11.1(日)2ndステージをレポート

WONK、BLUE NOTE TOKYOでワンマンライブ「BLUE NOTE TOKYO LIVE 2020」を開催!

WONK、BLUE NOTE TOKYOでワンマンライブ「BLUE NOTE TOKYO LIVE 2020」を開催!

2020/11/05

WONK
WONK

 

WONK
WONK

 

WONK
WONK
WONK

11月1日、WONKがBLUE NOTE TOKYOでワンマンライブ「BLUE NOTE TOKYO LIVE 2020」を開催した。8月に行われ、最先端のテクノロジーを駆使したオンラインライブ「『EYES』SPECIAL 3DCG LIVE」では、最新作『EYES』のSF的な世界観をそのまま再現したが、この日は一転、アコースティックセットならではの新旧織り交ぜたセットリストを披露。ここでは同時生配信も行われた、セカンドステージについてレポートする。

 WONK BLUE NOTE TOKYO LIVE 2020
オフィシャル・ライブレポート

日付:2020.11.1(日)2ndステージ
ライター:金子厚武

「3DCG LIVE」がメンバー4人のみで行われたのに対して、この日はギターの小川翔と、サックス/フルートのMELRAWをサポートに迎えた6人編成で、“Gather Round”からライブがスタート。長塚健斗は間奏パートで「お客さんの前でライブができることの特別さを噛みしめています」と語り、新型コロナウィルスの感染予防対策で歓声を上げられないオーディエンスに、「テンションが上がったら心の中で叫んでください。ちゃんと聴こえてます。準備はよろしいでしょうか?」と呼びかけると、場内は大きな拍手に包まれた。

“Sweeter,More,Bitter”や“1914”といった序盤の曲はオリジナルの音源だとシンセがフィーチャーされているが、この日の江﨑文武はグランドピアノとエレピを交互にプレイし、楽曲の新たな魅力を引き出していく。フランスのEd Banger所属のDJ/ビートメイカーのMydによるリミックスが話題の“Orange Mug”も、長塚がスタンドマイクで歌い上げ、アウトロはMELRAWの艶やかなサックスが締め括った。

MCでは3年ぶりにBLUE NOTE公演が開催できたことの喜びを語り、メンバーそれぞれが学生時代から通っているというBLUE NOTEの思い出を語り合う。また、料理人としても知られる長塚が配信番組「#ケントズキッチン」でレシピを公開したボロネーズや、バンド名の由来であるセロニアス・モンクの帽子をイメージして飾り付けられ、『EYES』の収録曲から名前が取られたカクテル「In Your Own Way」といったBLUE NOTE公演用の特別なメニューを紹介するなど、和やかな雰囲気も印象的だった。

井上幹がエレキベースをウッドベースに持ち替えた中盤からは、よりアコースティックならではの雰囲気に。MELRAWのフルートをフィーチャーした“Midnight Cruise”に続く“Feelin’ You”では、アウトロで荒田洸がドラムソロを披露し、徐々に手数が増えていく、その高揚感がたまらない。江﨑のメランコリックで気品のあるピアノソロから始まる“Over”では、長塚が椅子に座って物悲しいメロディーを綴り、途中でリズム隊が加わると、マレットを用いた荒田の抑制の効いたプレイが、秘めた熱量を浮かび上がらせていた。

「ライブって楽しいですね」と長塚がしみじみつぶやくと、The Internetのカバー“La di da”では、ゲストシンガーのMALIYAが登場。小川の情熱的なガットギターとともに、MALIYAが存在感のある歌声を披露し、長塚とも息の合った華やかなパフォーマンスを展開する。さらに、オリジナルはダンスミュージック的な要素の強い“HEROISM”も、この日はグランドピアノとウッドベースで生まれ変わり、ネオソウル風の名曲“Savior”でもアウトロのフルートが際立つなど、やはり生楽器が独自のムードを作り上げていた。

「どこに行くにも、誰と会うにも、気を使わないといけない中で、だんだんライブ会場で音を共有し合い、いろんなものを共有し合えるようになってきて、同じ時間を共有できるのは本当に特別なことだと思います」と、長塚が改めてオーディエンスに感謝を伝え、本編ラストに届けられたのは“Cyberspace Love”。盛大な拍手と、おそらくは心の中での歓声が贈られる中、メンバーは一度ステージを後にした。

鳴り止まない拍手に応えてメンバーが再びステージに姿を現し、アンコールに演奏されたのは、メロウなバラードナンバーの“Small Thing”。「些細なことが世界を明るく照らしてくれる」という想いのこもった曲を長塚がしっとりと歌い上げ、貴重な一夜が幕を閉じた。聖地BLUE NOTEでのアコースティックセットだからこそ、メンバーそれぞれがジャズマンとしての地肩の強さを発揮しつつ、バンドとオーディエンスが同じ音、空間、時間を親密に共有することの尊さを改めて感じさせる、素晴らしいライブだった。


このライブの様子は、見逃し放送でストリーミングが可能となっており、当日ライブを見逃した方はぜひチェックを。

また、12/2(水)からは仙台公演を皮切りに全国ツアーをスタート、同日よりWONK「EYES SPECIAL 3DCG LIVE」Blu-rayも発売される。2020年もまだまだWONKにご注目いただきたい。

【RELEASE INFORMATION】
■Blu-ray
アーティスト:WONK
タイトル:EYES SPECIAL 3DCG LIVE
発売日: 2020年12月2日(水)
品番:POXD-23001
LIVE本編:約103分
特典映像:メンバーによるVIDEOコメンタリー(Picture in Picture)全編収録

曲順 全18曲
01. Introduction #5 EYES 02. EYES 03. Rollin’ 04. Orange Mug 05. Sweeter, More Bitter 06. Filament 07. Mad Puppet 08. Blue Moon 09. Signal 10. Esc 11. Third Kind 12. Depth of Blue 13. If 14. Heroism 15. Fantasist 16. Nothing 17. Phantom Lane 18. In Your Own Way

予約ページ
■EPISTROPH WEB STORE https://store.epistroph.tokyo/

■UNIVERSAL MUSIC STORE https://store.universal-music.co.jp/product/poxd23001/
■CDショップ
にて予約受付開始


■WONK『EYES』REMIX
WONK,Myd
「Orange Mug - Myd Remix」

2020年9月30日(水)配信
https://Caroline.lnk.to/WONK_Remix

■WONK 4th Album『EYES』
2020年6月17日(水)配信
https://caroline.lnk.to/Eyes_AL_Wonk

Label:EPISTROPH/Caroline International

【LIVE INFORMATION】
■BLUE NOTE TOKYO LIVE 2020 見逃し配信のご案内

販売終了日:11.8 sun. 11:00pm、配信期限:11.8 sun. 11:59pm
ぴあhttps://w.pia.jp/t/wonk-pls/
イープラスhttps://eplus.jp/sf/detail/2336590002-P0030015
ZAIKO (For International Purchaser)https://bluenotetokyo.zaiko.io/e/wonk-2020
詳しくは、http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/wonk/
 
■WONK LIVE TOUR 2020  
・仙台公演 2020年12月2日(水) at Rensa   
・札幌公演 2020年12月6日(日) at Zepp Sapporo
・福岡公演 2020年12月9日(水) at 福岡BEAT STATION
・名古屋公演 2020年12月16日(水) at 名古屋BOTTOM LINE
・大阪公演 2020年12月15日(火) at UMEDA CLUB QUATTRO
・東京公演2021年 1月8日(金) at SHIBUYA O-EAST
詳しくは、http://www.wonk.tokyo/live/2020/6/26/wonk-live-tour-2020

この記事の画像一覧

(全7枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP