10月25日(日)21:00〜

ナオト・インティライミ、ナオトフェスvol.4は3人のボーカルが奇跡のコラボ!(話題のシンガソングライター“優里”、TikTokのフォロワー数40万人超えの“れん”が初出演!)

ナオト・インティライミ、ナオトフェスvol.4は3人のボーカルが奇跡のコラボ!(話題のシンガソングライター“優里”、TikTokのフォロワー数40万人超えの“れん”が初出演!)

2020/10/27

ナオト・インティライミ
ナオト・インティライミ
初の EP「オモワクドオリ」のリリースを記念して、ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」にて『ナオトフェス』を毎月開催中のナオト・ インティライミ。vol.1のゲストは TikTok クリエイターにしてハンドボール日本代表主将の土井レミイ杏利。vol.2 は 注目のバンドNovelbright、vol.3には今年大ブレイクを果たしたYOASOBI が出演し、 TikTokならではの演出とパフォーマンスで画面の向こうのオーディエンスを喜ばせた。

『ナオトフェス』vol.4のゲストは、ストリーミングを中心に「かくれんぼ」がヒット中のシンガーソングライター“優里”、そして、TikTok 約 40 万人フォロワーを誇る現役高校生シンガー”れん”。個性溢れる歌をたっぷりと体感できるライブが繰り広げられた。

21時ちょうどに配信がスタートすると、東京タワーをバックにナオト・インティライミが登場。「週末、まだ終わらない! いまから1時間は、またテンション上がるような配信になるんでしょ!?」と挨拶した後、ゲストの優里、れんを呼び込む。ナオトが「いつから歌ってるの?」「TikTok生配信はやったことあるの?」と質問を投げかけ、リラックスしたトークが繰り広げられた。

「ソロ3人が集まるのって、すごい新鮮」(ナオト)という言葉から、まずは優里がメジャーデビュー曲「ピーターパン」を弾き語りで披露、リアルな思いをたたえた歌声を響かせる。続いて、れんが「猫」(DISH//)をカバー。感情豊かなボーカルに視聴者からは「この声、惚れる」「歌声に引き込まれる」といったコメントが多数寄せられた。「横に大物二人がいたので、緊張が…」(れん)「セクシーでした!」(優里)「でも、このシチュエーションは特殊かも。TikTok始めるまで、アーティストの前で歌ったことなかったから」(ナオト)というトークを挟み、優里の新曲「ドライフラワー」へ。

男性目線の失恋ソング「かくれんぼ」を女性側の目線で綴った楽曲を切々と歌い上げ、大きな感動で包み込んだ。さらに3人で「かくれんぼ」を披露。ナオト、優里、れんが切ない恋愛感情を描き出す、超レアなシーンが実現した。続いてはナオトが「大切な人と別れたときに寄り添えるような曲を書きたかった」という、TikTokでもカバーされ話題の「愛してた」を熱唱。“君をずっと愛してた”という思いを真っ直ぐに歌い上げ、視聴者からは「泣ける」「ギターバージョンいいね」などのコメントが送られた。最後は全員でナオトの「オモワクドオリ」(EP「オモワクドオリ」収録)をセッション。3人のボーカルとハーモニーが心地よい躍動感を生み出し、ライブはエンディングを迎えた。意気投合した3人は、「また一緒にやろうよ」(ナオト)と約束。個性と才能を併せ持った3人のシンガーソングライターの共演が実現した、大充実の配信ライブだった。

■「ナオトフェスvol.4」概要
日時:2020年10月25日(日)21:00〜
出演者:ナオト・インティライミ、優里、れん

・ナオト・インティライミ公式アカウント
https://www.tiktok.com/@naotointiraymi
・優里公式アカウント
https://www.tiktok.com/@yuuri_music_official
・れん 公式アカウント
https://www.tiktok.com/@ren.0625
 

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP