高嶋 楓&大上 陽奈子が登場!

PassCode「Tonight / Taking you out」インタビュー

PassCode「Tonight / Taking you out」インタビュー

2018/09/25


──「Tonight」についてお聞きしますが、平地さんから渡されたデモを聴いた時の印象は?

高嶋:前々作『ZENITH』はPassCodeのラウドで激しい部分を詰め込んだアルバムやって、その反面前作のメジャー3rdシングル「Ray」はラウドな曲を聴かない人も聴きやすい曲で。「Tonight」は “『ZENITH』と「Ray」のイイトコどりだな” って私は思いました。

大上:最初は高嶋の静かな歌声から始まるんですけど、「エモっ!」って(笑)。「早く歌いたいな」って思わせてくれたし、「いつもとは違った意味で感情を込められそうやな」って思いました。

高嶋:一緒に歌いたくなると思うので、ライブで一緒に歌ってほしいです!

──次にレコーディングで心がけたことを教えてください。

高嶋:歌詞が “会いたい” とか儚い感じだったのですが、私は声に表現を付けるのが苦手で。なので切ない心になりながら、スゴいエモく歌うことを心がけました(笑)。例えば “会いたい” だったら「会いたいよなぁ〜」って共感しながらとか(笑)

大上:「Tonight」は今までの楽曲の中で、一番感情を入れて歌うことを心がけました。これまでの楽曲は表情を歌に出そうと思っても、どこかで「ちゃんと音程取らなきゃ」とか「キレイに歌わなきゃ」みたいな部分が心のどこかにあって。今回は本当に気持ちで歌うことができました。あとは、これまでと同様英語の歌詞があるんですが、今回は発音にスゴくこだわっていて。英詞を書いてくださっている方がネイティブで、英語ペラペラなんです。その方にレコーディングに来ていただいて、発音を色々と指摘してもらったり。

──確かに過去の作品と比較すると、格段に発音が上手になってますよね!

高嶋:私は以前、英語の部分にカタカナを書いて覚えてたんです(笑)。今は読めるようになったので、英語として読んでいます。

──その他に気に入っているフレーズは?

高嶋:全部好きなんですけど、やっぱり出だしの自分のパートですね。でも、レコーディングではスゴいてこずって。静かなフレーズだからこそ、感情が聴こえやすいので。何回も録り直したのを覚えています。頑張って声をかすれさせたりとか、聴き手に伝わるようにしました。

大上:私は “現実なんて残酷なんだろう So, I felt…” っていう部分があるですけど、「いやぁ現実は残酷やなぁ」って(笑)

──何があったのか気になります(笑)

大上:日々、色々感じたことを込めて歌いました。 中でも “So, I felt…” の部分は平地さんに「スゴい勢いを付けて歌って!」って言われたんですけど、何度か歌い直したり苦戦しましたね。

──歌い直しすることは珍しいのですか?

大上:曲によるよな?

高嶋:うん。

大上:スゴい早く終わるときもあれば、巻いて終わる時もあるし。

高嶋:英語が多い曲の場合はこだわりが強い分、時間がかかります。

──次に「Taking you out」ですが、世界で人気のゲームアプリ『アスファルト9:Legends』とコラボしたMVになっていますね。

大上:当初コラボは決まっていなくて、それから歌詞も少し変更になったんです。今田がシャウトする「カカカカカ!」も「カカカカカカー!」やったもんな?

高嶋:うん。「もっと勢いつけよう」ってなって。

大上:歌詞にある “speeding” とか “CRASH” は『アスファルト9』を連想させるものを盛り込んだりしてます。

──では、歌詞が変わった後のデモを聴いた時の印象は?

高嶋:今までにないくらいメチャメチャシャウトが多くて。「Tonight」は静かに始まりますけど、この曲はいきなりシャウトで始まるんです。平地さんに「やりましたね」って(笑)。好きな人はスゴくハマる曲だと思います。

── “これぞPassCodeだ!” という印象でした。

大上:私も「PassCodeやなぁ」って思いました(笑)。前シングル「Ray」で一旦落ち着いたので、ガン!とPassCodeらしさが強調された気がしてます。『ZENITH』のままの勢いじゃなく、「Ray」があったことが、とても良かったと感じていて。今までPassCodeに興味がなかった、周りの友達や学生時代の先輩にも「いい曲だね」って言ってもらえたんです。そして今回の「Taking you out」のMVを見て「今回の曲もめっちゃいいね!」って。一回大衆の耳に入りやすい曲があったから、激しい曲でも受け入れてもらえたんだと実感しました。

高嶋:実は「Ray」を作った後、平地さんが「次はメチャクチャ遊びたい」みたいなことを言ってて。「Taking you out」を聴いた時「本当にメチャクチャ遊んでるな」って思いました(笑)。「暴れてるなぁ」って。

──レコーディングではどういったことを心がけましたか?

高嶋:基本的には激しく感情的に歌っているんですけど、“必要な自信がなくて” というフレーズでは無機質な感じを表現するために、顔も真顔で歌いました。

大上:私個人としてはキーの高さとかが難しくて。「Tonight」も高いんですけど、突き抜けているので歌いやすくて。「Taking you out」は低くもなく高くもなく中間ぐらいのイメージだったので、サビは頑張って歌いましたね。

──個人的に気に入っているフレーズについても教えてください。

高嶋:さっきも話に出た、今田の「カカカカカカ!」が今までにはないシャウトの仕方だったので印象的でした。

──あれは切り貼りせず、実際に「カカカカカカ!」とシャウトされているのですか?

高嶋:そうです。ライブでもシャウトすると思います。今田はライブになったら豹変するんで。

大上:実は、今田本人は切り貼りすると思ってたんです。レコーディングで平地さんに「え、そこは普通に歌うで」って言われてました(笑)

──大上さんが気に入っているフレーズは?

大上: “必要な自信がなくて” なんですけど、無機質の中に女の子らしさがあって。かえちゃん(高嶋)の声も相まって、それまでの激しいパートからガラッと雰囲気が変わるのが好きです。

──MVも公開されていますが、撮影でのエピソードを教えてください。

高嶋:枕投げをしたんですけど、中に銀の紙テープをパンパンに詰めていたので結構硬くて。監督さんに「思う存分やりあってください!」って言われたんです。だから本気でやりあって、痛かったです(笑)。5回ぐらいはやり合いました。

──撮影時間はどれぐらい?

大上:結構かかったっけ?

高嶋:お昼から...明け方の3時ぐらいだったと思います。メチャメチャ踊って、枕投げして、ゲームして(笑)。

大上:顔がアップになるシーンを一番最後に撮ったんですけど、「顔疲れてないかな?大丈夫かな?」って心配でした。

次のページ »

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

メジャー4thシングル
「Tonight / Taking you out」

2018年9月12日(水)発売


・初回限定盤

初回限定

・価 格:¥3,500 (税込)
・品番:UICZ-9105

CD
1. Tonight
2.Taking you out

DVD
PassCode presents VERSUS PASSCODE 2018 at BIGCAT
Ray / ONE STEP BEYOND / Same to you / Toxic / rise in revolt / TRICKSTER / Scarlet night / Never Sleep Again / PARALLEL / bite the bullet / TRACE / Insanity / UNTILL THE DAWN / MISS UNLIMITED

・特典
購入者特典:オリジナルB2ポスタープレゼント
全国各地の応援店にて初回盤もしくは通常盤をご予約・ご購入頂いた方に、先着で「オリジナルB2ポスター」をプレゼント。
*応援店はオフィシャルウェブサイトで近日公開致します。
https://passcode-official.com



・通常盤

通常
・価 格:¥1,080 (税込)
・品番:UICZ-5100

CD
1. Tonight
2.Taking you out

・特典
購入者特典:オリジナルB2ポスタープレゼント
全国各地の応援店にて初回盤もしくは通常盤をご予約・ご購入頂いた方に、先着で「オリジナルB2ポスター」をプレゼント。
*応援店はオフィシャルウェブサイトで近日公開致します。
https://passcode-official.com
ライブ情報

P a s s C o d e T o u r 2 0 1 8

09.20 (Thu) 東京 TSUTAYA O-EAST
開場18:00/開演19:00

09.22 (Sat) 名古屋 THE BOTTOM LINE
開場16:00/開演17:00

09.23 (Sun) 大阪 なんばHatch
開場16:00/開演17:00

09.29 (Sat) 福岡 DRUM Be-1
開場16:00/開演17:00

09.30 (Sun) 福岡 DRUM Be-1
開場16:00/開演17:00

10.07 (Sun) 石川 金沢EIGHT HALL
開場16:00/開演17:00

10.13 (Sat) 台湾 CLAPPER STUDIO
開場17:00/開演18:00

10.20 (Sat) 韓国 West Bridge Live Hall
開場17:00/開演18:00

10.21 (Sun) 韓国 West Bridge Live Hall
開場16:00/開演17:00

11.02 (Fri) 広島 SECOND CRUTCH
開場18:30/開演19:00

11.03 (Sat) 香川 MONSTER
開場16:00/開演17:00

11.04 (Sun) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
開場16:00/開演17:00

11.10 (Sat) 兵庫 神戸Harbor Studio
開場16:00/開演17:00

11.11 (Sun) 岐阜 CLUB ROOTS
開場16:00/開演17:00

12.08 (Sat) 新潟 studio NEXS
開場16:00/開演17:00

12.09 (Sun) 福島 郡山HIPSHOT JAPAN
開場16:00/開演17:00

12.15 (Sat) 北海道 PENNY LANE24
開場16:00/開演17:00

12.20 (Thu) 宮城 仙台Rensa
開場18:00/開演19:00

12.22 (Sat) 東京 Zepp DiverCity TOKYO
開場17:00/開演18:00


【チケット】
一般発売

イープラス
http://eplus.jp/passcode2018/
ローソンチケット
http://l-tike.com/passcode2018
チケットぴあ
http://w.pia.jp/t/passcode2018/
PassCode プロフィール


L to R
高嶋 楓(たかしま かえで)
南 菜生(みなみ なお)
今田 夢菜(いまだ ゆな)
大上 陽奈子(おおがみ ひなこ)


2014年結成。ラウドロックを中心に変幻自在の楽曲群を擁し、メンバーのシャウト・スクリームが異彩を放つPassCode [パスコード]。

2015年4月東 京・新 宿BLAZE でワンマンライブ 「 TRIAL of NEXTAGE 」 を開催。同年8月に は SUMME SONIC2015(幕張メッセ )、TOKYO IDOLFESTIVAL2015(お台場)、@JAM EXPO2015(横浜アリーナ)など、夏の大型フェスに新人としては異例の出演を果たし、本格志向のロックファンからアイドルファンまで幅広い支持を獲得する。同年10月、初の5大都市単独ツアー「TRIAL OF PASSCODE」を開催。2016年1月2日ツアーファイナル東京・赤坂BLITZ公演は1000人を越える動員を記録。

2016年5月25日には2ndアルバム「VIRTUAL」を発売、そして単独ツアー「PassCode VIRTUAL TOUR 2016」を開催。同年8月8日初のバンドセットを披露したツアーファイナル東京・Zepp DiverCity公演は1500人を越える動員を記録、そしてユニバーサルミュージックよりメジャーデビューを発表。同年10月26日、メジャーデビューシングル「MISS UNLIMITED」を発売。iTunes総合6位、ロックアルバムチャートでは2位を記録。

海外でも話題となりタイのiTunes総合チャート13位、ロックチャート1位、フランスやドイツのiTunesでもチャートインを果たした。同年11月3日より全国11カ所にも及ぶバンドセットツアー「PassCode MISS UNLIMITED Tour 2016」を開催。同年12月28日ツアーファイナルとなる東京・新木場STUDIO COAST公演は、PassCode史上最大規模のバンドセットで挑み、そのスタイルを確立させた。

2017年、3月には初の海外遠征となる台湾「メガポートフェスティバル」、そして神戸ワールド記念ホールで開催されたFear, andLoathing in Las Vegas主催「MEGA VEGAS 2017」へ出演を果たす。同年4月19日、メジャーセカンドシングル「bite the bullet」を発売。オリコンデイリー12位、ウィークリー16位を記録。iTunesでは日本の総合チャート6位、ロックアルバムチャートで2位を記録、そして海外各国でもTOP20圏内に続々とチャートイン。6月28日より初の対バンツアー「PassCode “bite the bullet” Short Tour 2017」も開催。さらには『JOIN ALIVE 2017』(北海道)『SUMMER SONIC 2017』(東京・大阪)など大型ロックフェスに参戦。8月2日、満を持してメジャーファーストアルバム「ZENITH」を発売。オリコンアルバムデイリー16位、ウィークリー20位を記録。iTunesでも日本、台湾、タイ、香港の4カ国のロックルバムチャートで1位を記録。さらに「bite the bullet」はテレビ東京系土曜ドラマ「フリンジマン」主題歌に抜擢される。11月10日より全国12都市16公演に及ぶバンドセットツアーを開催し、全公演ソールドアウトを果たす。

2018年、2月28日インディーズ時代の名盤より厳選された楽曲群を新たにスタジオレコーディングしたアルバム「Locus」を発売。オリコンアルバムデイリー13位、ウィークリー15位を獲得し自身最高位記録更新、さらにiTunesでは自身初の日本の総合チャート1位を記録。4月には幕張メッセ 9~11ホールにて開催されたVans Warped Tour Japan 2018 presented by XFLAGへ参戦。同年5月23日メジャー3rdシングル「Ray」を発売。

オフィシャルサイト

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP