プロジェクション・マッピングを取り入れた演出で魅了し、未発表の新曲も初披露!

ちゃんみな、初となるホールツアーが大阪・NHK大阪ホールより開幕!

ちゃんみな、初となるホールツアーが大阪・NHK大阪ホールより開幕!

2019/11/15


ちゃんみなちゃんみな
Photo by ハヤシマコ

 

ちゃんみな
ちゃんみな
ちゃんみな

 

ちゃんみな
日本語、英語、韓国語の3ヶ国語を巧みに操るトリリンガルラッパー/シンガーのちゃんみなの、初となるホールツアーが大阪・NHK大阪ホールより開幕した。毎回コンセプトを決め単なるライブではなく、エンターテインメント・ショーを見せるちゃんみなだが、今回のツアーのコンセプトは最新アルバム『Never Grow Up』=大人にならない に基づき、“ちゃんみな流ネバーランド”を実現。“時間”がキーワードとなっており、今回ためにステージにはセットに大きな時計が登場し、開演時間になると時が止まるところからスタートする。また、ステージ上のセットには、シーンごとに異なるプロジェクション・マッピングが映し出され、会場にいるファンを驚かせていた。
 
初めのMCパートでは、「大阪、久しぶりです!」と挨拶をし、ファンにとっておなじみの曲、最新アルバム『Never Grow Up』収録曲に加え、「みなさんに会えてとっても嬉しいです。会いたかったです。今からやる曲はどこにも出していない新曲なんですよ」というちゃんみなのMCのもと、発売前・未発表の楽曲がサプライズとして初披露され、会場にかけつけたファンは歓喜の声を上げていた。
 
さらに、アンコールでは、長い間待ち望まれていた公式ファンクラブの開設も発表され、ファンにとっては嬉しいお知らせが続いた。

「みんなに会うと、時間が止まったように感じられて、ネバーランドに来た気持ちになります。」と話し、「3月のワンマンで、小さいことでもいいから次に私に会うまでに夢を叶えてください、と約束してから、夢を叶えた人はいますか?」と会場に問いかけ、ファンと熱い約束を確認し、最後に「おおきに!」と言い、ちゃんみなはステージを去った。
 
このパフォーマンスを見ることができるのは、11月22日の東京・LINE CUBE SHIBUYA、12月12日の東京・昭和女子大学人見記念講堂での公演のみなので、是非期待していただきたい。



 
 

この記事の画像一覧

(全5枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP