?

SWAY:この曲もアルバム制作前からあって、それこそOLDMANWILDIN’の結成当初に作ってもらった曲だったと思います。CHOさんが考えるラップの独特のフロウや歌詞の世界観、JAY’EDくんが作るメロディ、そしてNAOtheLAIZAさんのトラックが本当に絶妙なんです。アルバムのイントロになる曲が欲しいと考えていた時に、〈この手で今の未来を変えるだけ〉という歌詞がある「Be a Beast」の世界観がばっちりハマると思って、再度OLDMANWILDIN’にブラッシュアップしてもらいました。それからCHOさんが〈飢えた奴が群がるこのコンクリートジャングル〉というバースをつけ足してくれて、みんなでスタジオに入って一気に歌詞を書き上げていきました。

──オープニング曲の後には、1stシングルの「MANZANA」が続きます。この位置に収録することで、またこの曲が持つメッセージが引き立ちますよね?

SWAY:ありがとうございます。「MANZANA」を2曲目に収録することは最初から決めていました。もともと1stシングルの表題曲として「ここからいくぜ!」というテーマで作った曲なので、このアルバムに収録することでエデンの中にいた野獣が鎖をちぎって外に出ていくという世界観を作り上げることができたと思っています。シングルとは違う聴こえ方ができたら面白いかなと思います。あと、リリースからすでに時間が経っている曲なのに、いまだに自分の中でフレッシュな聴こえ方がするのは、この「MANZANA」が持っている音楽の力なのかなと思います。

──1st先行トラック「Perfect Love」の次ぎに収録する「XXX feat. AK-69 & HIROOMI TOSAKA」は、どのような経緯で実現したコラボ曲なのでしょうか?

SWAY:『EYELAND MUSIC FESTIVAL 2018』というフェスの打ち上げで、AK-69さんが冗談混じりで「なんでアルバムに俺を呼んでくれないんだよ」と声をかけてくれたんです。凄く嬉しくて、翌朝「昨日のお話、酔いの勢いじゃないですよね?」とメールで確認したんです(笑)。そうしたらAK-69さんも「マジだよ! やろうよ」と言ってくれたので、登坂くんとのタッグが面白いんじゃないかと思って提案させてもらいました。この3人が交わるXポイント、ゴール地点である10を意味するX、そしてゴールに辿り着くXデーという3つのXを並べて「XXX」という曲にしたいということをAK-69さんにお伝えして歌詞を起こしていただきました。

──歌詞が上がってきた時の率直な感想は?

SWAY:興奮しました!

──どのあたりのリリックが刺さりました?

SWAY:やっぱり〈掲げろ その“X”〉は刺さりましたね。自分ひとりで聴いている時も、思わず両手でXを掲げたくなります(笑)。あと、〈ゼロからイチ 踏み出すその勇気を〉という歌詞は、自分に向けて書いてくれたような気がしています。「SWAY負けるなよ」というAK-69さんからのメッセージなのかなと、自分で勝手に捉えています。

──AK-69節も感じさせる曲ですよね?

SWAY:モロに(笑)。特に〈Ah, damn 眼に燃え盛るこの火に 偽りねぇ野望 If you wanna win it〉というバースは、ラップしててAK-69さんが浮かんできましたね。
 

次のページ »

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

SWAY
UNCHAINED
2018年8月29日(水)発売


<形態>
01 初回限定盤(CD+DVD) UICV-9287 3,500円(税込)
02 通常盤(CD) UICV-1101 2,500円(税込)
03 FC, mobile限定盤(CD+フォトブック+三方背スリーブケース) PROV-1916 3,500円(税込)
※フォトブック:全撮り下ろし32ページ
04 UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤(CD+ブレスバンド) PDCV-1020 3,500円(税込)
※4形態全てCDジャケット写真は異なるデザインとなります。
※4形態全てCD収録内容は同様です。
<収録曲>
01 Intro
02 Be a Beast
03 MANZANA
04 Never Say Goodbye feat. EXILE SHOKICHI & SALU
05 Perfect Love
06 XXX feat. AK-69 & HIROOMI TOSAKA
07 SWAY SWAY
08 Unchained
09 NAKED
10 Friday Night
11 Camouflage U
12 Look Up In The Sky
13 Let Me Know

 


FC限定盤
【FC限定盤】


通常盤
【通常盤】


初回限定盤
【初回限定盤】


UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤
【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤】


■DVD SWAY Documentary Interview
*SWAYがルーツから現在までを語った撮り下ろしのドキュメンタリー・インタビュー
■ブックレット表3対向 スタッフクレジット
★CDショップのみの初回予約特典:B2告知ポスター
※対象商品は初回限定盤、または通常盤のみとなります。
※特典は先着となり数に限りがありますので、早期のご予約をお奨めいたします。
※2形態のうちどちらをご予約されても同じB2告知ポスターとなり、CD1枚ご予約
につき1枚プレゼントとなります。
※「We are D.I OFFICIAL CD/DVD SHOP」、「LDH official mobile CD/DVD SHOP」、「UNIVERSAL MUSIC STORE」でのご予約は対象になりません。
※ほか一部取扱いのない店舗・オンランインショップもございます。詳しくは各CDショップにてご確認ください。

 

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP