生誕80年!番組誕生40年!記念イベント

小林克也、3月27日(土)に『小林克也&ベストヒットUSA DOUBLE CELEBRATION ECSTASY NIGHT!!!!』開催!

小林克也、3月27日(土)に『小林克也&ベストヒットUSA DOUBLE CELEBRATION ECSTASY NIGHT!!!!』開催!

2021/03/29

「小林克也&ベストヒットUSA DOUBLE CELEBRATION ECSTASY NIGHT!!!!
「小林克也&ベストヒットUSA DOUBLE CELEBRATION ECSTASY NIGHT!!!!
「小林克也&ベストヒットUSA DOUBLE CELEBRATION ECSTASY NIGHT!!!!
「小林克也&ベストヒットUSA DOUBLE CELEBRATION ECSTASY NIGHT!!!!
2021年3月27日(土)、小林克也生誕80年の当日、Zepp Hanedaにて80歳の誕生日と人気長寿音楽番組「ベストヒットUSA」(BS朝日 毎週金曜 深夜0:00-0:30)の番組誕生40年を記念して『小林克也&ベストヒットUSA DOUBLE CELEBRATION ECSTASY NIGHT!!!!』と題したイベントが会場と同時生配信で開催された。

開演前よりスペシャルゲストの一人、DJ KAORIが80’sのアンセムを連発し会場を盛り上げる中、小林を師と仰ぐ、鮎貝健が会場にて生影アナ原稿を読み上げ、まさに影ながらお祝いに花を添える。

いよいよ第一部がスタート。80年代にシニカルでブラックユーモアな世界観で一世を風靡したスネークマンショーの伊武雅刀が登場。久しぶりの再会を喜び、お互いの年齢と体調を気遣う会話を進めるうちに人気ネタ「今夜はごちそうさま」へ。伊武との出会いや第一印象からスネークマンショー結成の経緯などを語り、続けて「シンナーに気をつけろ」のパフォーマンスに。開演冒頭からマスクにて感染症対策をした会場の観衆や生配信者達だけでなく、スタッフからも堪え切れない爆笑の渦が生まれる。

そして、「美しき日本」を声のプロフェッショナル2人が共に語りつつ、1982年から活動開始した小林克也&ザ・ナンバーワン・バンドが登場。結成当初からのメンバーの一人であり、バンドマスターの佐藤輝夫やデビュー当時より親交のあるサザンオールスターズ桑田佳祐の大学の後輩であり、桑田の紹介でバンドに参加した斎藤誠ら、小林の音楽活動を支えてきた6名のメンバーをバックに小林と伊武がじっくりと聴かせた。続いてザ・ナンバーワン・バンドのコーナー、これまでリリースした多くの作品から「野球小僧」、「プロレスを10倍楽しむ方法」、「動物園」などの代表曲をはじめ、ザ・ビートルズの「A HARD DAY’S NIGHT」、フランク永井の「有楽町で逢いましょう」などメンバー紹介を挟みながら、小林が思い入れのある楽曲をパフォーマンス。DJやナレーションなどで知られる歌声だけでなく、スネークマンショーにも通じる声音を変えたコミカルなヴォーカルを使い分けて沸かせた。

その後、DJ KAORI、伊武雅刀に続き、お祝いに駆けつけたROLLYはQUEENの代表曲「We Will Rock You」のHappy Birthday Special Verを演奏。1982年リリースのファースト・アルバム『もも』に参加したムーンライダーズのメンバー白井良明、鈴木慶一も駆けつけ同バンドの「BEATITUDE」、鮎川誠(シーナ&ザ・ロケッツ)はスネークマンショーのアルバムにも収録されているジャパニーズ・ロックの名曲「レモンティー」でロック魂が炸裂、斎藤誠との熱いギター共演が実現。小林の大学の後輩でもある俳優の中村雅俊はサザン桑田作曲の「恋人も濡れる街角」を大人の色気でしっとりと披露するなどスペシャルゲストが続々登場し、それぞれ小林との思い出トークに花が咲いた。そして第一部が終了。

感染症対策の一つとして、20分の休憩時間を設けるが、その時間さえ無駄にしないかのように贅沢にもDJ KAORIのパフォーマンスが会場を盛り上げる。

休憩終了後の第二部は番組「ベストヒットUSA」のオープニング曲でスタート。ステージ真ん中にはお馴染みの番組タイトルネオン管が輝き会場は一気に番組の世界へ。ザ・ナンバーワン・バンドをバックに従えてヒューイ・ルイス&ザ・ニュース「THE POWER OF LOVE」、デビット・ボウイ「LET’S DANCE」、カルチャー・クラブ「カーマは気まぐれ」、アレンジを変えたマイケル・ジャクソン「BEAT IT」など80年代に番組を彩った世界的大ヒット曲に続いて、再び小林克也の世界観へ移行し、「六本木のベンちゃん」、「ケンタッキーの東」、2018 年にリリースしたアルバム『鯛 ~最後の晩餐~』に収録され、小林の生まれ故郷を歌った「FUKUYAMA」などを披露し、80歳とは思えない圧巻のパフォーマンスを展開し、歓喜と感動のうちに本編終了。

そして、アロハシャツに着替えた面々が登場し、アンコールへ突入すると思いきや、いきなりサプライズが起こる。長年の付き合いを物語るように阿吽の呼吸でキーボードの深町栄をきっかけにバンドが“ハッピーバースデー”を演奏、段取りとは違う流れに小林は驚きを隠せない。バースデーケーキと共にゲストがステージに登場し、会場と生配信視聴者が一体となって盛り上がりは最高潮に。アンコールでは『ザ・ナンバーワン・バンドのテーマ』、1982年のデビューシングルの「うわさのカム・トゥ・ハワイ」、最後には様々な祈りを込めてジョン・レノンの「IMAGINE」の詩をしめやかに語り終了。

ゲストのパフォーマンスとアンコールを含めて31曲を披露し、トークを含めて(驚異!)の3時間を超える小林克也の80歳と番組40歳のバースデーが終了し、小林克也の健在ぶりを名実ともにアピールした。

なお、コロナ感染対策としてソーシャルディスタンス対応、会場収容人数の半分の集客で実施。

加えて、本日の模様は番組放送をスタートした「Bridgestone Sound Highway ベストヒットUSA」と題し、2時間スペシャル(2021年4月4日(日)21:00~22:54)として、番組初のゴールデン帯の放送でダイジェスト版に編集され放送される。

■番組誕生40年!ベストヒットUSA 2時間スペシャル番組が決定!
Bridgestone Sound Highway ベストヒットUSA
〜番組誕生祝40年!Happy Anniversary Special!!!!
*放送日時:2021年4月4日(日)21:00~22:54
*放送開始した4月4日に初のゴールデン帯で放送!

小林克也生誕80年!番組誕生40年!アニバーサリー・イヤーを記念して、
「ベストヒットUSA80/40プロジェクト」を立ち上げ、これまで様々な企画・イベントを実施。
そして、いよいよ集大成となるベストヒットUSA2時間スペシャル番組が決定しました!

<番組概要>
1981年4月4日からテレビ朝日で放送を開始し、今年で番組誕生40年を迎えます。それを記念して、番組スタート時の「Bridgestone Sound Highway ベストヒットUSA」を2時間スペシャルとして復活させ、40歳の誕生日を祝います。番組ゆかりのアーティストや当時の貴重映像などを交えながら、80年代を振り返るというスペシャルな内容となります。スペシャルゲストに、ニューヨークからボン・ジョヴィが登場。

<番組内容>
番組同様80年代にそのキャリアをスタートさせ現在もそのサウンドが愛されるミュージシャンたちを紹介。当時のエピソードを紹介しながら、いまに通じる音楽の普遍性を常に『時代』を聴き続けてきた小林克也が解説します。スペシャルゲストにボン・ジョヴィのジョンがニューヨークから登場!ボン・ジョヴィが初来日した1984年に番組出演した時の映像を見て、ジョンは思わず、「WOWすごいな!」と思わず笑みをこぼすと、小林は、「君はスタイルを貫き、ずっと第一線で活躍してきた」と伝えると、ジョンは、「ずっと自分を偽らずにやってきた。間違いなく歳をとったが、いい歳のとり方をしたと思う。自分の功績を誇りに思っている。」と振り返りました。大きな転機となった大ヒットアルバム『Slippery When Wet』(邦題:ワイルド・イン・ザ・ストリーツ)の制作秘話からパンデミックの中、発表された最新アルバムまで、ボン・ジョヴィの音楽キャリアを振り返る内容となっています。そして、ボイストレーニングは毎日欠かさずに行っているという普段のルーティンについても話してくれました。さらに80年代の懐かしい貴重映像も満載!時代を彩ったアーティストたちが続々登場します!

ベストヒットUSAホームページ  http://www.bs-asahi.co.jp/usa/
 

この記事の画像一覧

(全4枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP