メンバーによる解説動画も公開!

マキシマムザ亮君、 コッテリエキストラ800人と撮影された新曲「ハングリープライド」使用のCMがついに完成!

マキシマムザ亮君、 コッテリエキストラ800人と撮影された新曲「ハングリープライド」使用のCMがついに完成!

2019/03/07


マキシマムザ亮君

日清食品「カップヌードル コッテリーナイス」のアウトサイダー広告代理人にマキシマムザ亮君が就任。そのプロモーションのクリエイティブ全てを担い、広告業界に参入するマキシマムザ亮君が企画・制作を手掛ける同商品のTVCMが本日公開となった!

メンバーと800名を超えるスーツ姿の熱狂的ファンとで繰り広げられたコッテリハードコアな映像が完成。新曲「ハングリープライド」を使用しての撮影に、参加したファンは普段のライブそのままの熱気と暴れっぷりで、さながらMVのワンシーンのような仕上がりになっている。
 

なお、マキシマムザ亮君は「カップヌードル コッテリーナイス」からインスピレーションを受け、ホルモン【フランチャイズ制】の導入とそれに伴う2号店のメンバー募集を表明。現在、2号店メンバーの選考を行っており、その2号店メンバー決定までの軌跡を追うドキュメント番組『ガチンコ ザ ホルモン~コッテリの継承者たち~』がマキシマム ザ ホルモンYouTube公式チャンネルにて3月19日(火)頃から配信される。
 
それに先駆けて、同チャンネルでは「カップヌードル コッテリーナイス」完成CMとメイキング映像を鑑賞しながらメンバーが解説する様子がアップされている。また、動画内では、本来「カップヌードル コッテリーナイス」CMで初出しのはずだった新曲「ハングリープライド」がフライング使用された「日清カレーメシ」CMについての新展開も!興奮の撮影現場の舞台裏と合わせ、是非チェックしてほしい。


【PROFILE】
1998年八王子にて結成。日本語を独自の語感表現で操り、意味不明に見えて実は奥深いメッセージ性を持つ強烈な歌詞と、激しいラウドロックにPOPなメロディを融合させたサウンドスタイルが特徴で、マキシマムザ亮君 (歌と6弦と弟)、ダイスケはん (キャーキャーうるさい方)、上ちゃん (4弦)、ナヲ (ドラムと女声と姉)の4人からなるロックバンド。
 
2013年アルバム「予襲復讐」はオリコンアルバムチャート3週連続1位を獲得し35万枚を超えるセールスを記録。収録曲「F」はドラゴンボールの原作者鳥山明先生が楽曲「F」を聴きインスパイアされて出来上がった2015年映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の劇中バトルソングとして起用された。2015年11月にリリースした映像作品「Deka Vs Deka~デカ対デカ~」は映画も含めたオリコンDVD総合週間ランキングで1位、10万枚超えのセールスを記録し、「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS」の“BEST CONTENTS CREATION”賞、「第8回CDショップ大賞2016」の“ライブ作品賞”、ジャケットイラストは米国イラストレーター協会のシルバーメダルを受賞した。
          
2018年9月にダイスケはんの重度の頸椎椎間板ヘルニアが判明し、ライブ活動の一時休止を発表。現在は手術が成功し、ライブ活動再開に向けてリハビリ中である。2018年11月、漫画+CDの書籍として発刊された新作“これからの麺カタコッテリの話をしよう”は、漫画の内容や楽曲だけではなく特典等も話題を集め、ロックバンド史上初の快挙となるオリコン週間BOOKランキングのコミック・エッセイジャンルで3週連続1位を獲得した。

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP