3月29日(月) 東京・Zepp DiverCity

エビ中・柏木ひなた、初の東名阪生誕ソロツアーファイナルで新曲をサプライズ披露!

エビ中・柏木ひなた、初の東名阪生誕ソロツアーファイナルで新曲をサプライズ披露!

2021/03/30

柏木ひなた生誕ソロライブ 「over the moon」
柏木ひなた生誕ソロライブ 「over the moon」
柏木ひなた生誕ソロライブ 「over the moon」
私立恵比寿中学(略称:エビ中)の柏木ひなたが生誕ソロライブとしては初となる東名阪ツアー「over the moon」のファイナルとなる公演を自身の誕生日当日の3月29日(月)に東京・Zepp DiverCityで開催した。
 
グループメンバーのバースデーに合わせ、自身のプロデュースで個性溢れる内容が好評の生誕シリーズ。「関ジャム 完全燃SHOW」、令和のアイドルで厳選!スゴいボーカリスト10人への選出の他、「THEカラオケ★バトル」「千鳥の鬼レンチャン」など人気番組にも多数出演。次世代ボーカリストとしてその歌唱力に注目を集め続けている柏木の単独公演として、今回初のバンドセットかつ東名阪ツアーになり初日の名古屋からその内容に話題を集めていた。
 
本ツアーでは柏木本人がリスペクトし続けている小湊美和(太陽とシスコムーン)がコーラスゲストとして参加。
 
会場チケットのSOLD OUTを受けこの日の夜公演はストリーミング配信でも中継、来場できなかったファンも数多く見守る中スタート。エビ中楽曲だけでなく、カバー曲や小湊とのツインボーカルコーナーなど柏木のパーソナリティ溢れるセットリストが評判となっていたがツアーファイナル、そしてバースデー当日ということもありセットリストをアップデート。オープニングでは2019年リリースの椎名林檎トリビュートアルバム「アダムとイヴの林檎」にエビ中として参加した楽曲、柏木のセリフが印象的な「自由へ道連れ」でいきなりスタート。続いて自身が敬愛し続ける安室奈美恵「How to be a Girl」を披露。

フジファブリックから提供された「お願いジーザス」、iriから提供された柏木フィーチャー曲「I’ll be here」とエビ中のミドルナンバーで世界観に引き込むと、続いて聴こえてきたフレーズに、会場からは歓声が出せない環境ながらもため息が溢れるように空気が一変。2018年の野外アコースティックライブ「ちゅうおん」から約2年半ぶりとなる米津玄師「Lemon」がこのツアーで初めて演奏されたのだ。
 
VTRを挟んで改めてステージ中央に登場した柏木の隣には小湊が。このツアーでの大きな見どころの一つであった小湊とのツインボーカルコーナーだ。太陽とシスコムーン「月と太陽」、T&Cボンバー「HEY!真昼の蜃気楼」といった自身が聴き続けてきた楽曲を、小湊本人と披露できる夢のようなステージに時折目配せをしたり、はにかみながら楽しむ様子はファンにとっても見たことのない新しい一面だっただろう。
 
アンコールでは「Lemon」同様に2017年の「ちゅうおん」以来となるBUMP OF CHICKEN「ray」をレアなバンドセットで盛り込むなど、アイドルとしての楽曲力に加え、自身のルーツや世界観を凝縮したライブであったが最後に柏木からのサプライズプレゼントが。
 
この日のために用意されたオリジナル楽曲「Take your Original」はこれまで柏木が歌唱してきた楽曲とも異なる、自身のパーソナリティとメッセージが存分に歌詞に盛り込まれた、90’s R&Bフレイバー香るキャッチーなダンスチューン。作詞を担当したシンガーソングライターのロイ-RöE-は柏木のアイディアをベースに、困難にくじけない芯のある強い女性像をスタイリッシュに描いている。
 
歌詞には柏木のアイディアをベースにシンガーソングライターのロイ-RöE-が参加している。
 
10年間のアイドルとしてのキャリアを持ちながら、パフォーマー、そしてシンガーとしてさらなる可能性が入り混じったこのツアー。最終日はシンガー柏木ひなたの新たな進化と可能性を叩きつけて完走したメモリアルな公演となった。
 
見逃したリスナーは3月30日(火)21時までアーカイヴ視聴が可能。貴重な公演を見届けよう。
 
私立恵比寿中学は、全5か所、6公演を巡る全国ツアー『私立恵比寿中学Best at the moment series「6Voices」 』を開催中。現在進行中の新メンバーオーディション決定公演を5月5日(水・祝)に控えている。世界的に困難が続く中、新たなエンタメを提供し続けるエビ中にご注目を。
 
ロイ-RöE- コメント:
はじめましてRöEです。柏木ひなたちゃんの考え方や歌にしたいことが、人間としてもアーティストとしても自分と一致する所が沢山ありました。例えば、1人の女の子がどんな理不尽な言葉や行動に傷つけられようとも自分は自分の味方であってほしい、自分を愛してほしいという思いを込めて作詞しました。この曲が色んな女の子たちの拠り所になったら嬉しいです。
 
柏木ひなた生誕ソロライブ 「over the moon」 Setlist
2021年3月29日(月)  Zepp DiverCity

 
01.       自由へ道連れ
02.       How to be a Girl
03.       お願いジーザス
04.       I’ll be here
05.       Lemon
06.       夜に駆ける
07.       月と太陽
08.       永遠のトリニティー
09.       光年の愛
10.       HEY!真昼の蜃気楼
11.       イート・ザ・大目玉
12.       江南宵歌
13.       チャイム!
14.       愛のレンタル
EN
01.       春休みモラトリアム中学生
02.       ray
03.       涙は似合わない
04.       Take your Original  ※初披露曲
 
Performed by
Vocal : 柏木ひなた
Keyboard / Bandmaster : 橋本しん(Sin)
Drums : 裕木レオン
Bass : 小林修己
Guitar : 門馬由哉
Chorus / Guest Vocal : 小湊美和

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP